スポンサーリンク

バナナの日持ちはどれくらい?長持ちさせる保存方法はあるの?

バナナ 日持ち どれくらい バナナ

甘くて美味しいバナナはどの時期でもスーパーにありますし、ご家庭で一番食べられているフルーツのひとつではないでしょうか。

ところで皆さんはバナナの日持ちってどれくらいするのか意識したこと、ありますか?

黒くなる前に……とは思っているものの、具体的にどれくらい日持ちするか、保存方法についてはあまり深く考えたことがない方もいらっしゃるかもしれません。

今回は身近な存在であるバナナの日持ちや保存方法についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

バナナの日持ち

バナナ 日持ち どれくらい

常温での日持ち

バナナは常温の場合、春~夏なら2~4日、秋~冬なら7~10日が日持ちの目安です。

できれば、バナナスタンドにかけて立てた状態で保存するのが理想です。

最近は100均でもバナナスタンドが売られていますし、家庭にバナナを常備させたい!という方は買ってみてもいいかもしれません。

代用としてはS字フックやヒモも使えます。


冷蔵での日持ち

バナナは冷蔵保存の場合は、2~3週間日持ちします。

ただしバナナは低温で保存すると熟成が進みません。

なのでお好みの状態まで熟してから冷蔵保存することをおススメします。

通常の冷蔵庫内ではなく、温度の下がりにくい野菜室に保管しましょう。

熱帯のフルーツであるバナナは冷気が苦手です。

バナナに直接冷気を当てないように、1本ずつ新聞紙に包んで野菜室での保存がおススメです。

冷凍での日持ち

バナナを冷凍保存する場合の日持ちの目安は1か月程度です。

冷蔵保存する場合と同じように1本ずつにバラしてラップにしっかりと包んで冷凍しましょう。

バナナ 日持ち どれくらい

また解凍した場合はどうしても水分が出てしまい、食感が損なわれるので、生で食べるのには向きません。

凍らせたままアイスバナナとして食べたり、お菓子作りやミルクと合わせてミキサーでつくる、バナナジュースに向いています。

スポンサーリンク

バナナを日持ちさせる保存方法

バナナ 日持ち どれくらい

バナナの日持ちをよくする保存方法をご紹介します。

  • 袋から出す
  • 直射日光の当たらない場所で保存
  • バナナスタンドまたは山型に伏せた状態で保存
  • 一番適した気温は15度前後
  • 房から切り分けて1本ずつの状態にバラす

バナナはとても傷みやすいフルーツです。

何気なくそのまま置いておくと自重で下になった部分が傷んでしまうほどです。

なのでバナナスタンドで立てた状態、またはなるべく机などと接する面積の少ない山型において保存しましょう。

一番のポイントは、買ってきたらすぐにバナナを房から切り分けて1本ずつの状態にバラすことです。

理由はバナナ自身が発生させるエチレンガスにあります。

このガスはバナナの熟成を促します。

これは収穫後のバナナからも発生し、房のままの状態だとバナナ同士で熟成させ合うことになってしまい、結果として早く傷んでしまいます。

なので、まずは1本ずつにバラしましょう。

そして生でいただく場合は常温保存が可能な間に食べ切ってしまうのがベストです。

冷蔵保存の場合も2~3週間の保存が可能ではありますが、なるべく新鮮なうちにいただきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

一番身近なフルーツのひとつであるバナナ。

そのまま食べるのはもちろん、ヨーグルトに混ぜたりお菓子の材料にしたりと色んな食べ方ができるのもバナナの魅力のひとつですよね。

でもどれくらい日持ちするのかについてはあまり意識されていない方もいらしたのではないでしょうか?

  • 常温保存の場合の日持ちは夏は2~4日、秋から冬は7~10日
  • 冷蔵保存の場合の日持ちは2~3週間(好みの熟し具合になってから冷蔵)
  • 冷凍保存の場合の日持ちは1か月(生よりアイスバナナやお菓子用がおススメ)
  • バナナは1本ずつ保存する

どの方法でどれくらい日持ちするか、ポイントをしっかりおさえて、美味しく召し上がってくださいね。

コメント