風吹ジュン徹子の部屋で19歳の水着写真を公開!八千草薫の代役に緊張!

jun fubuki TV

4月16日放送の徹子の部屋に、現在放送中のドラマ「やすらぎの刻-道-」に出演中の風吹ジュンさんが出演されました。

番組では、ドラマの話から、二人のお孫さんとの話、そして最近始めた登山の話など風吹さんの意外な一面が語られました。

そして、デビュー前の貴重な水着姿も公開。

いつも若くて可愛らしいイメージの風吹さんですが、今年で66歳とは信じられませんね。

そんな風吹ジュンさんの魅力が詰まった放送内容を紹介します。

スポンサードリンク

ドラマ初主演

jun fubuki

まずは現在放送中で主演を務める「やすらぎの刻」の話になり、前作の「やすらぎの郷」は亡霊役だったと話し、2年前の出演シーンが流れました。

その映像の中で、風吹さんが水着姿で車のボンネットに横たわる写真が遺影として使用されており、この写真はドラマの脚本を書いた倉本聰さんが、以前どこかでその写真をみてそれを遺影で使用したいと思い、実際に使われたということでした。

jun fubuki

ちなみに写真は、風吹さんが20代後半に雑誌の取材で撮影したもので、倉本さんは書斎に飾っているそうです。

そして、倉本さんが書いた「前略おふくろ様Ⅱ」に出演して以降、「ライスカレー」「北の国から」などで40年来のお付き合いだそうです。

また意外にも、今回の「やすらぎの刻」が風吹さんにとって連ドラは、初の主演だったそうです。

スポンサードリンク

2人の孫とのふれあい

jun fubuki

現在風吹さんには2歳のお孫さんが2人いて、娘さんと息子さん両方のお子さん1人ずつだそうです。

娘さんの方のお孫さんからは「レオちゃん」、息子さんの方のお孫さんからは「マミータ」と呼ばれているそうです。

娘さんはアメリカ在住で、息子さんは近くに住んでいて、お孫さんの面倒をみることがあり、2歳にもなるとよく動き回るので体力的に大変だと話していました。

スポンサードリンク

樹木希林からの言葉

jun fubuki

コマ―シャルモデルとして芸能界デビューした風吹さんですが、21歳の時にドラマ「寺内貫太郎一家」に出演。

その時、まだ若く世間を知らなかった風吹さんは、共演者の樹木希林さんから

「区役所やそういった所へちゃんと自分で行けるようにならないと駄目なのよ」

「銀行にもちゃんと自分で足を運びなさい」

「人に頼るんじゃなくて、人に守ってもらうんじゃなくて、何が起こってるのか自分で気付くようにしなさい」

と言ってもらい、生活していくための基本的なことを教わったと言っていました。

そのあと、約30年に樹木希林さんが徹子の部屋に出演されたときの映像が流れ、黒柳さんとのおかしいやり取りが流れました。

VTR明けに、希林さんが昨年亡くなったことを黒柳さんと悼んでいました。

スポンサードリンク

登山に挑戦

jun fubuki

60歳の時に、ずっと行っていなかった同窓会に行った話になりました。

今まで行かなかった理由は、中学校卒業以来、同級生にずっと会っていないのが怖かったそうです。

でも勇気を出して参加したそうです。

その同窓会に登山家の同級生がいて、皆で山に登ろうということになったそうです。

また、教師をされていた風吹さんのお父さんが、生徒を連れて立山に登った写真を幼いときによく見ていて、立山の登山に憧れていたと話していました。

そして実際に同級生たちと、立山の雄山を登ったときの写真を紹介していました。

jun fubuki0

 

2019年の暮れには、立山の時の登山が楽しくて、また山を登りたい気持ちになり、多賀谷さんという憧れの山岳ガイドの方のガイドで、赤岳鉱泉(八ヶ岳)を登った話をされていました。

jun fubuki

今年の正月には、京都の愛宕山に登ったのですが、下りがとても大変で膝がガクガクになってしまったと話し、50代の初めに熊野古道を走ったときは何ともなかったのにと話し、体力の衰えにショックを受けていました。

今は次の登山に備えて、自宅の階段を10往復して、体力をつけているそうです。

スポンサードリンク

意外にもアウトドア派

画面に、水着姿でシュノーケリングセットを装着した風吹さんの写真が映し出されました。

jun fubuki

jun fubuki

その写真は、風吹さんがまだ芸能界デビューする前の19歳の時に、スキューバダイビングを教わっているときのものでした。

黒柳さんに「なんでそんなやろうと思ったの?」と聞かれ、「私は多分アウトドア派っていうか野生児。多分今もそうなんですけど。やりたかったんですよね、それで海に出たいし」と答えていました。

よく役の話がくるとき「自転車乗れますか?」とか聞かれるそうで、運動ができなさそうなイメージを持たれていると話していました。

しかしご本人は「競争は苦手なんですけども個人でやる運動はなんでも挑戦したいと思っていて」と語っていました。

すると今度は22歳のときのスキーをしている写真が映し出されました。

jun fubuki

jun fubuki

黒柳さんに「随分スポーツは色んな事やってらっしゃるのねあなたね」と言われ、「個人ではやってました。役で絶対こないんですけども」と言って笑っていました。

お子さんが小さいときは、スキューバやスキーをご自身で教えていたそうです。

スポンサードリンク

八千草薫の代役

jun fubuki

八千草薫さんが病気のため「やすらぎの刻」を降板することになり、代役を風吹さんが務めることになった話になり、初めて代役の話が来たときは八千草さんの代わりということで、複雑な気持ちになったそうですが、せっかく頂いたチャンスと思い引き受けたそうです。

そして一気に台本が増えて大変だったと語っていました。

八千草さんの撮影シーンに立ち会った時の話になり、モニター越しに八千草さんの演技を見ているとどんどんきれいになっていく姿に「やっぱりなんか女優ってすごい」と語っていました。

jun fubuki

この後、「やすらぎの刻-道-」の見どころを語り、番組は終了しました。

スポンサードリンク

まとめ

風吹ジュンさんが、徹子の部屋に出演されたときの様子をご紹介しました。

ドラマの話や、お孫さんとの話もいいお話でしたが、なによりも登山やスキー、スキューバダイビングをやられていたことに驚きました。

見た目や演じる役柄から、おっとりしたイメージがありましたが、若いときから60過ぎた現在もとても体を動かすことが好きなんですね。

きっと風吹さんの若さの秘訣は、そんなところにあるのかもしれませんね。

これから1年間、毎日やすらぎの刻で風吹さんが観られるのはうれしいですね。

それでこの辺で失礼します。

最後までありがとうございました。

やすらぎの刻(道)第1話 内容(2019年4月8日放送)

コメント