やすらぎの刻(道)第103話ネタバレ公平しのにプロポーズ!だが断る!

やすらぎの刻 道 第103話 やすらぎの刻

テレビ朝日帯ドラマ劇場「やすらぎの刻-道-」

2019年8月28日放送、第103話の内容をご紹介。

幸子が、生まれてくるしののお腹の子どものために、公平としのの結婚を提案。

公一もその案にのっかり、公平にしのと結婚するように迫る。

次第にしのとの結婚を意識し始める公平は、意を決してしのにプロポーズ。

しのは、公平の求婚を受け入れるのか?断るのか?

果たして答えは・・・。

■やすらぎの刻-道-第103話 あらすじ(公式ツイッター)

←第102話 しの三平の子を妊娠

第104話 生まれる→

スポンサードリンク

公一、公平にしのとの結婚を力説

やすらぎの刻名言

公平(風間俊介)と公一(佐藤祐基)が2階の部屋で話していた。

公一は、幸子(木下愛華)から公平がしの(清野菜名)と結婚するという案を聞いたと言い、その案を否定的に捉えていた公平に語りだした。

「幸子の考えはとっぴじゃあるが、しかし悪くない考えだと思う。公次が戦死し、三平がああいう形でいなくなっちまって、このままでいったらうちの血はそのうち途絶えかねん」そう公一が言うと、「だったら俺じゃなく、兄ちゃんがしのちゃんと結婚すればいいじゃないか!」と公平が返した。

しかし公一は紀子が死んだばかりでそんな気になれない、そしてしのと年が離れすぎていると言い、「お前、しのの事が嫌いか?」と公平に尋ねた。

公平「き、嫌いじゃないよ。だけど・・・!」

公一「いくつだ?お前」

公平「19だよ」

公一「しのは確か、まだ二十歳だ。一つ年上の女房は金のわらじを履いても探せっていうことわざがある」

公平「兄ちゃんぐらい年が離れてても、そういう夫婦はいくらでもいるぜ」

しのとの結婚の提案をなかなか受け入れない公平に公一は、半年前に小野ケ沢にいなかったしのと自分はまぐわう事はできなかったが、公平は正月に横須賀でしのと会ったので、そのとき男女の仲になり子どもができたという理屈を並べた。

そう言われた公平は、「変な理屈はつけんでくれ!それは兄ちゃんの言い掛かりっていうもんだ!俺はしのちゃんに何もしとらん!あの日だって・・・!」と言い返した。

すると公一は、荒木に「しのの腹が最近、膨れてきておらんか?」と言われ、「あいつは食いすぎじゃ」とごまかしたことを話し、村にしのの妊娠がバレてしまう前に手を打たなければならないと言った。

そして、「公平、観念しろ。これも根来家のため、(立ち上がり)お国のためだ!」と言って部屋を出ていった。

一人部屋に残された公平は、「全くめちゃくちゃな理屈だと思った。だけど・・・」と嘆きながらも、しのの白無垢姿やエア接吻を想像し、しのが自分の妻になるかもしれないことに何とも言えない感情が湧き上がり、中二病みたいになった。

スポンサードリンク

玉砕

やすらぎの刻名言

翌朝、公平としのが農機具を抱え道を歩いている。

途中、公平が急にしの体を気遣い休憩を促した。

切り株に腰掛けると、公平はソワソワしながら「大変だと思うんだ。一人で子どもを産むのってさ」としの話しかけた。

「子どもは誰だって一人で産むじゃない」と返すしの。

育てることも大変だと言う公平に、「なんとかなるさ」と言うしの。

「だけどさ・・・子どもにとってこれからずっと父親がいないっていうのは、大変だと思うんだ」と言って立ち上がる公平。

「だからその・・・これはまあ、一つの一般論だけど・・・。父親がいたほうが、子どもにとって良くない?だからさ・・・よかったら、あの・・・その・・・なんちゅうか・・・結婚する気ない?」としのに告った。

するとしのは、「誰と?」と返す。

すると公平は、「お・・・俺と」と言ってしのを見つめた。

しばらくの沈黙のあと、吹き出すしの。

そして「フフフフ・・・」と笑い出した。

その様子に引きつった笑顔で笑い返す公平。

お互い笑いあった後、しのが道具を抱え公平の肩を叩き「さあ、行こう!」と言って歩きだした。

公平は心のなかで、「僕は非常に傷ついた。だから嫌だって言ったんだ。そんなに簡単にいくわけないだろ」とつぶやきながらしのの後を追った。

 

公一、公平、しのが朝飯を食べている。

台所では、信子(井上希美)と幸子が公平のプロポーズが失敗に終わったことを噂していた。

公平が大声でご飯のお代わりをしのに要求すると、「もうない」と返すしの。

すると公平は茶碗と箸と置いて2階へあがっていった。

スポンサードリンク

3ヶ月後の Say Yes

やすらぎの刻名言

それから3ヶ月が過ぎたある日。

根来家全員が庭先で焼き芋を食べながら休憩していた。

公一が、「イタリアが幸福したらしいな。三国同盟はどうなっちまうんだ?」とつぶやいた。

芋を食い終わった公平がどこかへ行くと、しのも公平とは真逆のほうへ去っていった。

その様子を見た信子と幸子が、「進展なしねぇ、あの2人」と嘆いた。

 

