鶴岡市自衛隊の砲弾運送中のトラック海岸へ転落!事故現場はどこ?

山形トラック事故 事故
画像引用元:FNN PRIME

山形県鶴岡市で、自衛隊の砲弾およそ10トンを積んだ日通の大型トラックが海岸に転落する事故が起きました。

事故が起きた場所がどこなのか見ていきます。

事故の状況

山形トラック事故

画像引用:TBS

5月25日午前、山形県鶴岡市で、自衛隊の砲弾およそ10トンを積んだ大型トラックが海岸に転落し、付近は一時、立ち入りが規制されました。
警察や消防によりますと、25日午前9時20分ごろ、鶴岡市の国道7号で、大型トラックが右折しようと停車していた車に追突したあと、ガードレールを突き破り、5メートル下の海岸に転落しました。トラックには、自衛隊の砲弾がおよそ10トン積まれていて、散乱することはありませんでしたが、現場周辺は一時、立ち入りが規制されました。
「ちょっと怖かったです。早く撤去して」(近くの住民)
トラックは北海道の白老駐屯地に向かっていたもので、運転手と同乗者は軽傷とみられています。その後、爆発の危険性がないことがわかり、警察は午後1時20分に規制を解除、自衛隊に砲弾の撤去を要請しています。

引用元:TBS

よりによって砲弾を運んでいるときにこんなに派手な事故を起こすとは、ちょっと怖いですね。

そう簡単には爆発しないようにはなっていると思いますが、爆発しなくてよかったです。

近所の人は怖かったでしょうね。

それにしても、日通は普通の荷物以外に新幹線や国宝を運んだりするのは知っていましたが、砲弾も運搬するんですね。

事故現場

山形トラック事故

映像元:TBS

事故現場は、山形県鶴岡市小波渡の国道7号と報道されていました。

ニュース映像を元に、事故現場の詳細が判明しました。

鶴岡市小波渡は鶴岡市の西の日本海に面した地区です。

片側1車線の道路で、決して広いとは言えませんが直線で見晴らしもいいので、事故を引き起こすような問題のある道路には見えません。

ドライバーのよそ見が事故の原因ではないでしょうか。

まとめ

鶴岡市で起こった、砲弾を積んだトラックの事故現場について調べてみました。

積み荷が何であろうと、届け先まで無事に運ぶのが運送会社の務めですが、危険物を運搬する際は荷物と一緒に安全も運搬してほしいですね。

それではこの辺で失礼します。

コメント