やすらぎの刻(道)第104話ネタバレいつかの後家が産婆?公平父になる

やすらぎの刻 道 第104話 やすらぎの刻

テレビ朝日帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年8月29日放送、第104話の内容をご紹介。

婚姻届を提出するため役場に向ったしのと公平。

そこで役場の女性からできちゃった婚を疑われるも、粋な計らいを受ける。

その後産婆のところへ向った2人だったが、公平は途中でいつかの後家のことを思い出す。

産婆のところへ着くと間もなく陣痛が始まり苦しむしの。

産婆の手ほどきの元、はたして2人は無事出産を終えることができるのか?

■やすらぎの刻-道-第104話 あらすじ(公式ツイッター)

←第103話 公平の求婚

第105話 総集編→

スポンサードリンク

婚姻届で公文書偽造

やすらぎの刻名言

晴れて夫婦となったしの(清野菜名)と公平(風間俊介)は婚姻のため村の役場を訪ねた。

婚姻届を受け取った役場の窓口の女性(有馬稲子)は、届けでの日付が「昭和18年10月19日」なのに、しのの腹が大きいことを不思議に思い二人を問い質した。

しのが今妊娠10ヶ月と聞いた女性は驚き、仕込んだのはいつか聞いてきた。

1月と答えたしのに、「入籍する前にやっちゃったの?まあ戦時中だからいろいろ事情もおありだろうけど、普通で言えばふしだらだ」と嫌味を言い、更に続けた。

「2人とも若いから、我慢できねかったちゅうこともあるべけどさ・・・うーん、後で子どもが気にするよ。何かで戸籍見ることもあっぺえし、そん時あれ?と思うんでねえかい?私、両親が結婚する前に仕込まれてんだ!ってね・・・婚姻届、前にずらしてやるかい?去年の12月あたりの結婚にするんだ。そうすればなんとか辻褄が合う。ねっ?」と、日付の偽造を提案してきた。

思わぬ展開に驚きながらも、「お、お願いします」と言って、婚姻の日付を「昭和18年1月2日」にしてもらった。

女性は、「結婚してすぐ作った。これから産んで落ち着いて、またすぐ作る。産めよ殖やせよ。お国のためだ。日本のためだ。頑張ってねぇ~」と2人にエールを送った。

スポンサードリンク

公平、ニキビに結婚を報告

やすらぎの刻名言

役場に行ったその足で、2人は公一(佐藤祐基)に教えてもらった産婆のところに地図を片手に向った。

〈公平ナレーション〉

ニキビ、俺は突然だが結婚しちまった。

経過はゆっくり会ったとき話すが、相手を聞いて驚くな。

しのちゃんだ。

あのしのちゃんと、一緒になることになっちまったんだ。

どうだ?たまげたか?

しのちゃんは、お前ら三平兄ちゃんと付き合っとると内心思っとったべ?

違うんだ。実はしのちゃんは三平兄ちゃんと付き合っとるふりをしながら、心の中では俺のことをずっとひそかに思い続けとったらしい。

最近告白されてやっと分かった。

ハハハ・・・嘘だ!

なんとなくそういうことなっちまったんだ。

まあこれも運命っつうもんだべな。うん。

実はもう腹に子どもがいる。まもなく出てくる。

まもなくって言ったって、本当にまもなくだ。すぐだ。

今日、明日だ。実はもう予定日を過ぎちまってるんだ。

今、産婆のところに行くところだ。

産婆つったってまだ会ったこともねえんだ。

公一兄ちゃんが調べてきてくれて・・・

 

しのが苦しそうに歩いている。

公平はしのを気遣いながらふと、今歩いてる道を前にも歩いたことがあるのを思い出した。

それは、青っ洟が筆おろしをした後家(児島美ゆき)のところへの道だった。

公平はこれから行く産婆が、あの時青っ洟が天使と崇めた後家なのではないかと思った。

スポンサードリンク

出産

やすらぎの刻名言

地図を頼りにたどり着いた場所は、やはりあの時の後家の家だった。

玄関で声を掛けると、中からあの後家が出てきて2人を家の中に入れた。

苦しむしのを奥の部屋に通し、公平は手前の部屋で待つように言われた。

戸が閉められた奥の部屋から、しののうめき声とお産の段取りを話す産婆の声が聞こえ、それを不安そうに公平は聞いていた。

産婆「今度陣痛が来たら生まれる時だからね。それまで少しここで休んでるのよ。そん時が来たらこの、このほら白いのあるでしょ?ここにつかまって・・・ちょっとつかまってみて。ハイ、ヒー!フー!ヒー!フー!もっと大きくね、大きく深く息吹いて!思いっきり吹いて!ヒー!フー!そうそう、長い便秘のあと、うんこ出すのと同じ要領だからね」