夜、公平がラジオを聴いている。

ラジオ「政府は、今6月、学徒戦時動員体制確立要綱を閣議にて決定しました。学徒を将来の軍務に備え、国防能力増強を図るとともに・・・」

そこにしのがやってきて、公平に声を掛けた。

そして、「ねえ、今度の日曜日、韮崎に行かない?公一兄ちゃんが行ってもいいって。阪東妻三郎の『無法松の一生』って映画があすこの映画館でかかってるんだって。行こうよ。ねっ?」とデエトに誘ってきた。

 

公平としのが映画館で「無法松の一生」を観ている。

途中、しののすすり泣く声が聞こえ、見るとハンカチで涙を拭っていた。

終盤、公平も目に涙を溜めて観ていた。

 

喫茶店でコーヒーを飲む2人。

公平はコーヒーを口に含むと苦味で顔を歪めた。

しばらく沈黙が続いた後、しのが口を開いた。

「こないだはごめんなさい、吹き出したりして。傷ついた?」と聞くしの。

何も言わない公平にしのが続けた。

「私ね、本当言うと・・・嬉しかったの。とっても嬉しくって動転しちゃったの。だから・・・笑ってごまかすしかなかったの。一つ聞いていい?あれは同情?私に対するただの同情?それとも、少しは本当に私のことが好きで結婚しようって言ってくれたの?」

黙っていた公平が、「す、好きじゃなかったら・・・あんなこと言えるか?俺だって随分考えたんだ。しのちゃんは三平兄ちゃんと仲良かったし、いつもみんなの憧れの的だったから、高嶺の花だってずっと思ってたんだ。

それに・・・俺も今年もう19になったし、今年から徴兵の年齢が19歳に引き下げられるって噂だし。そしたら、せっかく一緒になったって、またすぐに生き別れになっちゃうわけだし・・・。そしたら結局三平兄ちゃんと同じことだし。だから・・・どうしたら一緒になって、いつまでもずっと一緒にいられるかその方法をずっと考えてて・・・。やっとその方法を見つけたんだ。だから思い切ってあの時言ったんだ」と口を開いた。

それを聞いたしのは、「逃げるの?」と聞いてきた。

公平は、「逃げない」と返した。

しのは公平のとなりに行き、辺りを伺い「どうするの?」と聞いた。

「今は言わない。だけど・・・しのちゃんと生まれてくる子どものずっとそばにいて、命を懸けて一生守る。その方法は今は言わない」と言う公平。

「私でいいの?」と言うしの。

「ああ。俺でよかったら・・・」と返す公平。

「公平ちゃん・・・どうしてそんなに優しいの?」と言って、公平を見つめるしの。

公平もしのを見つめ、「昭和18年9月19日。その日を僕は絶対に忘れない。昭和18年9月19日」と心の中で誓った。

二人が見つめ合いながら、第103話終了。

スポンサードリンク

感想

やすらぎの刻 ラジオ

公一の強引な説得がとても面白かったですね。

公平を説得するため紀子の死をも利用するあたりは、公一の本気を感じました。

最後はお国のためと言って、国家を持ち出し公平のターンを待たずに去っていくシーンには、家父長制の理不尽さを見せつけられました。

でもそのお陰で公平は決心できた訳なので、やっぱり勢いって大事だなと思わされましたね。

そして画面には登場しませんでしたが、久しぶりに荒木の名前が出て、しののお腹を指摘するという相変わらず嫌な登場をしていました。

荒木は嫌なやつですがとてもいいキャラクターなので、荒木の結末も描いてほしいですね。

荒木のスピンオフとか観てみたい。

公平のプロポーズは、公平らしいちょっと弱々しい感じでしたが、逆に19歳で兄貴の子とはいえ身重の女性をめとるのってかなりの覚悟だったと思うので、公平は漢ですね。

プロポーズは、はぐらかされてしまいましたが、公平の成長が感じられるエピソードでした。

そしてまさかのしのからのデートの誘い。

これは、プロポーズの返事のために誘ったと考えるべきですが、なぜわざわざ韮崎まで誘ったのか。

もしかしたら、本当に「無法松の一生」を観たかったのか。

途中公平がコーヒーを飲んで、「苦い」って表情したのは、三平と同じ(三平は「まずっ」て言ってる)でなんか微笑ましかったですね。

そして、公平の「しのちゃんと生まれてくる子どものずっとそばにいて、命を懸けて一生守る」という秘策は何なのか気なりますね。

スポンサードリンク

視聴者の声

スポンサードリンク

まとめ

やすらぎの刻、第103話の内容は、しののお腹の子ども父親いない問題を解決するため、公平がしのと結婚することを提案する公一。

渋る公平を、強引に説き伏せて去っていく公一。

次第に気持がのってきて、しのとの結婚生活に胸踊らせた公平はしのへ結婚を申し込む。

しかしあっさりとしのにかわされ、ふてくされる公平。

それから3ヶ月の時が流れ、だいぶ腹が大きくなったしのが公平を映画に誘った。

映画の帰りに入った喫茶店でしのは、公平からの求婚されたとき嬉しくて気が動転したと言い

当時の行動を謝罪した。

そして改めて公平の想いを知り、結婚を決意するのだった。

←第102話 しの三平の子を妊娠

第140話 生まれる→

コメント