上坂すみれ巨大重機の模型を堪能!3回目のタモリ倶楽部出演の様子をお届け

タモリ倶楽部 巨大重機模型 TV

12日深夜放送の「タモリ倶楽部」に人気声優の上坂すみれさんが出演。

この日の放送は「工事中でも立ち入り解禁!?イッツ・ア・巨大重機スモールワールド」と題して、秋葉原にある重機模型店を訪れ、精巧に再現した巨大重機の模型をタモリさんらと愛でる内容です。

重機模型とは実にタモリ倶楽部らしいマニアックなジャンルですが、その放送回になぜ上坂すみれさんが出演なのかとても気になります。

そんな上坂すみれさん、実はタモリ倶楽部に過去2回も出演されていて、2017年から年1回のペースで登場しています。

タモリ倶楽部への出演は芸能人にとってのステータスとも言われます。

そんな番組に3回も出演するなんて、若いのにすごいですね。

そしてこの日の放送では霜降り明星の2人も出演されています。

霜降り明星にとってはこれがタモリ倶楽部初登場。

そんな2組が出演したタモリ倶楽部の放送内容をお伝えいたします。

※放送がこれからの地域にお住まいの方は、ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサードリンク

上坂すみれ、戦車好きだか重機も好き

タモリ倶楽部 巨大重機模型

流浪の番組タモリ倶楽部

「毎度おなじみ流浪の番組タモリ倶楽部でございます」といつものようにタモリさんのひとりオープニングトークで番組が始まりました。

タモリさんが、「オリンピックを前にしまして建設ラッシュが続いておりますが、重機のレンタルが~」と話していると、両脇から上坂すみれさんと霜降り明星の2人が登場。

上坂すみれさんは開口一番、「重機って素晴らしいですよねえ。かっこいいです本当に」と発言。

女の子にしては珍しいとタモリさんが言うと、上坂すみれさんは戦車好きであることを告白。

タモリ倶楽部 上坂すみれ

戦車好きを告白

戦車は街なかで観ることはできないが、重機は街なかで見られるからロマンがあると話す上坂さん。

霜降り明星の二人は、やっとタモリさんに会えた喜び語るも、タモリさんから二人の見た目が「棒と点」みたいだとイジられていました。

タモリ倶楽部初登場 霜降り明星

スポンサードリンク

重機模型専門店「ケンクラフト」

今回番組が訪れたのは秋葉原にある重機模型専門店「ケンクラフト」というお店です。

重機模型の専門店というのは珍しく、ここには世界中からお客さんが来るそうです。

この店のオーナーで、巨大重機マニアの高石さん、通称ケンさんが色々な重機模型を紹介してくれます。

ケンクラフトオーナー高石さん

重機マニアの高石さん

スポンサードリンク

巨大重機の模型紹介

ショベルカー

最初に紹介したのは、「CAT6090FRONT SHOVEL 1/48スケール」というショベルカーの模型です。

模型が登場すると精巧な作りに皆さん、「おおーー」と声を上げていました。

この模型は1000台限定で、1台216,000円で販売されたそうです。

模型の重さを実感するため、タモリさんが持ち上げてみると予想以上の重さがあったようで、隣りにいた上坂さんに「持てないと思うよ」と言って手渡すと、上坂さんは結構軽々と持ち上げ赤ちゃんをあやすように左右に揺さぶっていました。

重機をあやす上坂さん

霜降り明星のせいやさんも持ち上げてみると、M-1の優勝トロフィーよりも重いと言って驚いていました。

ちなみこのショベルカーの模型は、重さが6.7キロもあるそうです。

ブルドーザ

次に紹介されたのが、「CATD10T2 TRACK TYPE TRACTOR 1/50スケール」というブルドーザです。

ちなみにブルドーザなどの重機のキャタピラーと呼ばれる脚の部分の正式名称は、トラックやクローラと呼ぶそうです。

それを聞いたタモリさんが、「日本語で言うと無限軌道だね」と相変わらずの博識ぶりを披露され、上坂さんと霜降り明星の二人が感動していました。

「無限軌道」を知っていたタモリさん

このブルドーザの模型を手にとった上坂さんは、手のひらを滑らせ「手がならせますね」と不思議な感想を述べてました。

掌で重機を転がす上坂さん

せいやさんがこのブルドーザーはどこから乗るのか高石さんに尋ねましたが、タモリさんはその質問が気に食わなかったようで、「全然視点が違うから面白くない」と厳しい言葉を掛けていました。

