やすらぎの刻(道)第107話ネタバレ公平トラックに轢かれ大けが!

やすらぎの刻 道 第107話 やすらぎの刻

テレビ朝日帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年9月3日放送、第107話の内容をご紹介。

東京から疎開してきた松岡家の引っ越しを手伝っていた公平が、トラックに轢かれ足に大けがを負います。

それから公平は、長期の入院生活を強いられます。

そこで同室の傷痍軍人に寝言を聞かれた公平は不安にかられ、事故の真相を独白するのでした。

■やすらぎの刻-道-第107話 あらすじ(公式ツイッター)

←第106話 息子の名前はゴウ

第108話 公一がハイテンション→

スポンサードリンク

公平、秘策を決行

やすらぎの刻名言

昭和19年1月

年末に疎開してきた松岡家の長女、百合子(小川未祐)が慌てて根来家にやってきて、「公平さんが・・・公平さんが・・・」と声を震わせた。

根来家の女性陣は百合子から事情を聞き、公平(風間俊介)のもとに向った。

幸子(木下愛華)は、公一(佐藤祐基)を呼びに畑へ走った。

 

皆が現場に着くと、松岡家の引っ越しの手伝いに来ていた公平が、トラックの後輪に足を挟まれもがき苦しんでいた。

現場には、同じく手伝いに来ていた荒木(須森隆文)と数人の人夫がいた。

公一は彼らに、丸太を持ってくるよう指示した。

叫び声を上げる公平に、しのたちは必至に声を掛け続けていた。

公一は、人夫が持ってきた丸太を車の下に入れ荒木にトラックを前に出すよう指示。

ゆっくりとトラックが動き出すと、公平の右足から骨の折れる音が響いた。

〈公平ナレーション〉

ボキッていう音が2~3度したから、多分足の骨が何本か折れたんだと思う。

多分当時としては珍しい交通事故の走りだったと思う。

もしかしたら、山梨県で発生した交通事故の第1号だったかもしれない。

(しのが公平の足を添え木で固定)

海軍病院にいただけあって、しのちゃんは流石に頼りになる。

と、そこら辺まで考えたところで、僕は痛さで気を失った。

 

病院に運ばれ手術を受ける公平。

わめき叫ぶ公平を公一としのが押さえ付ける。

再び痛みで気を失う公平。

 

右足を包帯で巻かれ、ベッドで寝る公平の姿が映し出される。

スポンサードリンク

公平、徴兵免除

やすらぎの刻名言

根来家を訪れた松岡夫人(横山めぐみ)が、公一たちに頭を下げ謝罪の言葉を口にした。

公一は、「奥さんの責任じゃありませんよ。奥さんが気にすることは全然ない」と言い、松岡夫人の隣にいる荒木に向って、「荒木!この責任は全部あんたじゃ!公平はあの通り右足が何ヶ所も潰れて、一生まともに歩けんそうじゃ!」と怒りをぶつけた。

「何と言っていいか・・・」と口ごもる荒木に、「徴兵検査の方はどうなった?」と聞く公一。

「徴兵どころじゃないそうだ。軍医が診てくれて、取り敢えず当分は使いものにならんと言うとった。徴兵は免除じゃ」と返す荒木に、「当たり前だ!全部お前のせいだぞ!威張りくさって慣れんトラックの運転なんぞするから、国のお役に立つ若者を使いもんにならんようにしてしもうたんじゃ!」と責めて立てた。

 

〈公平ナレーション〉

昭和19年の年明けから夏まで、診療所のベッドの上で足を吊られたまま何もせず過ごすことになった公平。

診療所には毎日のようにしのがゴウを連れて公平を見舞い、事故の責任を感じていた松岡夫人も3日に1度顔を出した。

公平がいなくなった根来家は人手が不足し、農作業に苦労していたため、それに責任を感じた荒木が国民学校の生徒たちの手を借りられるよう役場に掛け合った。

スポンサードリンク

公平、徴兵逃れを独白

やすらぎの刻名言

夏になると、これまでいた山淵の診療所から5里ほど離れた南巨魔(ごま)にある陸軍病院の分院に移送され、2度目の大手術を受けることになった。

骨折手術の名医と言われる元軍医による手術は、かなり乱暴でほぼ麻酔なしだった。

痛みでまたしても気を失うほどの手術を受けた公平は、3日後にベッドの上で目を覚ました。

隣のベッドで新聞を読んでいた男が公平に、「痛むか?トラックの下敷きになったんだって?」と話しかけてきた。

「はい」と答える公平に男は、「まあ足が残ってるだけまだましだよ。俺は両方切断されちまった」と言って膝から先の無い足を指差した。

公平がどこで怪我したのか尋ねると、男はマーシャル諸島と答え、そこで多くの戦友を失ったことを話した。

そして、呼んでいた新聞を手に「日本の新聞は嘘ばかり書きやがる。何が『赫々(かくかく)たる大戦果』だよ!ガダルカナル、ソロモン、マキン、タラワ、日本は軒並み全滅してるよ!これでマリアナがやられたらいよいよ日本大空襲が来るぜ」と怒りを口にした。

