コンフィデンスマンJPでモナコを演じる織田梨沙はどんな女優?

risa oda 芸能

5月1日公開の映画「コンフィデンスマンJPプリセス編」には、テレビドラマ版には出演していなかった主人公ダー子の弟子、モナコが登場しています。

このモナコを演じるのは、織田梨沙さんというモデル出身の女優さんです。

そこで今回は、コンフィデンスマンJPでモナコ役を演じる織田梨沙さんのプロフィールやこれまでの出演作などを見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

織田梨沙プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

織田梨沙(@oda_lisa)がシェアした投稿

  • 生年月日:1995年11月12日
  • 出身地:千葉県
  • 身長:162cm
  • 血液型:O型
  • 特技: バレエ・フラダンス・乗馬(4級ライセンス取得)・英語
  • 所属事務所:フライングボックス

とても目に力のある、エキゾチックな美女ですね。

欧米人にとても人気ありそうな感じがします。

3歳から中学2年までバレエをされていたということで、スタイルは抜群ですね。

モデル出身

risa oda

引用元:フライングボックスHP

2012年17歳から雑誌や広告のモデルとして活動を始めています。

risa oda

雑誌やファッションショーのモデルとして活動を始めていますが、2013年からはCMやミュージックビデオなどの映像作品に出演するなど、結構早くから女優活動を始めています。

雑誌のインタビューで女優業について次のように語っていました。

モデルの仕事でお世話になったスタッフの方や、事務所の社長とかに「女優の仕事、向いてるんじゃない?」みたいなことを以前から言われていて。もちろん、その頃から自分自身も映画とか観るのが大好きだったし、その世界への興味もないわけではなかったんですけど、だからと言って自分に向いているとか、女優さんになれるとは思ってなかったんですよね。

引用元:Rolling Stone

本人はまだ演技に自身がなかったのかも知れませんが、周囲が織田梨沙さんの女優としての才能を見逃さなかったようです。

織田梨沙はハーフ?

織田梨沙さんは、見ためオリエンタルな雰囲気があり、英語が堪能ということでハーフなのではと言った意見が聞かれますがハーフではないようです。

ただ、お母さんがロシアのクオーターで、ロシアの血が8分の1混ざっているとインタビューで答えているので、その情報からハーフではないかと思われているのかもしれません。

スポンサードリンク

コンフィデンスマンJPモナコの役どころ

フジテレビの大人気ドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版に織田梨沙さんは、テレビ版では出演していなかった長澤まさみさん演じる主人公ダー子の弟子のモナコ役で出演しています。

劇場版からの新キャラクターモナコは、100人の中からオーディションで織田梨沙さんが選ばれたそうです。

劇中では、もともとダー子を騙す側で登場するモナコでしたが、あっさりとダー子の弟子となり、色んな役になりきって詐欺に奔走する役どころです。

劇場版だけの出演かと思われたモナコでしたが、前作の劇場版公開翌日のスペシャルドラマ「コンフィデンスマンJP運勢編」にも出演していて、完全にコンフィデンスマンの一員となったモナコ。

モナコ役は織田梨沙さんの代表作になりそうですね。

スポンサードリンク

織田梨沙出演作

ここからは、織田梨沙さんの主な出演作を見ていきます。

映画

■「秘密 THE TOP SECRET」(2016年公開)

織田梨沙さんの長編映画初出演作品になるこの映画では、病的な殺人犯「絹子」を演じています。

まだ演技経験の浅い織田梨沙さんでしたが、並みいる大物女優がオーディションを受けいてるなかで、この役を射止めています。

どうやら監督の大友啓史氏が、織田梨沙さんの存在感に魅了されてしまったようです。

大物俳優が多数出演する大作への出演で、織田梨沙さんの知名度が上がったことでしょう。

ちなみに、映画初出演の今作で織田梨沙さんはヌードを披露しています。

この若さで必要性があれば脱ぐこともいとわない、女優魂を発揮されています。

かっこいいですね。

■「STAR SAND -星砂物語-」(2017年公開)

