塩地美澄苦労話がウソを反省!すきだらけな体や特技チングルベルが魅力?

塩地美澄 有吉反省会 TV
画像:instagram

7月6日放送日本テレビ系バラエティー番組「有吉反省会」にフリーアナウンサーの塩地美澄さんが出演されました。

塩地美澄さんは、「常にノーブラ!爆乳フリーアナウンサーの苦労話、実は全部ウソ」を反省するため番組に出演。

また「チングルベル」というセクシーな特技を披露し爆笑をさらっていました。

塩地美澄さんは、アナウンサー出身で現在はフリーアナウンサーとしてテレビ番組のMCやタレントとして活動されていますが、その美貌と豊満ボディーが注目されグラビア活動もされています。

そこで、今回は塩地美澄さんが有吉反省会に出演された際の様子と、塩地さんがどんな人物なのかまとめてみました。

スポンサードリンク

有吉反省会出演

 

この投稿をInstagramで見る

 

塩地美澄officialさん(@misumi_shiochi_official)がシェアした投稿

番組が始まり、MCの有吉さんから今日の反省人として登場した塩地さんは、

「私、フリーアナウンサーの塩地美澄は至るところで苦労話を披露してきましたが『全てウソだった事』を反省しにまいりました。」と反省内容を発表。

塩地美澄 反省会

この反省内容にスタジオから「え~」と声が上がっていました。

塩地さんはSNSなどで「電車代がもったいないので30分歩いて現場入りです」「節約のため今日はバターサンド食のみ」などのひもじい生活で苦労していることをアピール。

塩地美澄 反省会

塩地美澄 反省会

しかし実際はそれらはウソで、なに不自由なく生活できていて、住まいは港区と告白。

しかも港区以外は住みたくないとまで言っていました。

どうしてそんなウソをつくのか問われれると、「苦労話をすることでお偉いさんがお仕事をくださったりすることもあるのかなって思って(貧乏)アピールしちゃいました」と答えていました。

塩地美澄 反省会

その甲斐あってか、実際にインターネット番組のレギュラーになれたと話していましたが、そんな調子なので有吉さんに、「ウソで仕事とってる」と毒づかれていました。

また港区に住んでいることについて、そこに住めるほど稼いでいるようには見えないと言われ、反省見届人のバカリズムさんには、「ぶっちゃけ、売れてないですよね?」とツッコまれていました。

そしてグラビアの話になり、ギャラはいいのか問われると、「正直いくら入ってくるのか、給料制なので分からない」と答えていました。

グラビア撮影について聞かれると、最初は洋服での撮影だったが、次に水着、その次は下着での撮影になり、気がつくと手ブラになっていたと次第に過激になってきていることを告白。

