スポンサーリンク

鮭の切り身は1日くらい賞味期限切れでも大丈夫?冷蔵庫での日持ちは?

鮭 賞味期限切れ 1日

日本の食卓の定番食材と言っても過言ではない「鮭」。

私は鮭をストックしておきたくて、よくまとめ買いしたりするもんですから気が付いたらすでに賞味期限が切れていた…なんてことはしょっちゅうあるんです。

ただ、私が実際食べてみてわかったのですが、鮭は賞味期限切れであっても一日くらいは焼いて食べれば全く問題なかったです!

また、鮭は冷蔵庫だと2~3日くらいは日持ちするようになっているようです。

今回は鮭の冷蔵、冷凍での保存方法についてご紹介していきます!

また、うっかり賞味期限切れになってしまいがちな鮭の加工品の日持ちについても、どのくらいまでなら大丈夫なのかも合わせてご紹介していきます!

スポンサーリンク




賞味期限切れの切り身はどのくらいまで大丈夫?

私が実際食べてみて感じだと、賞味期限切れから大体1日くらいであれば特に問題なく食べることができるみたいですよ!

もちろん、しっかりと加熱調理した状態で食べることをおススメしますが。

ちなみに2日目、3日目くらいの状態も見てみたことがあるのですが、ちょっと怪しいニオイがしていたので食べるのは諦めました。

怪しいニオイとは、生臭みがキツくなっていて生ごみに近い腐敗したようなニオイです。

あくまで自己判断にはなりますが、このような状態になった鮭の切り身はもったいないですが、加熱調理するとしても食べるのは諦めたほうが良いと私は思います!

スポンサーリンク




鮭の切り身冷蔵庫での賞味期限

一般的にどこのスーパーで切り分けされた鮭も、大体賞味期限は加工日から2~3日で表示されているところが多いようです。

あくまで加工日から2~3日目安ですので、販売ギリギリまで店頭に並んでいる鮭の切り身は、賞味期限翌日くらいまでというのもありますので、よく考えて購入するようにした方が良いですよね。

冷蔵庫での保存方法

よく複数切れでまとめてパック詰めされている鮭の切り身が売られていますが、1回で食べ切れずにそのままパックに入れた状態で保存するのは危険です。

開けた瞬間に、菌がさらに繁殖しやすい環境になってしまいますので、保存には十分気を付けるようにしましょう。

食べきれない分は一切れずつラップで包んで、密封できる保存袋に入れて保存すると空気に触れにくく、臭いも漏れたりしないのでオススメです。

ラップで包む際はできるだけ空気が入り込まない様、密着状態で包むようにしましょう。

スポンサーリンク




鮭の切り身冷凍での賞味期限

鮭の切り身を長期保存で考えている場合は冷凍保存がオススメです。

鮭の切り身は冷凍保存だと賞味期限はだいたい2週間ほどは日持ちさせることができるようです。

ただし、冷凍保存する際もパックごと保存するのはあまりオススメしません。

通常の賞味期限を過ぎて保存をすることになりますので、しっかりと対策をしておくことが重要です。

冷凍での保存方法

基本的には冷蔵保存する時と同じです。

鮭の切り身を一切れずつラップで空気が入らないように丁寧に包み、密封できる保存袋に入れた状態で冷凍保存をするようにしましょう。

その際に、保存袋には袋に入れた日付を必ず書いておくようにしましょう。

私は日付を書くのをすっかり忘れてしまい、さらに鮭の切り身を冷凍庫に入れたことすらもすっかりわすれてしまい、霜だらけの変わり果てた姿の鮭を発掘したことがありました。

いくら冷凍保存しているとはいえ、あまりにも長く保存していると、このように霜が付いていて冷凍焼けしてしまい品質が落ちるので気を付けましょうね!


賞味期限切れの鮭の加工食品いつまで大丈夫?

鮭と言えば、すでに焼いた状態で売られている焼き鮭や塩鮭、瓶詰められた鮭など、バリエーションも豊富。

特に瓶詰は長期保存も可能なため、うっかり賞味期限を切らしてしまい、食べようかどうか判断に迷うことがありますよね。

賞味期限切れの鮭の加工食品はどのくらいまでなら大丈夫なのか、おおよその目安となるものを調査してまとめてみました!

焼き鮭 冷蔵保存で賞味期限切れから約2~3日
塩鮭 冷蔵保存で賞味期限切れから約1日
鮭フレーク 未開封だと数か月たってもOK。開封後は10日以内
鮭真空パック 冷凍状態だと未開封かつ空気漏れしていなければ2年はOK
鮭ルイベ 解凍後5~6日くらい
瓶詰鮭 未開封だと1年くらい。開封後は10日以内

まとめ

今回は鮭の切り身や加工品の賞味期限についてご紹介していきました

  • 鮭の切り身は賞味期限切れから1日以内で食べきる方がよい
  • 鮭の切り身は冷蔵で3日ほど、冷凍で2週間ほど日持ちする
  • 鮭の切り身は一切れずつラップして保存袋入れた状態で保存する

冷凍保存や加工品を上手く取り入れると、鮭はいつでも手軽に食べることができる食品ですので、ぜひ上記の情報を参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
ライフアップトピックス

コメント