第2次対戦末期の沖縄を舞台に、アメリカと日本の脱走兵と沖縄の少女との交流を描いたこの作品で織田梨沙さんは、主役の沖縄の少女、梅野洋海役を演じています。

この映画の監督はアメリカ人のロジャー・パルバースさんというかたですが、織田梨沙さんじゃないと映画が成り立たないと思い、彼女をキャスティングしたそうです。

大友啓史監督同様、監督に出演を熱望されてしまうなんてすごいですね。

映画2作目にして主演ということで、演技経験があまりないということと、日本の戦時中のことをあまり知らないということに不安があったと織田梨沙さんはインタビューで語っていますが、そんなことを感じさせない素晴らしい演技を披露しています。

■「生きてるだけで、愛。」(2018年公開)

この映画で織田梨沙さんはカフェの店員役、莉奈を演じています。

これまでの作品に比べると出番が少ないですが、殺人鬼や戦時中の少女の役とは違い、カフェの店員という普通の役を演じています。

こんな綺麗な店員さんいたらいいな、みたいな感じで見れる作品です。

〈その他〉

■ほったまるびより(2014年公開)水女(みずおんな)役

■太陽の塔(2018年公開)縄文の少女 役

■コンフィデンスマンJPロマンス編(2019年公開)モナコ 役 

コンフィデンスマンJP作品を観るなら<FODプレミアム>がおススメ



テレビドラマ

■精霊の守り人 シーズンⅡ/Ⅲ(2017年-2018年)セナ 役

risa oda

NHKドラマ『精霊の守り人』に、海賊のセナ役で出演しています。
海賊の役なんて難しそうですが、織田梨沙さんのエキゾチックな容姿に衣装がものすごく合っていて見事に海賊になりきっていますね。

〈その他〉

■99.9 -刑事専門弁護士(2016年/2018年) 美里 役

■『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』第10話(2018年)夏美 役

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年) ナオミ 役

テレビドラマの出演はまだ少ないですが、今後は増えてきて、織田梨沙さん主演のドラマが制作されることもあるかもしれませんね。

ドラマ観るなら<U-NEXT>



CM

高橋書店「手帳は高橋『HAPPY BIRTHDAY Dear この世界』」篇(2013年公開)

CMの最後数秒だけしか織田梨沙さんは映りませんが、ものすごく印象に残りますね。

この時まだ17、8歳だと思いますが、子供っぽいけど艶っぽい表情を見せていて、なんかドキッとしてしまいました。

大和ハウス工業『故郷2016』篇(2016年公開 )

ただただ、織田梨沙さんの笑顔が可愛いだけのCMです。

サムスン電子 Galaxy 『昨日までを、超えてゆけ #4 日食』篇(2017年公開)

卑弥呼のミステリアスな感じがピッタリはまってますね。

このCMが放映されていたときは、織田梨沙さんなんてことは知りませんでしたが、いま見返してみて、当時卑弥呼役の子が可愛いなあと思ったことを思い出しました。

ミュージックビデオ

Base Ball Bear – 不思議な夜(2015年)

制服姿で踊ったり走ったりしている織田梨沙さんがとてもキュートです。

TK from 凛として時雨 『Wonder Palette』(2016年)

黒いドレスを身にまとった織田梨沙さんが、終始ふわふわしているミュージックビデオです。

大橋トリオ / SHE(2017年)

織田梨沙さんの彼氏目線の映像になっていて、とにかく彼女がかわいくてたまらないです。

こんな彼女と付き合ってみたい。

そう思わせる作品です。

The fin. – Shedding(2018年)

このThe fin.というバンドを筆者は知らず始めて曲を聞いたのですが、とにかくシャレオツです。

そして、この曲が織田梨沙さんのミステリアスな感じによく合っています。

このビデオは、曲のプロモーションのためというより、織田梨沙さんのプロモーショのためじゃないかと思ってしまうほど、彼女の魅力を存分に味わえる作品です。

スポンサードリンク

まとめ

コンフィデンスマンJPモナコ役の織田梨沙さんについて調べてみました。

モデル出身で、女優としての出演作はまだ少ないほうかもしれませんが、今後ますます増えてくると思われます。

これからどんな役を演じていくのか気になります。

個人的には、ミステリアスな風貌と得意の英語でハリウッド映画への出演があるのではないかと思っています。

今後の織田梨沙さんの活躍が楽しみですね。

それではこの辺で失礼します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

織田梨沙さんの過去の出演作を見るならU-NEXTがオススメ



コメント