どうやらせいやさんは、タモリさんにハマらないようです。

重機模型が作られている理由についてケンさんいわく、重機メーカーが自社製品のプロモーションのために作製したのが始まりだそうです。

元々販売していなかったのですが、模型のコレクターがいたりメーカー側も自社のファン獲得のために販売するようになったそうです。

コンクリートポンプ車

次に紹介されたのは、「プツマイスターM38コンクリートポンプ車❝ヤマコンカラー❞1/50スケール」という生コンを高所に送り出す重機の模型です。

このポンプ車の実機は、生コンを送り出すブームと呼ばれる管が38メートルも伸びるそうです。

映画「シン・ゴジラ」の終盤で活躍する重機として有名で、ゴジラとのコラボ商品も発売されるようです。

映画「シン・ゴジラ」とのコラボ商品

この模型の感想を求められた上坂さんは、その形状と色から「おめでたいイメージ。伊勢海老みたい」と独特な表現をされていました。

ポンプ車を伊勢海老と表現

クレーン車

次は2つのクレーン車が紹介され、ひとつは「リープヘルLR1750クローラクレーン❝大矢運送カラー❞1/50スケール」というもので、模型でもバカでかい代物です。

実機はアームの部分が100メートルもあり、輸送にはトレーラー60台分も必要とのことです。

組み立てるのに1週間もかかるそうですが、この模型ですら2日かかるそうです。

もう一台は、「リープヘルLTM112000-9.1モバイルクレーン❝松浦重機❝1/50スケール」でこちらもアームが100メートルありますが、前のものとの大きな違いは自走可能なことです。

それには上坂さんも驚きで、この車両が実際に公道を走行しているところが見られたら「いい日ですね」とほのぼのした感想を述べていました。

そして、模型を手に取り再び揺さぶりながら重さを実感していました。

再び重機をあやす上坂さん

ショベルカーのラジコン

続いて紹介されたのが、「CAT336Dショベル1/16スケール」というショベルカーの模型で、こちらはラジコン仕様になっていてコントローラーで動かすことが可能です。

上坂さんが実際に操作してみるとそのリアルな挙動に驚いていました。

タモリ倶楽部 巨大重機模型

ラジコン操作に挑戦

ただ操作になれていないので思ったところにすくった砂を移すことができず、せいやさんが文字通り手を差し伸べて事なきを得ました。

タモリ倶楽部 巨大重機模型

タモリさんも操縦されましたが、結構難しそうでした。

水陸両用ブルドーザのラジコン

タモリ倶楽部 巨大重機模型

最後の紹介となったのは、「コマツD155W水陸両用ブルドーザ1/12スケール」という水中でも作業可能なブルドーザのラジコンです。

こちらは特注の非売品で超レアなラジコンです。

実機は深水7メートルまで潜ることが可能だそうで、ラジコンもしっかりと防水仕様になっているとのことです。

タモリ倶楽部 巨大重機模型

そこで実際に店先に用意したプールで走らせてみることになり、タモリさんとせいやさんが操作していました。

タモリ倶楽部 巨大重機模型

タモリ倶楽部 巨大重機模型

タモリ倶楽部 巨大重機模型

迫力のある走りに、上坂さんはカッコいいと感嘆の声をあげていました。

スポンサードリンク

まとめ

12日放送のタモリ倶楽部に出演した上坂すみれさんの様子をお送りしました。

上坂すみれファンは彼女が戦車好きなのは知っているので、重機が好きなのも理解できますが、それを知らない人からするとフェミニン全開の女性が重機にキャッキャキャッキャ言ってる姿は不思議だったかもしれませんね。

上坂さんはタモリ倶楽部には2017年から年1回のペースで出演されているので、次にタモリ倶楽部に呼ばれるのは来年になってしまうかもしれませんが、もし出演となったら一体どんなテーマの時に出演されるのか楽しみですね。

ファンにも予想できないマニアックな放送回に出演するかもしれませんね。

それではこの辺で失礼します。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメント