スポンサーリンク

親子丼の卵が鍋やフライパンの底にくっつく!焦げないように作る方法は?

親子丼 卵 くっつく 親子丼

私は親子丼はフライパンで作る派なのですが、よくやってた失敗のなかで

「卵がフライパンにくっつく…」

「鍋底にくっついた卵が焦げ付いた」

こんなことが結構ありました。

親子丼って、材料少なめで手軽にできるのは嬉しいのですが、最後の仕上げがまー難しい!

そこで今回は親子丼の卵がフライパンにくっつく原因とオススメの作り方についてご紹介します!

私はこの方法に変えてから親子丼のクオリティーがぐっと上がり、お店に近い仕上がりになって大満足しています!

せっかく途中までは完璧な仕上がりだったのに、卵を入れた途端にくっついて台無しになってしまい、挫折したアナタ。

ぜひこちらを参考にしてチャレンジしていただきたいです!

スポンサードリンク

親子丼の卵がくっつく原因

親子丼 卵 くっつく

まず、なぜ卵が鍋底に引っ付いてしまうのか。

それは二つの原因があったのです!

水分がすくなすぎる

親子丼の具材に火を通す過程で煮込みすぎてしまい、気付いた時には水分がほぼない状態に…。

そこに卵を流し込むと卵が鍋肌に直接ふれてしまい、ひっついてしまう…ということだったんです。

なので、親子丼を作るときには汁の量を少し多めにして具材に火を通すようにしましょう!

最後に卵を流し込むときには、適量の汁が残っている状態がベストです。

火が強すぎる

火が強すぎるのも卵が鍋肌にくっつき、焦げ付いてしまう原因なのです。

終始強火で調理するのではなく、タイミングを見て火力を調整すると具材にしっかりと火を通しつつ、卵にも適度に火入れすることができ、鍋肌に卵がこびりついて焦げ付くことを防ぐことができます。

炎を操るものは親子丼を制す!(?)

スポンサードリンク

親子丼を焦げないように作る方法

親子丼 卵 くっつく

では実際にどのような工程を経て、卵が焦げ付かない親子丼が完成するのか。

いろいろ試した中でオススメの方法を手順を追ってご紹介していきます!

材料と具材に火を通すときは中火で

汁と具材を鍋に入れて、沸騰するまで強火でOKです。

沸騰し始めたら中火に切り替えて、具材にしっかりと火を通します。

この時に具材の8割には火が入るようにしっかりと煮込んでしまいましょう。

煮汁はひたひたになるくらいの多めで。煮込みが終わるころには具材の7割くらいの高さまで煮汁が減っている状態がよいです!

卵は2回に分けて入れる

卵を入れる際、煮汁がぐつぐつと煮立っている状態を確認してから卵を半分円を描くように流し入れます。

一気に卵をながしこんでしまうと、卵に火を入れるのに時間をかかり過ぎてしまい、鍋底にこびりついてしまいます。

1回目の卵を流し入れたら蓋をして、軽く鍋をゆすりながら卵が鍋底にくっつかないようにして火を入れていきます。

菜箸でかき混ぜてしまうと、汁に卵が溶け込んでしまいかえって火を入れるのが困難なので混ぜないようにしまよう!

この時の卵はしっかり目に火を入れていきます。

2回目の卵を流したら火を止める

1回目にの卵にしっかりと火を入れたら、残り半分の卵をさらに円を描くように流し入れます。

ここからがポイント。

最後の卵を入れたら火を止めて蓋をし、余熱で卵に適度に火を入れていきます。

お好みの半熟具合になったら蓋をあけ、菜箸で鍋の側面についている卵をはがしとって、ご飯を入れた丼に流し込んで完成!

よだれじゅるじゅる…。

スポンサードリンク

まとめ

今回は親子丼の卵が鍋にくっつく原因と焦げ付かないように作る方法についてご紹介しました!

  • 水分が少ないとくっつくので、水分量を多めにして一定量をキープする
  • 火が強すぎると卵がくっつきやすく、剥がれにくく焦げ付くので火力調整する

これらを参考に、ぜひ親子丼作りにチャレンジしてみてください!

この方法で、かなり仕上がり具合の変化を楽しむことができるはずですよ!

やっすい材料費で自分で作る親子丼が、今では一番好きになりましたよ。

コメント