井崎英典のお店はあるの?実家のコーヒー屋はどこ?年収や出身高校も調査!

井崎英典 店 実家 年収 高校 専門家

井崎英典さんをご存じでしょうか。

井崎英典さんは、日本を代表するバリスタとして活躍されている方です。

井崎英典さんの名を最も世に知らしめたのが、2014年にイタリアで開催されたワールド・バリスタ・チャンピオンシップ (WBC)で、アジア人初のチャンピオンに輝いたことでしょう。

そんな世界チャンピオンにも輝いたことのある井崎英典さんは、現在コーヒーのコンサルタントやバリスタのコーチングなどをされているようです。

そこで今回は、そんな井崎英典さんの

  • 井崎英典のお店はあるの?
  • 実家のコーヒー屋はどこ?
  • 年収や出身高校も調査!

について調べてみました。

また、後半では井崎英典さんの紹介動画や、著書「世界一美味しいコーヒーの淹れ方」を紹介しているのでぜひご覧ください。

スポンサードリンク

井崎英典のお店はあるの?

井崎英典 店 実家 年収 高校

井崎英典さんは、バリスタの経験を活かし現在はコーヒー関連の製品開発、講演、研究、企業コンサル、バリスタの育成などコーヒーに関わる様々なことに精力的に関わっていようです。

そんなコーヒー一筋の人生を送る井崎英典さんが淹れたコーヒーを、実際に飲んでみたいと思う方は少なくないのではないでしょうか。

そこで、井崎英典さんの淹れたコーヒーを頂くことのできるカフェはあるのか調べてみました。

井崎英典さんのホームページなどを見てみたのですが、残念ながら井崎英典さんが直接コーヒーを淹れるようなお店はないようです。

事業内容に「コーヒーショップ、カフェの経営」とありましたが、恐らく店舗はあったとしても完全に経営者側の立場なのかもしれませんね。

ちょっと残念ですが、その代わり間接的に井崎英典さんのコーヒーを味わう方法として、監修を務めたマクドナルドのコーヒーがあるので、それで我慢するしかないですね。

スポンサードリンク

井崎英典の実家のコーヒー屋はどこ?

井崎英典 店 実家 年収 高校

井崎英典さんがバリスタになったのは、実家でお父さんがコーヒー屋を経営していたからでした。

高校を中退しフラフラしているときにお父さんに誘われたそうです。

そんな井崎英典さんの実家のコーヒー屋は「ハニー珈琲」という店名で、福岡市にあり井崎英典さんのお父さん、克英さんが今も経営されています。

「ハニー珈琲」ではスペシャルティコーヒーと呼ばれる、ある基準を満たした美味しい豆だけを取り扱っていて、克英さんが海外までコーヒー豆を買い付けにいっているそうです。

ハニー珈琲は、焙煎工場と配送センターを兼ねている本店のほかに、福岡市内を中心に11店舗ありました。

ハニー珈琲本店および焙煎工場、配送センター
福岡市博多区那珂6-1-37
ハニー珈琲 西新店
福岡市早良区西新4-1-1
リトルハニー(ハニー珈琲 博多駅前店)
福岡市博多区博多駅前2-2-1福岡センタービルB2F
ハニー珈琲 天神VIORO店
福岡市中央区天神2丁目10-3天神VIORO 地下2F
ハニー珈琲 高宮店
福岡市南区野間1丁目1-1ラクレイス高宮1F
ハニー珈琲 アイランドシティ店
福岡市東区香椎照葉3-4-5I.C.メディカルビル5階
ハニー珈琲 福岡三越店
福岡市中央区天神2-1-1福岡三越地下1階
ハニー珈琲 アミュプラザおおいた店
大分市要町1-14
ハニー珈琲 九州大学伊都キャンパス店
福岡市西区元岡744
ハニー珈琲 小倉店
福岡県北九州市小倉北区京町3-7-1
リトルハニー 大名店(のれん分け店)
福岡市中央区大名1-3-5 ARKCUBE101
リトルハニー 室見駅前店(のれん分け店)
福岡市早良区室見5丁目1-27

ぜひ店舗に行ける方は、ハニー珈琲のスペシャリティコーヒーを満喫してみてください。

行くことが難しい方は、ハニー珈琲オンラインショップをご活用ください。

たくさんのコーヒー豆を取り揃えていますよ。

スポンサードリンク

井崎英典の年収

井崎英典 店 実家 年収 高校

コーヒーのコンサルタントとしてご活躍中の井崎英典さんですが、下世話な話いったいどれくらい稼いでいるのでしょうか。

気になる年収について、当然公表はされていないのでいくらくらいなのか推察してみました。

「平均年収.JP」というサイトによるとバリスタの平均年収は次のように書かれていました。

  • スターバックスのカフェバリスタの年収:340万円~550万円
  • 大手コーヒーショップのカフェバリスタの年収:280万円~430万円
  • 喫茶店のカフェバリスタの年収:270万円~350万円
  • オーナーカフェバリスタの年収:290万円~1000万円以上

引用:「平均年収.JP」

井崎英典さんは、ご自身の店舗は出店していないようですが、大手企業のコンサルや商品開発を請け負ったり、講演したり、新しく自身の会社(株式会社QAHWA(カフア))を立ち上げたり、オンラインサロン(コーヒー共和国)を主宰したりと、もうバリスタという肩書では収まり切れない活動をされています。

少なく見積もっても1000万円で収まるような収入ではないことが想像できますね。

スポンサードリンク

井崎英典の出身高校は?

井崎英典 店 実家 年収 高校

井崎英典さんの出身高校については公表されていないのでどこかは分かりませんでしたが、中学の時に始めたバドミントンのスポーツ特待生として高等学校に進学したそうです。

しかし、1年度ほどで退学していしまいフラフラしていたところ、父親の克英さんに声を掛けられ、コーヒーの世界に足を踏み入れることになりました。

コーヒーの世界にのめり込んでいく一方で、井崎英典さんはコーヒーの世界でやっていくには学力が必要であることを痛感し、それから大検の資格を取り大学進学のため予備校に通いながらバリスタの勉強もこなすハードな日々を過ごします。

そして見事、法政大学国際文化学部国際文化学科への入学を果たしています。

さらにすごいのが、大学入学と同時に長野県の丸山珈琲で働き始めています。

やはり世界一になる人は、行動力が半端ないですね!

 

ここで、井崎英典さんが自らの生業について語っている動画をご紹介します。

色々手掛けていて、バリスタというよりも敏腕若手経営者って感じですね。

そして声がいい!

そしてこちらは、井崎英典さんの書籍です。

この本を読んで美味しいコーヒーの淹れ方を学んでみませんか。


スポンサードリンク

まとめ

アジア人初のバリスタ世界一を獲得し、コーヒー界でいま最も勢いのある井崎英典さんの

  • 井崎英典のお店はあるの?
  • 実家のコーヒー屋はどこ?
  • 年収や出身高校も調査!

についてご紹介しました。

井崎さんは店舗を持たず、企業コンサルや商品開発、講演やオンラインサロンなどを通じてコーヒーの普及に尽力していました。

井崎英典さんがコーヒーの世界へと足を踏み入れるきっかけとなった、実家のコーヒー店「ハニー珈琲」は今も健在で、地元福岡市を中心に複数の店舗を展開していてとても評判のいいお店のようです。

バリスタでありながら、それだけにはとどまらずいろいろなことに挑戦していて、とてもバイタリティ溢れる井崎英典さん。

まだ30歳(2020年6月現在)という若さでこれだけの活躍はほんとすごいですね。

今後もますます活躍することは間違いないでしょう!

コメント