「いいんですが?そんなこと・・・」と周りを気にする公平に、「構わねえよ!本当のことを喋ってるんだ」と語る男。

そして男は、才賀(木村龍)と名乗り、公平の年齢や眠っている時に見舞いにやってきたしのやゴウのことを聞いてきた。

それから、公平が寝言で「やったぜ!ゴウ!」と叫んでいたことを話した。

それを聞いた公平は、「俺なんの夢見てたんですかね?」と愛想笑いをしながら、内心では「ドキンとしていた。というより、ゾッとしていた。危ない!まずい!と僕は震えた。それ以上何も言わなかったかどうか?もしかして何かもっと核心的なことを言ってしまって、それをこの才賀さんという傷痍軍人に聞かれてしまったのではないだろうか?」と思っていた。

〈ここから公平の独白形式になる(ほぼカメラ目線)〉

大事なことを告白してしまおう。

これは、絶対に人には言えないことだ。

だから誰にも言わないでほしい。

日本人として誠に恥ずかしく、しかも僕にとっては恐ろしく覚悟のいる、言うなれば恐ろしい決断だったのだ。

僕は戦争に行くのが怖かった。

人を殺すのも殺されるのも、僕は絶対に嫌だった。

かといって鉄兵兄さんのように山へ逃げたり、三平兄ちゃんのように自殺したりするそんな大それた覚悟は僕にはなかった。

そこで僕なりに必死に考えたのが、どうしたら徴兵を免れるか、それも合法的にできるかその方法を考えることだった。

去年の夏からその方法を僕なりに考え始めた。

しのちゃんと結婚しゴウが生まれて、曲がりなりにも一家の主になった時、その考えはどんどん膨らみ、僕なりの覚悟と決心もついた。

それは・・・大ケガを負うことだった。

命に別状のない限りにおいて体のどこかに大きなケガをし、兵隊としてはとても採用しきれないある種の不具者になることだった。

頭・・・頭はまずい!内蔵は困る!腕は不便だ!

となると足だ。

それも両足だと歩行に差し障る。

右か左か、片方の足のももから下・・・いやできれば膝から下に大きなケガを負い、兵役を果たせなくなること!

それしかないと僕は考えた!

〈事故当時の再現映像が流れる〉

バックしてくるトラックを誘導する公平。

タイミングを見計らい地面に寝そべり、右足だけをタイヤに轢かせた。

 

「本来全てにツイてないはずの僕が、そんときばかりはなぜかうまくいき、激痛の中で僕は非国民になった」と公平がベッドの上で語ったところで、第107話終了。

スポンサードリンク

感想

やすらぎの刻 ラジオ

ついに徴兵を逃れるための公平の秘策が実行されました。

やはり、身体に痛みを伴う方法でしたね。

一介の農民が軍部に取り合って徴兵を逃れるなんて方法は無理なので、残る手段は身体を犠牲にするしかないでしょうね。

それにしても、不謹慎ですが必要最小限の被害で済ませる、かなり高度なテクニックですね。

村にトラックもなかったでしょうから、予行練習もできない中で見事に任務遂行。

意外と公平はできる男なのかも。

完全な濡れ衣の荒木は少し可愛そうな気もしますが、日頃の行いもあるので仕方ない。

徴兵を逃れるためとは言え、麻酔なしの手術とか恐ろしいですね。

と言っても、戦地で負傷した兵士はもっと過酷な経験をしているでしょうから、まだいいほうだったのではないでしょうか。

また今回は途中で斬新な演出が入りました。

舞台のセットのような病室で繰り広げられる公平と傷痍軍人の二人芝居、からの公平のモノローグ。

なぜこのような演出が入ったのか、何かの作品のオマージュだったりするんですかね。

今回公平の徴兵が免除され、とうとう根来家は誰も徴兵されませんが世間の風当たりは大丈夫なんですかね。

もし公次が軍人として出兵していなかったらどうなっていることか。

そう考えると、公次の根来家への貢献度は半端ない!

公一に徴兵が来ていないことについて劇中では触れていませんが、今後公一に赤紙が来るなんてことは・・・なさそうですね。

予告によると、明日からは公一兄ちゃんのロマンス編が始まりそうで楽しみですね。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻まとめ

やすらぎの刻、第107話でした。

昭和19年1月。

東京から疎開してきた松岡家の引っ越しを手伝っていた公平は、その最中に荒木の運転するトラックに轢かれ、右足に大ケガを負います。

そのケガにより徴兵は免除となりますが、約1年間病院で寝たきりの生活となる公平。

同室の傷痍軍人の才賀から、「やったぜ!ゴウ!」と寝言で叫んでいたことを聞かされた公平は不安に駆られます。

そして公平は独白します。

徴兵を逃れるためには大ケガを負う必要があると考え、自らトラックのタイヤの下に足を突っ込んだと。

公平は自らを非国民と呼び、この事実を一生の秘密にするのでした。

 

←第106話 息子の名前はゴウ

第108話 公一がハイテンション→

コメント