スポンサーリンク

ケンタッキーはチキンの部位指定ができない?カロリーや見分け方も知りたい!

ケンタッキー 部位指定 できない ケンタッキー

ケンタッキーのチキンって定期的に食べたくなりませんか?

そんなランチにも夕食にも合うケンタッキーのチキンですが、唯一困ってしまうのがチキンの部位です。

部位指定ができるのかどうか気になる方も多いはず。

調べてみると、どうやら基本的に部位指定をすることはできないことになっています。

またケンタッキーのオリジナルチキンにはいかにもチキン!という形の物もあれば、なんだか四角いものもあり、形が揃っていません。

そんなオリジナルチキンの各部位の見分け方は、下記を参考にしてみてください。

  • ドラム:いわゆるフライドチキンの形のもも肉
  • リブ:大きめで四角形のあばら肉
  • サイ:三角形で大きいもも肉上部
  • ウイング:小さめの手羽肉
  • キール:五角形のむね肉

今回は、ケンタッキーのチキンの部位指定や見分け方について調べてみました。

また、気になるカロリーや、「はずれ」と言われる部位などについてもご紹介しています。

ケンタッキーのチキンについて興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

タッキーはチキンの部位指定ができない?

ケンタッキー 部位指定 できない

チキンの部位指定はできるのかどうかの答えは、ズバリ「できない」です。

ケンタッキーの公式サイトにもしっかりと書いてありました。

どうやら、昔は部位指定をすると店員さんが気を利かせてくれたことがあったのだそうです。

なので、ネット上には部位指定が「できる」という声も多くありました。

とはいえ、公式サイトには「原則」とありますので、ダメモトで部位指定をする人もいらっしゃるようです。

ケンタッキーでパートをしていた友人は「大きな声では言えないけど、部位指定はちょっと迷惑…」と言っていました。

よく考えると、みんなが食べやすい部位を指定してしまえばそれ以外の部位が余ってしまいます。

お気に入りの部位を食べたいという気持ちも分かりますが、ぜひぜひ企業側の都合にもご理解ください。

スポンサーリンク

ケンタッキーのチキンの部位は何種類?

ケンタッキー 部位指定 できない

ケンタッキーが販売しているオリジナルチキンの部位は全部で5種類です。

  • ドラム
  • リブ
  • サイ
  • ウイング
  • キール

スーパーの鶏肉コーナーではあまり見たことがない名前もありますね。

これは、アメリカの農務省(USDA)の規格の呼び名なのだそうです。

アメリカ発のケンタッキーならではの種類ですね。

スポンサーリンク

ケンタッキーのチキン各部位のカロリーはどれくらい?

ケンタッキー 部位指定 できない

部位ごとのチキンの食べごたえってなんとなく違いますよね。

そう思って各部位のカロリーを調べてみましたが、残念ながら分かりませんでした。

ただ、ケンタッキーのオリジナルチキンのカロリーは公式で発表されています。

  • 可食部平均重量:約80g
  • エネルギー:237kcal

引用:「https://www.kfc.co.jp/pdf/food_info/nutrition

チキン1個あたりで実際に食べられる部分は平均するとだいたい80g、カロリーは約237kgということでした。

スポンサーリンク

ケンタッキーのチキンの各部位の見分け方

ケンタッキー 部位指定 できない

まとめて買うと店員さんがバランス良く入れてくれるオリジナルチキン。

見分けるコツをご紹介します。

ドラム

一般的に「フライドチキン」というとほとんどの人が想像する形がこれ!

鶏の脚のふとももの下部分です。

下の方にアルミホイルを巻きたくなります。

骨から肉が離れやすいので食べやすく、家族で取り合いになることも。

リブ

豚や牛でもおなじみの「リブ」、あばら肉です。

ケンタッキーのチキンの中では大きめで、四角い形をしています。

小骨まわりの肉が美味しいですが、ちょっと食べにくいかも?

むね肉の近くなので見た目よりもあっさりした味です。

サイ

鶏の腰の部分、脚の上の方にあたります。

三角形で骨が大きいのが特徴です。

もも肉なので食べごたえがあります。

ウイング

鶏の羽、手羽中と手羽先両方が合わさった小さめの部位です。

みんなが知っている手羽中や手羽先の形とは違いますが、よく見ると手羽の脂肪があります。

こちらも小骨があるのが特徴ですが、もも肉やむね肉とはまた違った食べごたえです。

キール

日本の「むね肉」の部位です。

五角形であっさりしている部位がこれ!

軟骨が多く、コリッとした食感が好きな人におすすめです。

ケンタッキーのチキンではずれ部位はどこ?

ケンタッキー 部位指定 できない

骨の無いからあげやフライドチキンに慣れていると、小骨が気になりますよね。

「はずれ部位」と呼ばれているのは「ウイング」や「リブ」など、小骨が多い部位のようです。

軟骨ではないので骨を食べるわけにはいかず、「食べにくい…」とがっかりするかもしれません。

「ウイング」は2本の骨をねじれば抜けるのだとか。

次に食べる時に挑戦してみます!

「リブ」は小骨まわりの肉にかぶりつく感じで食べてみてください。

まとめ

今回は、ケンタッキーのオリジナルチキンの部位指定についてご紹介しました。

まとめると、

  • オリジナルチキンはドラム、リブ、サイ、ウイング、キールの5種類
  • 基本的に部位指定をすることはできない
  • オリジナルチキンのカロリーは平均で237kcal

チキンの各部位の見分け方は、

  • ドラム:いわゆるフライドチキンの形のもも肉
  • リブ:大きめで四角形のあばら肉
  • サイ:三角形で大きいもも肉上部
  • ウイング:小さめの手羽肉
  • キール:五角形のむね肉

はずれ部位と言われることが多いのは、

小骨の多い「ウイング」「リブ」

ということでした。

ケンタッキーのオリジナルチキンは、もも肉とむね肉が両方食べられるんですね。

皆さんも、次にケンタッキーフライドチキンを買う時は、入っている部位をチェックしながら食べ比べてみてください。

コメント