スポンサーリンク

日本酒の賞味期限が知りたい!未開封で常温に5年放置した日本酒は飲める?

日本酒 賞味期限 未開封 常温 日本酒

先日、台所を整理していたら未開封の日本酒を発見しました。

その日本酒の製造日を確認してみたところ、なんと約5年前に製造されたものだったのです。

製造からすでに5年が経ち、しかも常温に置いていた日本酒は飲むことができるのか調べてみたところ、

製造から5年過ぎた日本酒は、製造メーカーが定める保管状態にあり未開封であれば飲むことができるようです。

ただし、飲み頃が過ぎてしまっているので風味が落ちてしまっていたり、変色している場合があるそうです。

この記事では日本酒の賞味期限についてご紹介していますので、古い日本酒を処分すべきか迷っている方はぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

常温で5年以上放置した日本酒は飲んでも大丈夫?

日本酒 賞味期限 未開封 常温

日本酒の「飲み頃」について各メーカーから公表されておりそれらによると、未開封であれば約1年ほどは美味しく飲むことができるとされています。

では、5年も経ってしまった日本酒は飲むことができないのでしょうか?

ある酒造メーカーによると、飲み頃の期限を過ぎた状態でも未開封であれば衛生面的には問題ないと説明しています。

つまり、未開封であれば製造から5年どころか10年以上経っていても飲酒可能ということになります。

とは言え、実際に1年以上過ぎた日本酒を口にする場合は、見た目や臭いに異常がないか確認するようにしましょう。

その際の判断は自己責任でお願いします。

ちなみに我が家の台所から出てきた5年前の日本酒を飲んでみましたが、特に気なるところはなく美味しく頂きました。

多少色味が黄色っぽいような気がしないでもなかったですが、なにせ未開封だったため元の色味や味も分からず、健康面に何か症状がでることもありませんでした。

スポンサーリンク

開封後の日本酒の賞味期限

日本酒 賞味期限 未開封 常温

開封後はメーカーによると、冷暗所で清潔に保たれている状態であれば数か月経っていても飲むことはできるとのことです。

ただし、なるべく早めに飲み切ることを推奨しています。

日本酒はアルコールにより、ほとんどの菌は繁殖できないのですが「火落菌」と言う乳酸菌はアルコールが含まれている状態でも繁殖するようです。

この菌により日本酒の色味が白濁し、香りの変化が起きることがあります。

この状態で日本酒を摂取しても人体に影響は出ないそうですが、メーカーとしてはやはり味が落ちるとして推奨はしていないということですね。

日本酒と言えども、一度開封した場合は雑菌の繁殖が可能性は高くなりますので、飲むときには見た目や臭いに異常はないか必ず確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

日本酒の保存方法

日本酒 賞味期限 未開封 常温

では日本酒はどんな状態で保存するのがベストなのでしょう。

これは日本酒の種類で多少ベストとする保存方法が異なるようです。

本醸造酒や純米酒は、年間通して涼しく、温度変化が起きない冷暗所であれば冷蔵保存する必要はありません。

吟醸酒や生酒は特に鮮度が重要となりますので冷蔵保存が適しているようです。

特に生酒は常時5℃前後での保存でないと味が変化しやすいとされています。

ちなみに日本酒はわずかに当たる日光や蛍光灯の光によって多少の影響が出るとのことなので、我が家では日本酒を保存する際は、適度な箱や新聞紙で包んで保存するようになりました。

スポンサーリンク

日本酒には賞味期限が記載されてない!?

日本酒 賞味期限 未開封 常温

日本酒をお持ちの方はすでにお気づきかと思いますが、日本酒には賞味期限の記載はされていません。

なぜなら日本酒はそもそもアルコールが含まれていて腐るという概念自体がないため、製造年月の記載は義務付けられていても、賞味期限を記載する義務は生じません。

ただし長い年月によって光や温度の影響を受けることで、日本酒の色が黄色っぽく変色していたり、香りが変化することはあります。

これはメーカーによると、日本酒に含まれる糖類やアミノ酸の成分が熟成し変色するものとされていて、衛生面的には影響はでないものだそうです。

メーカーによっては長期熟成酒を販売していたりしますので、色合いや風味の変化が日本酒のそれぞれの特徴として楽しまれていたりもします。

まとめ

今回は日本酒の賞味期限について適正な飲み頃や保存方法をご紹介しました。

  • 未開封であれば約1年ほどが最も美味しく飲むことができる
  • 飲み頃を過ぎても人体に影響は出ないが風味は変化する可能性がある
  • 本醸造酒や純米酒は冷暗所であれば常温保存が可能
  • 吟醸酒や生酒は冷蔵保存が適正

ほぼ化石のような状態の日本酒を発掘した我が家でしたが、古い日本酒を飲んでもお腹壊したりすることはありませんでした。

味も特にマズイと感じるわけではなかったのですが、やっぱり気持ち的にスッキリしないので結局残りは料理酒として使うことにしました。

やっぱり、メーカーさんがオススメする通りの期限内に飲む方が気持ち的にも美味しく飲めるなあと感じたので、今後は気を付けようと思う良いきっかけになりました!

スポンサーリンク
日本酒
スポンサーリンク
ライフアップトピックス

コメント