清野菜名徹子の部屋でドラマやすらぎの刻の撮影秘話を語る

nana seino TV

4月9日放送の徹子の部屋に、女優の清野菜名さんが出演されました。

清野さんは、徹子の部屋の後に放送される「やすらぎの刻‐道‐」に出演されています。

徹子の部屋ではそのドラマの撮影秘話が語られました。

スポンサードリンク

「やすらぎの刻‐道‐」共演者との話

 

nana seino

まずは清野さんが2年前に出演した、黒柳さんの半生を描いたドラマ「トットちゃん」の話になりました。

ちなみに清野さんは2年前も徹子の部屋に出演されています。

前回出演時の姿が映し出され、瀬野さんは玉ねぎ頭のかつらをかぶり、徹子さんの私物の衣装で出演されていました。

nana seino

話は「やすらぎの刻」に変わり、撮影現場の雰囲気を聞かれて、ドラマの中での家族が本当の家族のように仲が良いとおっしゃっていました。

そしてこのドラマの前作「やすらぎの郷」に続き今作にも出演予定だった八千草薫さんが病気のため降板した話になり、顔合わせの日に八千草さんから「一緒に頑張りましょうね」と声をかけてもらったのが嬉しくて、その言葉を胸に頑張りたいと話していました。

nana seino

このドラマの脚本を書いた倉本聰さんからは、「八千草さんが持っているやさしい空気感はお芝居じゃ出せない内面から出ているものだから、清野さんもそうなれるといいね」と言ってもらえたそうです。

そして、40年前に八千草さんが徹子の部屋に出たときの映像が流れました。

nana seino

映像の中で八千草さんは「怒ると眠くなる」という話をしていて、清野さんは怒るとどうですかと聞かれて「怒ったら止められないです、自分を」と笑っていました。

スポンサードリンク

祖母の話

清野さんには84歳のおばあさんがいて、小さいときからおばあさんが作った野菜を食べて育ったそうです。

今でもおばあさんは野菜を送ってくれるそうで、清野さんは残さず全部食べているそうです。

スポンサードリンク

ハクキンカイロを使用

nana seino

冬の山梨での撮影が寒かったので、共演者から勧められた「ハクキンカイロ」を使用していたと言って現物をスタジオに持ってきていました。

ハクキンカイロはオイル式のカイロのことで燃料にベンジンを使います。

インターネットで購入したそうで、毎日使用していたのでとても愛着があるとのことです。

共演者からは珍しがられていたそうです。

スポンサードリンク

ぬか漬けにハマる

nana seino

最近ぬか漬けを始めたとのことで、ぬか漬けのスターターキットのようなものを購入し、自分で作ったぬか漬けを毎日食べているそうです。

ぬか漬けを始めたきっかけが、撮影中のやすらきの刻で昭和の貧しい時代に触れて、物を大切に長く使うことを学んだからだそうです。

スポンサードリンク

なぎなたに苦戦

nana seino

アクションが得意という話になり、アクションのトレーニングシーンややすらぎの刻で披露しているなぎなたの練習シーンが流れました。

自分の身長よりも長い薙刀の扱いに苦労したそうです。

ちなみに黒柳さんも昔薙刀をやったことがあるそうで、ほかの人の薙刀の刃が黒柳さんの頭にあたり流血した話をされていました。

スポンサードリンク

祖母から聞く戦時中の話

正月実家に帰省した際、ドラマの中で歌っていた軍歌を口ずさんだときに、おばあさんも一緒に歌ったそうです。

しかも清野さんが歌う軍歌を、おばあさんがすべて知っていたこに驚いたそうです。

役作りのためにおばあさんから戦時中の話を聞いたそうで、このドラマへの出演がなければおばあさんとそういう話をすることはなく、いい機会を貰えたと話していました。

そして自分たちの世代は戦争を知らず、また知っている世代も少なくなっているので、このドラマを通して戦時中のことを多くの人に知ってもらいたいという思いで撮影に臨んでいると話していました。

スポンサードリンク

倉本聰さんに会いに富良野へ

nana seino

倉本さんに会いに冬の富良野へ行った話になり、遊びに行ったはずが演技の勉強会になったそうです。

出掛ける前日にファックスで台本が届き、セリフを覚えてくるよう言われその日は緊張して眠れなったとのこと。

ワークショップ(勉強会)の映像が流れ、倉本さんが清野さんに向かって熱く語る姿が映し出されていました。

nana seino

また倉本さんから頂いた手紙を額に入れて大事に取っていて、現物をスタジオで披露していました。

手紙には「追伸 売れている時に勉強すること これがすべてです」と書いてありました。

この手紙は家に飾っていつでもみれるようにしているそうです。

スポンサードリンク

失敗しない女

黒柳さんに失敗することはあるかと聞かれ、少し考えてから「失敗…恐れてます」「失敗しないようにその前を頑張ったりするんですが…だからいつも固くなっちゃいます」と答えていました。

そして黒柳さんが「失敗はないほうがいいですよね。みんなに迷惑かかっちゃうから」と言って番組が終了しました。

スポンサードリンク

まとめ

nana seino

清野菜名さんが徹子の部屋に出演されたときの様子をご紹介しました。

アクション女優としても活躍されていてとても活発なイメージだったので、トークの方も勝手にざっくばらんな感じを予想していたのですが、終始おしとやかな佇まいで大物女優のような貫禄を感じました。

それか、もしかするととても緊張していたのかもしれませんね。

昭和が似合う女優と言われることもある清野さん、今回のやすらぎの刻で昭和編のヒロイン役も見事なはまり役の予感がします。

そして今後も様々な役を演じて、新たな魅力を見せてくれることを期待したいと思います。

それではこの辺で失礼します。

やすらぎの刻(道)第1話 内容(2019年4月8日放送)

コメント