それを聞いた有吉さんは、「王手かかってる」と言って笑いを誘っていました。

大きな胸のことについてキャッチフレーズがあるのか問われると、自分名前から取って「塩パイ」と答えるも、「塩もみしたスカスカの漬物みたい」と言われてしまいました。

塩地美澄 反省会

胸の話が続き、大きいと肩が凝るので普段からノーブラだと発言。

塩地美澄 反省会

収録中の今もノーブラか問われると、そうですと答え、しかも今日はニップレス付けるのを忘れたと発言。

これに対し反省見届人の指原莉乃さんが、「嘘の可能性がある。1回乳首見ないと分からない」と指摘。

有吉さんもその意見に賛同し、本当かどうかチェックするよう指原さんに依頼。

そしてスタジオのセットの陰で本当にニップレスを付けていないのか確認していました。

塩地美澄 反省会

確認した指原さんは、本当に付けていないと言って驚いていました。

将来はどうなりたいのか問われた際には、キチっとしたニュースが読めるキャスターと返答。

目標は安藤優子さんと答えると、番組出演者が皆苦笑いでした。

反省見届人の友近さんには、安藤優子じゃなく「ローバー・美々でしょ」とツッコまれていました。

※ローバー美々をご存じない方はウィキペディアでご確認ください。

これまでに受けた変わった仕事について問われると、チングルベルと返答。

チングルベルが何か問われると、チンベル(ホテルのフロントなどにあるチーンと鳴る呼鈴)に胸をぶつける仕事と説明。

塩地美澄 反省会

そしてスタジオでチングルベルを実演。

両手にチンベルを持ち、ジングルベルを唄いながら合いの手風に胸でベルを鳴らしていました。

塩地美澄 反省会

それを見た有吉さんが、「安藤優子さんっぽい」といい加減なツッコミを入れていました。

他に何かないか聞かれると、「バキューム塩地」と答え、それは女の子の胸の上に乗せたゼリーを塩地さんがストローで吸うというもので流石に実演はありませんでした。

塩地美澄 反省会

そしていよいよ、塩地美澄さんへの禊が発表されました。

それは、「反省会スタッフとグラビア撮影」でした。

塩地美澄 反省会

番組スタッフの中から塩地さんが1名を選び、そのスタッフとグラビア撮影をするというものです。

塩地さんはスタッフの中でひとりだけ色白という理由で、一番左の男性スタッフを選ばれました。

塩地美澄 反省会

禊の様子は、近日公開ということで今回は見ることができませんでした。

一体どのようなグラビアが出来上がるのか楽しみです。

以上、有吉反省会出演時の塩地美澄さんの様子をお伝えしました。

苦労話は仕事を得るためのウソだったわけですが、そのウソによってまたこうして有吉反省会に出演できたので、苦労話の効果は抜群ですね。

ただ仕事を得た代わりに、何か大切なものを失っているような気がしますが・・・。

また、謎だったチングルベルが何かわかりましたが正直どうでも良かったです。

今後の目標はニュースが読めるキャスターとのことでしたが、チングルベルのせいでその道は遠のいてしまったのではないか心配です。

そっちがだめでもグラビアの道がありそうですが、「王手」のかかった手ブラまで披露しているので、今後は手ブラも外して「投了」となるのか、それとも「待った」ができるのか塩地美澄さんの今後が気になりますね。

ローバー美々の後継という道もありそう。

スポンサードリンク

塩地美澄プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

塩地美澄officialさん(@misumi_shiochi_official)がシェアした投稿

  • 生年月日:1982年6月26日
  • 出身地:北海道札幌市
  • 血液型:O型
  • 身長:165cm
  • スリーサイズ:B89/W64/H88
  • 趣味:スポーツ観戦、ピアノ
  • 特技:チンベル
  • 所属事務所:スペースクラフト

学生時代

塩地美澄さんは北海道札幌市出身で、北海道札幌北高等学校を卒業。

高校在学中にはミス北高に選出されたそうです。

大学は小樽商科大学を卒業。

大学時代にはJR北海道のキャンペーンガールミス・ツインクルを務めたそうです。

女子アナと言えばミスキャンパスやキャンペーンガールがステータスになっていますから、塩地美澄さんも早くからアナウンサーを目指していたのかもしれませんね。

女子アナウンサー時代

2006年に秋田朝日放送にアナウンサーとして入社されています。

情報番組のリポーターやニュースキャスターを担当。

バラエティ番組でも活躍されていたようです。

バラエティ番組「秘密結社 クロトサカ団 クロトサカブルー役」

「パネルクイズ アタック25」に同僚アナウンサーと出場したことがあり、その際優勝までしたそうです。

局アナ時代には「東北ナンバーワン女子アナ」と称されるほどの人気者となっています。

塩地美澄さんは北海道出身ですが、秋田県の放送局に在籍したので間違いなく秋田美人と呼ばれていたことでしょうね。

フリー転向後

2014年の春に8年在籍した秋田朝日放送を退社し、8月に現所属事務所「スペースクラフト」在籍しフリーに転向。

フリーに転向した理由を雑誌の対談で次のように話していました。

入社5年目の4月に担当が情報番組からニュース番組に変わって、精神的に疲れてしまったんです。しかも、そのタイミングで父にガンが見つかって、余命半年を宣告されちゃったんです。それで父のため、あと自分の休息のために北海道に帰る時間を作りたいと思って、上司に辞意を伝えたんです。100%で仕事しないと周りにも迷惑をかけるし、自分も納得できないですから。もっとも、引き留められて実際に辞めるまでに、そこから2年半かかったんですけど。

