スポンサーリンク

ご飯は冷蔵庫と常温どちらの保存方法がいいの?

ご飯 冷蔵庫 常温保存 ご飯

私たちの食生活に欠かすことができない「ごはん」。

ほとんどの人が毎日食べていますよね。

毎食炊く人もいれば、1度に数回分炊いて、次食べるまで保存するという方もいると思います。

でも、どうやって保存するのがいいか迷うことありませんか。

長く保存するなら、冷凍庫だけど・・・

またすぐ食べるんだから冷凍するほどでもないし・・・

という場合、このまま常温で置いておくか、冷蔵庫に入れたほうがいいか悩みますよね。

そこで、冷蔵庫に入れた場合と、常温の場合、それぞれの保存期間や注意点を紹介していきます。

スポンサードリンク

ご飯の冷蔵庫での保存期限は?

ご飯 冷蔵庫 常温保存 

ご飯を冷蔵庫で保存する場合、季節や保存状態にもよりますが、保存期限は、だいたい2~3日程度です。

夏場なら冷蔵庫の開け閉めで庫内の温度が上がりやすく、気温や湿度が高くて傷みやすいので、2日ほどで食べきるのがおすすめです。

2~3日持つと言いましたが、冷蔵庫での保存は、丸1日を過ぎたあたりから、味も風味もかなり落ちてきます。

乾燥しやすいのもあり、パサパサ具合もひどくなります。

実はご飯にとって冷蔵庫は最も劣化しやすい環境なので、できるだけ早めには食べたいところですね。

日にちが経ち、パサパサ固くなったご飯は、チャーハンや雑炊にするとおいしく食べられます。

チャーハンの場合、炊き立てご飯を使うより、冷蔵庫にいれて、水分が少し抜けたご飯の方がべちゃっとせずに、おいしくできますよ。

筆者はいつも、チャーハンは冷ご飯でしか作りません。(炊き立てご飯で、何度か失敗したので・・・)

ちなみに、炊き込みご飯のように、具材の入ったご飯は、傷みがはやく日持ちしません。

冷凍保存するか、冷蔵庫でも24時間ほどで食べきるのがいいですね。

スポンサードリンク

ご飯の常温保存の期限は?

ご飯 冷蔵庫 常温保存

では、常温で保存する場合ですが、一口に常温といっても、夏と冬、エアコンの効いた部屋とそうでない部屋など、状況はいろいろですよね。

菌が増えやすい温度は、10~45度ですが、特に30~40度が一番繁殖が進む温度です。

それを考えると、夏場、特にものが腐りやすいのも納得ですね。

常温で保存できる目安としては、

  • 夏の時期は、6時間ほど(エアコンの入れた部屋)
  • 春や秋は、12時間ほど(部屋の温度は20度を超えない時期)
  • 冬の時期は、1日ほど(暖房のついてない部屋)

と言われています。

ただしこれはあくまで目安であり、保存の仕方や状況によりますので、食べる前には必ず見た目やにおいをチェックして、自己責任でお願いします。

ご飯は、菌が増えるのに必要な水分や栄養分(でんぷん)をたくさん含んでいるので、とても腐りやすい食品です。

涼しい時期でも、常温保存は短めにして、暑い時期は、冷めたら早めに冷蔵庫、もしくは冷凍庫に入れることをおすすめします。

スポンサードリンク

まとめ

ご飯の冷蔵保存と常温保存について紹介してきました。

ご飯を保存するなら、基本的には冷凍が一番おすすめで、冷蔵はご飯の劣化を早めるのでおすすめできません。

常温に置く場合は、季節にもよりますが1日以上置くこともおすすめできません。

冷蔵、常温の保存期間の目安は以下の通りです。

  • 冷蔵なら2~3日程度
  • 常温なら季節によって6時間~1日程度

消費するまでの時間によって、冷蔵、常温どちらか最適な方を選ぶ必要があります。

そして保存する場合、菌の繁殖にはくれぐれも注意して、なるべく早めに食べるようにしましょう。

コメント