スポンサーリンク

ブロッコリーは常温保存で日持ちはどれくらい?冷蔵、冷凍の賞味期限も調査!

ブロッコリー 日持ち 日数 ブロッコリー

ブロッコリーっておかずの横にちょこっと添えるだけで美味しそうに見えて、とても重宝する食材ですよね。

そんなブロッコリーが、一体どれぐらい日持ちするかご存知ですか?

ブロッコリーは常温でほとんど日持ちしません。

なので冷蔵か冷凍で保存するようにしましょう。

ブロッコリーは冷蔵庫で保存した場合は、生の状態だと4日~5日ほど、茹でた状態だと2日~3日ほど日持ちするとされています。

冷凍保存の場合は、約1ヵ月ほど日持ちさせることが可能です。

今回はブロッコリーの冷蔵、常温、冷凍で保存する際の日持ちについて調べてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ブロッコリー常温保存での日持ち

ブロッコリー 日持ち 日数

まずブロッコリーを常温で保存した場合の日持ちについてですが、残念ながらほとんど日持ちしません。

ブロッコリーは常温のまま保存すると、つぼみの部分が成長するために栄養素が奪われてしまいます。

そのため鮮度・風味が落ちてしまい食感も悪く美味しくなくなってしまいます。

スーパーなどに行っても、常にブロッコリーはよく冷えた冷蔵コーナーに陳列されていませんか?

ブロッコリーの保存温度は0~5度が最適と言われていますので、常温保存はせず冷蔵庫で保存することをオススメします。

スポンサーリンク

ブロッコリー冷蔵庫での日持ち

ブロッコリー 日持ち 日数

ブロッコリーを蔵庫で保存する際、生の状態の場合は大体4~5日ほどです。

ブロッコリーは基本的にあまり日持ちのしない野菜と言われています。

冷蔵庫で保存する場合は、キッチンペーパーなどで軽く包み、ポリ袋に入れて保存しましょう。

また、保存する際に房を上向きにして立てて保存すると良い状態を保ちつつ保存できますのでオススメです。

立てる際はコップか何かに入れると、立てた状態での保存がしやすいですよ。

また、生の状態ではなく茹でた状態のブロッコリーを冷蔵庫で保存する場合は、2日~3日を目安にして、早めに使い切ってしまうようにしましょう。

茹でたブロッコリーを保存する場合は、ひと房ずつ小分けにしてしっかり水気を切った後に、タッパーやジッパー付きの保存袋などに入れて保存しましょう。

スポンサーリンク

ブロッコリー冷凍での日持ち

ブロッコリー 日持ち 日数

最後にブロッコリーを冷凍保存した場合の日持ちです。

ブロッコリー生のままで冷凍保存した場合、約1か月ほど日持ちします

ブロッコリーは冷凍保存しても変色しづらく、味や食感もほとんど損なわれないのでオススメです。

生の状態で保存する場合は、ブロッコリーを小分けにしてひとつずつラップで包んだ後にジッパー付き保存袋に入れて保存すると、料理する際にも使いやすいですよ。

また、茹でた状態で冷凍保存する場合は1~2か月ほど日持ちします。

こちらも茹でた際にしっかり粗熱と水気を切ってから、小分けにしてジッパー付きの保存袋に入れて保存しておくとOKです。

生のままで保存しても良いですが、どうせ小分けにして保存するなら茹でてから保存した方が、自然解凍してそのまま食べられるので、茹でてから保存する方が良いのではないでしょうか?

煮込み料理などに使用する場合は解凍せずにそのまま鍋に放り込んでしまうだけでOKですからね。

めちゃくちゃ便利ですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回はブロッコリーの保存方法と日持ちについて調べてみましたが、いかがでしたか?

  • 常温保存ではほとんど日持ちしない
  • 冷蔵保存での日持ちは、生の場合4~5日、茹でた場合は2~3日ほど
  • 冷凍保存での日持ちは約1ヵ月

ブロッコリーは意外と繊細な野菜なので、常温のままで保存するのではなく、必ず冷蔵庫、もしくは冷凍庫で保存するようにしましょう。

すぐに使い切ってしまう予定であれば冷蔵保存で良いかな?と思いますが、そうでない場合は一度茹でてから冷凍庫で保存しておく方が、1~2か月は保存が効くし、何かと便利に使えますのでオススメですね!

ブロッコリーは栄養価も高く、添え野菜としてだけではなくアレンジ料理も豊富なので、ご家庭で保存しておいても何かと活躍してくれるはずです。

コメント