板橋駿谷は須賀川出身で高校はどこ?実家が建設会社だったは本当?

板橋駿谷 芸能

2019年4月から放送のNHK朝の連続ドラマ「なつぞら」。

そのドラマに、齢34にして高校生番長役で出演された板橋駿谷さんが話題となっています。

なつぞら出演後は月9や、バラエティー番組にも出演するなど大活躍中です。

そんな板橋駿谷さんは、福島県の須賀川市というところの出身で、実家は建設会社だったと言われています。

そこで今回は板橋駿谷さんの出身や実家のことについて調べてみました。

スポンサードリンク

板橋駿谷プロフィール

  • 生年月日:1984年7月1日
  • 出身地:福島県須賀川市
  • 身長:178cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優・ラッパー
  • 特技:ラップ・筋トレ
  • 所属事務所:jungle
  • 所属劇団:劇団ロロ

出身高校はどこ?

板橋俊谷さんの出身地については、ご自身の過去のツイッターの中で触れていて、福島県須賀川市の長沼町ということが分かっています。

ただ、出身高校については分かっていません。

ネット上ではいくつか候補が上げられています。

  • 長沼高等学校
  • 清陵情報高等学校
  • 須賀川高等学校
  • 須賀川桐陽高等学校

出身地である須賀川市内の高校であれば、上記のいづれかの高校の可能性があります。

また、須賀川市のすぐ北にある郡山市に日本大学の付属校である「日本大学東北高校」があり、こちらも出身校の候補に上げられています。

理由としては、板橋駿谷さんの出身大学が「日本大学芸術学部」ということは広く知られており、付属校である日本大学東北高校であれば、そのまま日本大学の芸術学部へ入学というのが考えられるからです。

日本大学芸術学部といえば「日芸」と呼ばれ、芸術や芸能を目指す者にとっては憧れの大学です。

板橋駿谷さんは早くから役者の道を目指していたとインタビューで答えているので、日芸に行くことを見据えて、日本大学東北高校へ進学している可能性もあります。

スポンサードリンク

実家が建設会社は本当か?

板橋駿谷さんの実家は、建設会社だったことが分かっています。

今はもう更新されていない「㈲板橋建設」というタイトルの板橋さんのブログがあり、そこに「倒産した実家の名前でソロアクトを役者とは別にやるついでにブログも始めました」とサブタイトルがありました。

実家が建設会社だったことは間違いないようです。

またそのブログには、4年前に会社が倒産したと書いてありました。

俺の実家は四年前に倒産しました。
親父はそれ以来、建設会社の社長から何故か小説家志望になりました。

引用:板橋駿谷ブログ「(有)板橋建設」2009-10-16

2009年10月の記事なので、2005年に倒産したと思われます。

板橋さんが21歳の頃なので、まだ日芸の学生のときですね。

しかも社長だった板橋さんのお父さんは、会社が倒産したあと小説家志望になっています。

板橋さんが役者を目指したのは、このお父さんのクリエティブなところの影響でしょうか。

それとも夢を追いかけている息子に、お父さんが触発され小説家を目指したのでしょうか。

今から10年以上も前の事ですが、お父さんは現在小説家になれているのか、それともまだ目指しているのか気になりますね。

スポンサードリンク

まとめ

板橋駿谷さんの出身校と実家のことについて見てきました。

出身校について確かなことは分かりませんでしたが、以下が有力視されています。

  • 長沼高等学校
  • 清陵情報高等学校
  • 須賀川高等学校
  • 須賀川桐陽高等学校
  • 日本大学東北高校

実家が建設会社については、事実でありすでに倒産していることも判明しました。

以上、「板橋駿谷は須賀川出身だが出身高はどこ?実家が建設業だったは本当?」についてお伝えしました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント