やすらぎの刻(道)第117話ネタバレ菊村真実を告白!しかし病状を疑う

やすらぎの刻 道 第117話 やすらぎの刻

テレビ朝日、帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年9月17日放送、第117話の内容をご紹介。

突如部屋にやってきた高井たちに問い詰められ、前立腺がんであること、2週間の旅行はその手術を受けるための嘘であったことを告白する菊村。

しかし、真実を語ったはずがそれが余計に疑念を招く結果に。

しかも菊村も自身の病状を疑い出し、真実が何か分からなくなってく。

■やすらぎの刻-道-第117話 あらすじ(公式ツイッター)

←第116話 菊村重病説

第118話 菊村手術を受ける→

スポンサードリンク

菊村、真実を告白

やすらぎの刻名言

菊村(石坂浩二)の部屋に、マヤ(加賀まりこ)、高井秀次(藤竜也)、九重めぐみ(松原智恵子)がやってきて、一方的に話し始めるが何のことか分からずうろたえる菊村。

高井が、「旅行に行くというのは嘘ですね?」と尋ねると、お茶を入れるといってとぼける菊村。

「どこか病院に入るんですね?」と再び高井が尋ねてもとぼける菊村に、「手術ですか?それとも手術は、もうなしですか?あと、どれくらいと宣告されているんですか?」と畳み掛ける高井。

それを言われ観念した菊村は、「アハハハ!いやいや、バレましたか。いや確かに、旅行へは行かないです。ご明察どおり病院に入ります」と打ち明けた。

九重が「がん?」と聞くと、「前立腺だよ。前立腺にちっちゃながんが見つかってね、それを取るために入院するの」と返す菊村。

九重に「名倉先生のお見立てではどのくらい?」と聞かれ、「う~んと、2週間だったかな?」と応える菊村。

それを聞いたマヤが、「に、に、に、2週間しか余命がないの?」と驚くと、「余命じゃないよ。手術のため入院する期間がだよ」と笑いながら訂正し、自分が重病でないことを説明した。

マヤがどうして入院のことを隠したのか責めると、「そういうふうに、すぐみんな騒ぐじゃないか!話にどんどん尾ひれがついてだね、噂が大きく広がって大騒ぎになるだろ!そういう煩わしいことになるのが嫌だからね、ちょっと旅行に行くってことにしたんだよ。まあとにかくそれだけの話。お騒がせしました」と話をまとめる菊村。

立ち尽くすマヤたち3人。

しばらくして高井が、「ハハハハ。いやだからそうじゃないかって、自分が言ったじゃないですか。風評なんてのはね、そういうもんですよ」と言うと、九重とマヤは言い始めたのは高井だと責めた。

しかし、高井はそれを認めず、2人に認知症じゃないかと言い返すのだった。

その様子を菊村はただ黙って眺めていた。

スポンサードリンク

菊村、自分の病気を疑う

やすらぎの刻名言

翌朝のサロン。

マロ(ミッキー・カーチス)、お嬢(浅丘ルリ子)、ロク(橋爪功)が、菊村の発言にマヤたちは騙されていると言って、菊村の重病説を疑っていた。

部屋で一服しながら桂木夫人(大空眞弓)、中川玉子(いしだあゆみ)、岸井さとみ(水野久美)の3人も、菊村の発言を疑っていた。

そして、玉子が前立腺を全部取っちゃうとどうなるか尋ねると、岸井が「男の機能がなくなっちゃうの。つまりこっちになっちゃうの」と、指先を頬に当ててオカマのジェスチャーを見せた。

玉子は、「あのミッツさんとかデラックスさんみたいに?」と言い、岸井は「結構売れ線のこっち(オカマ)になったりして!」と言って、他人の病気で盛り上がっていた。

サロンで、ロク、宗匠(蒟蒻亭乙葉/笹野高史)、白鳥洋介(上條恒彦)が菊村の噂話をしている。

宗匠が、菊村が女装をしたらキレイになると言って笑い、ロクも「売れると思いますよ」と言って笑った。

白鳥が前立腺がんは進行すると骨に転移し、全身に広がってしまうとうんちくを語っていると、その話を影で聴いていた菊村が現れ、「いやあ皆さん、私の話で相当お楽しみのようですねえ。まあ老人のお楽しみのお助けができまして、私としては嬉しい限りでございます。あっはっはっはっは」と皮肉を言って去っていった。

〈菊村のナレーション〉

しかし・・・と、突然私は思った。

どうしてここまでみんな知っているのか?

そしてどうしてみんな遠慮がちに、気を使いながら私にしゃべるのか?

もしかしたらこれは、みんなが勘違いしているんじゃなくて、私のほうが勘違いしてるんじゃないんだろうか?

名倉先生が私に言った事は、私にショックを与えないためで、実は私の前立線がんは実際はもっともっと進行しており、今さら手術してもどうしようない、そういうところまで進んでしまっているんじゃないんだろうか?

そう言えば・・・と今になって思い出す。

名倉理事長の不可解な言動があった。

よその病院へ移って手術しようと最初に言い出したのは名倉さんだ。

普通ならここにも手術室はあるのに・・・泌尿器科の先生をよそから呼んで、いつもならここで手術するのに・・・。

簡単な手術だからと私に言って、わざわざよその病院を紹介した。

しかも「チョットの間旅に出る」と余計な知恵までつけたのもあの人だ!

あの人は私に何か隠している・・・!

周りのみんなが真実を知ってて、真実を知らないのは実は私のほう。

私だけなのではあるまいか・・・!

 

部屋についた菊村がベランダに出ると、

「頑張って!生きて!!」冴子・マヤ

「大丈夫々々々!!先生は恐らく100才まで生きる!!」マロ・ロク

「心ばかり」桂木玲子・中川玉子

とそれぞれメッセージが書かれたお見舞いの花が送られていた。

それらを見て首をかしげる菊村。

そして、名倉理事長に電話をするも、不在で連絡が取れなかった。

そこで今度は、コンシェルジュの有坂エリ(板谷由夏)に電話し、適当な理由をつけて小料理屋「山家(やまが)」で会う約束を取り付ける。

スポンサードリンク

菊村、確信へと変わる

やすらぎの刻名言

山家の個室から、外の景色を眺める2人。

席に着き、有坂が菊村に山家にはよく来るのか尋ねると、今は亡き井深凉子から、人に聞かれたくない話をするときは山家を勧められたことを話した。

聞かれたくない話があるんですかと有坂に聞かれた菊村は、口ごもり乾杯してその場をごまかした。

酒に舌鼓を打ったあと、菊村は「変な質問なんだけどね」と言って、自分がなぜやすらぎの郷の病院ではなく、別の病院で手術を受けるのか尋ねた。

有坂は驚いた様子で、「先生の希望じゃないんですか?」と返した。

有坂がとぼけていると思っている菊村は、「別に大丈夫だからさ、本当の話教えてくれる?」と再度尋ねるも「本当の話ってなんですか?」と聞き返す有坂。

(菊村の心の声)

やっぱり変だ!と私は思った。

この人も私に何か隠してる。

絶対何か隠してる!

 

有坂が、「あさって病院に移られる日、私ついていきます」と言ってきた。

一人で行けると返す菊村に、理事長に行くように言われていると返す有坂。

すると菊村は、「急に俺、なんでこんなに大事にされてるの?」と尋ねると「アハハハ!やだ~いっつも大事にしてますよ」と満面の笑みで返す有坂だった。

 

部屋に戻った菊村がベランダに出ると、以前よりもたくさんの花が送られていた。

〈菊村のナレーション〉

私の疑いは確信に変わってきた。

この見舞いの花の量はただごとではない・・・。

私の症状はただ事ではないのだ!

 

花に囲まれた中で、菊村が不安な表情を見せたところで、第117話終了。

スポンサードリンク

感想

やすらぎの刻 ラジオ

自分が言い出したにも関わらず、人のせいにしてしまう高井の秀さんの無双ぶりは、さながら男桂木夫人といったところでしょうか。

真実を話したにもかかわらず信じてもらえず、次第に疑心暗鬼になり真実が何か分からなくなる今回の流れは、心理サスペンスドラマのようでちょっと怖いですね。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻 フミコ

やすらぎの刻、第117話の内容です。

菊村が重病と早とちりした高井と九重とマヤが部屋を訪れ、一方的に思いの丈を語るも、何の事が分からない菊村。

2週間の旅行と嘘をついて手術を受けることを突かれた菊村は、ついに真相を告白。

しかし、その告白も曲解されお見舞いの花が届くほどになってしまいます。

次第に菊村も、もしかすると自分だけが真実を知らされていないのではと疑心暗鬼になり、有坂を呼び出し真相を探りますが、余計に不安を招く結果となります。

しかもお見舞いの花が更に送りつけられ、益々不安になる菊村でした。

←第116話 菊村重病説

第118話 菊村手術を受ける→

コメント