一通りお産の説明が終わると、産婆は部屋から出てきて茶を入れて公平に差し出した。

そしてしのの陣痛が来るのを公平とともに待った。

産婆に「いくつ?」と聞かれ、「妻ですか?」と返した公平。

思わず「妻」と返した自分の言葉に驚く公平。

「二十歳です」と返すと、今度は「旦那さんは?」と聞かれ、旦那さんと呼ばれことに嬉しくなった。

公平が、「あの・・・(お産は)痛いんですか?」と聞くと、「そりゃあ痛いですよ!命を産むんですから。」と返す産婆。

「どのくらい?」と聞くと、「いろんな言い方する人いるけど、鼻の穴からスイカが出てくる感じとか、あの・・・像の群れに腰を踏まれてる感じとか、あといきみすぎてね、顔の毛細血管がプチプチプチって音を立てて切れていく感じとか、あとは、あっ!こんなお嬢さんがいた。『哺乳類やめます!卵で産ませてください!』って」と答えが返ってきて、顔を引きつらせる公平だった。

すると奥の部屋からしのの「始まりましたー!」という声が聞こえてきた。

産婆は公平に、「旦那さんも来る!いいことしたんだから、一緒に苦しむ!」と言って立ち会いを求めた。

公平は、「いいことはしてなかったけど、一緒に苦しもうと思った」と心の中でつぶやき、奥の部屋に向った。

天井の梁から下げられた布を握りしめ、いきむしの。

「しの頑張れ!しの!しの!」と声を掛けながら一緒にいきむ公平。

〈公平ナレーション〉

それは荘厳な情景だった。なんだか分からないが、ボロボロ涙が出た。

しのは頑張った。僕も頑張った。

何がなんだかわからないけど、一つの命の誕生に初めて立ち会いボロボロ涙が出た。

 

出産が終わると、産婆は後産で出てきた胎盤を薄くスライスし、生姜醤油に付け公平らとともに食した。

産婆は、胎盤を食べているから自分たちの肌はいつもスベスベで若いのだと得意げに語った。

残りの胎盤は庭に埋め、そこに生まれた子どものための木の苗を植えるように言われた公平。

家に戻った公平が、庭に穴を掘りそこに胎盤と桜の木の苗を植えたところで、第104話終了。

スポンサードリンク

感想

やすらぎの刻 ラジオ

今回も昼のドラマとしては、なかなか攻めた内容でしたね。

まずは冒頭で登場した役場のおばちゃん。

演じていたのは有馬稲子さんで、前作やすらぎの郷で及川しのぶ役で出演されていましたね。

まさか道パートで出演するとは思っていませんでした。

「入籍する前にやっちゃた」とか言ってましたけど、あの時代そんな表現あったのだろうか?

公平たちにふしだらとか言いながら、あんたも結構下品だよってツッコミが入れたくなりましたね。

そして青っ洟の天使、後家さんの再登場!

あの話が、数年の時を経て再び繋がるなんて全く予想していなかった。

生命誕生の手ほどきをして、その生命誕生の手助けまでするなんて本当に天使ですね。

以前登場したときは、陰のある感じでしたが、今回は出産を便秘の脱糞で表現するなどとても明るく陽気なおばさんで、前回とだいぶ印象が違いましたね。

それにしてもお昼番組で「うんこ」とかすごいですね。

そして一番の衝撃は、胎盤を醤油で食らうという話。

動物にはよく見られる習性らしいですが、まあ人間も動物ですしそういうことなんでしようかね。

まあとにかく、無事に生まれたようなので、公平さんしのさんおめでとうございます。

スポンサードリンク

視聴者の声

やはり皆さん、胎盤のくだりに衝撃を受けたようです。

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻まとめ

やすらぎの刻-道-第104話のまとめ

しのと夫婦になった公平は、役場に婚姻届けを提出します。

その際、窓口の女性から結婚前にことに及んでいたことをふしだらと指摘されます。

しかしその女性の計らいで、妊娠前に結婚したことになるよう届け出の日付が調整されます。

役場へ行ったその足で、2人は公一が見つけた産婆のところへ向かいます。

産婆のところに到着した公平は、そこはかつて青っ洟が筆おろしをした後家の家であることに気づき、その時の後家が産婆であることを知ります。

産婆の手ほどきにより無事に出産を終えた公平は、産婆に教わった通り、出産の時に出た胎盤と桜の苗を庭先に一緒に植えるのでした。

←第103話 公平の求婚

第105話 総集編→

コメント