スポンサーリンク

インスタントラーメンは賞味期限切れでも食べられる?1ヵ月過ぎても大丈夫?

インスタントラーメン 賞味期限切れ インスタントラーメン

皆さんインスタントラーメンは食べますか?

災害用の非常食として常備しているご家庭も多いと思います。

そしてあの、夜中に茹でた鍋のまま食べる罪深き美味しさ・・・たまらん!

ですがたまに「いつ買った?!」ってぐらい前の賞味期限が切れたインスタントラーメンが出てくる事、ありますよね?ねっ?!

インスタントラーメンは賞味期限が切れた物でも切れた期間によっては食べる事が可能です。

賞味期限が切れてから1ヵ月ぐらいであれば食べても問題ないようです

ではインスタントラーメンの賞味期限切れについてもう少し詳しく調べてみましょう!

スポンサーリンク

賞味期限切れのインスタントラーメンはいつまで大丈夫?

インスタントラーメン 賞味期限切れ

元々インスタントラーメンは賞味期限が長い商品。

製造メーカーによっても異なりますが、ある食品会社の商品は袋タイプのインスタントラーメンは約8ヶ月、カップタイプであれば約6ヵ月の賞味期限として販売されているそうですよ。

賞味期限切れのインスタントラーメンはいつまで大丈夫なのか、調べてみたところ賞味期限が切れてから1ヵ月程度であれば問題なく食べられるようです。

賞味期限とは「この期間内であれば美味しく食べることができますよ」という意味の表記で、肉や魚・総菜などに記される消費期限とは違って、賞味期限は切れたらすぐに食べられなくなってしまうという事はありません。

保存の効くインスタントラーメンは賞味期限表記ですので、期限が切れたからと言ってもすぐに傷んだりはしないので大丈夫なんです!

では賞味期限切れから1ヵ月以上経ったら・・・?

賞味期限が切れてから3ヶ月や半年、1年過ぎちゃったけど!?なんて事もあり得ますよね?

その場合でも一応「食べられる」んです。

但し、やはり賞味期限が切れてから半年~1年ぐらいを目安にスープの味が少し薄く感じたり、通常とは少し違う匂いがしたりする場合があるみたいですね。

もちろん何も感じないよ~という方もいるかと思います。

保存状態や製造メーカーによっても異なると思いますのでね。

これらの事から考えると、賞味期限が切れたインスタントラーメンを食べるのであれば、3ヶ月までには食べるようにした方が良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

賞味期限切れのインスタントラーメンは危険?

インスタントラーメン 賞味期限切れ

賞味期限が切れたインスタントラーメンは、すぐに食べられなくなるという訳ではないという事は分かりましたが、どのようになると危険なのでしょうか?

賞味期限が切れて2年以上経ってくると、麺やスープが酸化しガソリンのような味がしたり、酸味がある異常な臭いすることがあるようです。

袋やカップのフタの部分が膨張している場合などはガスが発生している可能性があり危険な状態だと考えられるので、絶対に食べないようにしてくださいね!

数年経った物を食べても特になんともないという方もいますが、中には腹痛や吐き気で病院に駆け込んだ方もいるそうですよ!

なのでいつもと少し違うな?変だな?と感じたのであれば、賞味期限が切れてから長い・短いに関わらず食べるのは控えるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は賞味期限切れのインスタントラーメンについて調べてみました。

  • 賞味期限切れから1ヵ月は変わらず食べられる。
  • 賞味期限切れから半年~1年ぐらいで味や臭いに変化が出る場合が多い。
  • ガスが発生していたり、異臭、異常な味がする場合は食べてはダメ。

上記の事を抑えておくと、ご家庭のインスタントラーメンの賞味期限が切れていた!どうしよう!となった時、少しはお役に立てるかもしれません。

但し、上にも記載していますがこれはあくまでも目安になりますので、やはり安心安全に食べるのであれば賞味期限内に食べるのが一番です。

賞味期限が切れた物を食べるという事は自己責任になりますので、必ず危なくないかな?異常はないかな?としっかり確認してから食べるようにしてくださいね。

保存状態や保存方法も各家庭によって異なりますので、早くダメになってしまう場合もあれば結構長くいけた!という場合もあると思います。

ご自身でしっかり見極めて、「こらあかん・・・」と思った場合は勇気ある撤退をしましょう!

コメント