雲仙楼はメニューの数が凄い!お店の場所や口コミ、値段も調査!

雲仙楼 場所 口コミ メニュー 店舗

東京、飯田橋駅の近くにメニューがやたらと多い料理屋があると話題です。

そのお店の名前は「雲仙楼(うんぜんろう)」

雲仙楼さんは長崎県雲仙出身のご主人のお店で、看板には長崎の名物「ちゃんぽん・皿うどん」の文字があり、長崎料理のお店かと思いきや、扱う料理は和洋中なんでもありの料理屋のようです。

一体どんなお店なのか気になったので、雲仙楼さんの

  • メニュー
  • 場所
  • 値段
  • 口コミ

について調べてみました。

スポンサードリンク

雲仙楼はメニューの数が凄い!

雲仙楼 場所 口コミ メニュー

雲仙楼さんの何が凄いか、それはメニューの数。

その数、なんと300種類以上!

そんな訳なので、店内の壁一面にはメニュー札がびっしりと貼られています。

知らずに店に来た人は、その光景にきっと圧倒されるでしょうね。

そして何を頼んでいいのか迷ってしまいそうです。

どうしてそんなにメニューが多いのか、それは雲仙楼のご主人がお客さんからのリクエストに応えていたら300種類以上になってしまったからだそうです。

そして雲仙楼さんはメニューの数も多いですが、料理の量も多いようです。

麺類などは200円プラスで大盛にできるのですが、普通の注文がすでに大盛みたいな量です!

そして、やっぱりメニューが300以上もあると、中には「えっ!」て思うようなメニューもあるようです。

納豆パスタやマヨネーズラーメンなんてのもあるようです。

他には「チキンラーメン」と書かれたメニュー札も!これってあのチキンラーメンでしょうか?

「バーロー定食」、「細切り定食」など想像力を必要とするメニューもあるようです。

全品制覇しようなんて思ったら何年もかかるかもしれませんね。

スポンサードリンク

雲仙楼の場所

雲仙楼 場所 口コミ メニュー

  • 住所:〒112-0004 東京都文京区後楽2丁目3−17
  • 最寄り駅:飯田橋駅
  • 電話番号:03-3813-2921
  • 営業時間:11:00~20:30(休憩14:30~16:30)※土曜日は夜のみ営業
  • 定休日:日曜日・祝日

雲仙楼さんの場所は、JR飯田橋駅から北へ400mほどいったところにあり、マンションの1階部分が店舗になっています。

大きく「長崎雲仙楼」と看板が掲げてあるのですぐにわかると思いますが、それよりも異常なほどメニューが入り口に貼られているようなので、看板を見なくても雲仙楼さんと分かりそうです。

所狭しと貼られたメニューだけでも一見の価値がありそうです。

スポンサードリンク

雲仙楼の料理の値段

雲仙楼 場所 口コミ メニュー

雲仙楼さんの料理は大体いくらくらいなのか調べてみました。

恐らく一番人気と思われる「長崎ちゃんぽん」「長崎皿うどん」は、それぞれ950円となっていました。

定食類は大体が800円から1000円の間のようです。

麺類は大体700円~850円。

丼ものは850円~900円くらい。

他にもいろいろありますが、なんたってメニューが多いのであとは実際にお店に行っもらうしかありません。

恐らくメニューの平均は900円前後になるのではないかと思います。

決して安いと言うわけではないですが、量があるのでコスパはいいんじゃないでしょうか。

とにかく量といろんなジャンルの料理が食べたい人には最高のお店です!

そして、雲仙楼さんにはなんと「飲み食べ放題」というコースがありました。

飲み放題はよくあるのでわかりますが、バイキングじゃなくて普通の料理屋で食べ放題は珍しいですね。

3時間、3000円ほどで食べ飲み放題できるようです。

色んなメニューを食べたいけど量が多すぎて食べられないという人は、友人などを誘って複数人でいけばいろんなメニューを楽しめそうです。

※飲み食べ放題の料金は変動があるかもしれませんので、直接お店にご確認ください。

スポンサードリンク

雲仙楼の口コミ

雲仙楼 場所 口コミ メニュー

雲仙楼さんを利用したお客さんの声を集めてみました。

長崎ちゃんぽんと皿うどんが一番人気のようですが、やはりメニューの多さに驚かれる人も多いですね。

選択肢が多いのはいいですが、多すぎるのもちょっと困りますね。

スポンサードリンク

まとめ

メニューの数がハンパないお店「雲仙楼」さんの

  • メニュー
  • 場所
  • 値段
  • 口コミ

についてご紹介しました。

お客さんのリクエストに応えていたら、メニューが300を超えていたというとてもユニークで人気のお店、雲仙楼さん。

でもその人気の秘密は決してメニューが多いだけではなく、ボリューム満点な料理とその味がおいしいからですね。

近くまで来た際には、ぜひ雲仙楼さんを訪れてみてはいかがでしょうか。

コメント