教えてもらう前と後で紹介していたおいしいアジフライの作り方

maetoato TV

TBSの情報バラエティ番組「教えてもらう前と後」を見ていたら、アジフライを美味しく作る方法を紹介していました。

その方法とは、自分で捌いたアジを揚げることでした。

でも自分で魚を捌くのは面倒で難しそう。

しかし、番組で紹介していたコツを掴めば10分で捌けるようになるとのことでした。

早速その方法を紹介します。

スポンサードリンク

アジの捌き方

aji fly 19

包丁の持ち方

使用する包丁は、一般的な文化包丁。

魚を捌くときは包丁の上の部分に人差し指を添えることで、人差し指がセンサーの役割を果たし正確に切れるようになる。

aji fly

aji fly

下準備

鱗をとり、頭を切り落として内蔵を取る。

そして布巾で水分を取り、下準備が完了。

魚を捌くときの立ち方

包丁を引いたときに、包丁の柄がちょうどお腹に当たるくらい魚と距離を取る。

aji fly

捌く順番

腹→背→背→腹の順番に包丁を入れる。

aji fly

最初、腹に包丁を入れるとき皮だけを切り、次に先程の切込みをガイドラインにして中骨まで切るように包丁を入れる。

aji fly

aji fly

ひっくり返して、腹のときと同様にまず背の皮を切ってから中骨まで切る。

aji fly

尾から包丁を入れて、背骨と身を切り離す。

aji fly

aji fly

反対側の身は、順番通り背から包丁を入れていく。

aji fly

ひっくり返して腹の皮を切り、背骨と身を切り離す。

aji fly

腹骨を切る

身に残っている腹骨を切るには、刃を寝かせて腹骨を薄くすいていく。

aji fly

最後に刃を立てるときれいに切れる。

aji fly

以上で、アジの3枚下ろしの完了。

aji fly

スポンサードリンク

まとめ

番組では、おいしいアジフライの作り方ではなく、おいしいアジフライを作るためにアジを捌く方法を紹介していました。

なので揚げ方までは教えていませんでしたが、その代りにおいしいソースの作り方を紹介していました。

ソースの作り方

きゅうりを大根おろしのように擦り下ろし水気を切り、大葉、みょうが、ポン酢、一味を加えて完成です。

aji fly

aji fly

aji fly

以上、お試しください。

コメント