引用元:アサ芸プラス(抜粋)

闘病中のお父さんと自分の休息のため、隔週で金曜日の夜北海道に帰り、月曜日の午前中に秋田に戻るという生活を続けたそうです。

「正直キツいと思うこともありましたが、後悔したくなかったので、頑張れました。」と語っていて、かなりの根性の持ち主であることが伺えます。

フリーになってからも、秋田朝日放送レギュラー番組にしばらくは出演していたようです。

その他の仕事としては、よくabemaTVの番組の司会を担当されていますね。

スポンサードリンク

塩地美澄のグラビア

 

この投稿をInstagramで見る

 

塩地美澄officialさん(@misumi_shiochi_official)がシェアした投稿

塩地美澄さんは、その美貌はもちろんですが、大きなお胸も魅力のひとつです。

グラビアの仕事を始めたきっかけについて、インタビューで次のように語っています。

東京では知名度はほとんどゼロでしたから、皆さんに自分を知っていただく大きなきっかけが必要だ、という話を事務所としたところ、こういう展開(グラビア挑戦)になりました(笑)

引用元:アサ芸プラス(抜粋)

やはり知名度を得るにはビジュアルに訴えかけるのが手っ取り早いんですね。

しかしその一方で大きな胸がコンプレックスだったこともあったようです。

「男性の視線を感じることが嫌で、これまで胸はコンプレックスでしたが、こうして大きく誌面に登場することができたので両親に感謝です(笑い)」引用元:週刊ポスト

塩地美澄さんが初めてグラビアに挑戦したのは、2015年の写真週刊誌上でした。

塩地美澄 初グラビア

グラビアデビュー

その後も週刊誌で何度かグラビアでを披露し、2016年初の写真集「みすみ」を発売されています。

こちらは1万部を超える大ヒット。

塩地美澄さんの魅力に加え、元女子アナのグラビア写真集ということがヒットに繋がったんでしょうね。

しかも同じ年に、立て続けにDVD「はいっ、塩地です!」も発売されています。

水着シーンはもちろんですが、料理シーンやまさかの逆バンジーなどの映像も収録されていて、塩地美澄さんの魅力が詰まったDVDのようです。

その後も写真集とDVDをいくつが発売されています。

写真集

DVD

スポンサードリンク

塩地美澄の恋愛事情

 

この投稿をInstagramで見る

 

塩地美澄officialさん(@misumi_shiochi_official)がシェアした投稿

お美しい塩地美澄さんですが、三十路半ばを過ぎており世の中的には結婚していても不思議ではないお年ですが、未だ独身です。

過去に浮いた話もなくご結婚はまだ先の話なんでしょうか。

そんな塩地美澄さんですが、学生時代はモテモテだったとインビューで語っています。

高校生の時は、10人以上の男子に思わせぶりな態度をとって女王様気分を味わっていたとか。

でも、それが彼氏にバレて別れてしまったそうです。

男性とお食事にいく機会はあるそうなのですが、なかなか進展しないと語っています。

塩地さん的には「もっとガンガン来てほしいんです。急に後ろから抱き締めてくれるとか。」と男性側の積極的なアプローチを期待しているようです。

塩地美澄さんと食事をしたことのある男性がこれを聞いたら悔しいでしょうね。

ただこの発言は2017年のもので、それから約2年経っていますがいまだ結婚や浮いた話がないということは、まだガンガン来てくれる男性に出会えていないのでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

有吉反省会出演時の塩地美澄さんの様子と、これまでの活動についてまとめてみました。

ご本人はニュースの読めるアナウンサーとして活動していきたいようなのですが、なんとなくセクシーアナウンサーの道しか残されていないような気がするのは筆者だけでしょうか。

反省会の中でバカリズムさんに、「売れてないですよね」と言われていましたが、今後は売れてると思われるくらい活躍してもらいたいですね。

それではこの辺で失礼します。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメント