岩岡洋志の出身大学、高校など学歴と経歴を調査!家族に芸能人がいるのか気になる?

岩岡洋志 大学 高校 学歴 経歴 家族 専門家

横浜にラーメン好きはたまらない「新横浜ラーメン博物館」というフードテーマパークがあります。

この博物館の創業者であり、館長を務めるのは岩岡洋志さんという方です。

日本中のラーメンが一堂に集まっている場所を作りたい、という想いで世界初のラーメン博物館を作り上げた岩岡洋志さんの物語は、これまで何度かテレビなどでも取り上げられています。

そこで今回新ためて岩岡洋志さんの

  • 出身大学と高校
  • 経歴
  • 家族

についてまとめてみました。

また記事の後半では、岩岡洋志さんが地元番組に出演したときの動画や書籍の紹介をしていますのでぜひご覧ください。

スポンサードリンク

岩岡洋志の学歴と経歴

岩岡洋志さんは神奈川県横浜市港北区の出身。

1959年6月11日生まれ、現在61歳(20年7月現在)。

高校は、神奈川県立港北高校を卒業されています

大学は、青山学院大学に進学し経済学を専攻されています。

大学卒業後は、新生紙パルプ商事株式会社という商社に入社。

しかし3年後の1985年にその会社を退社し、父親の不動産会社に入社しています。

当時、まだラーメン博物館がなかったころの新横浜はオフィスビルしかなく、現在のような観光スポットはなかったそうです。

そこで岩岡洋志さんは新横浜に人を呼び込むため、地元の仲間たちとまちづくりについて話し合い、昭和30年代の街並みを再現した施設の構想を思いついたそうです。

ラーメン博物館に行ったことがある方は分かると思いますが、施設内はとても懐かしさを感じさせる昭和の街並みが再現されています。

そしてその施設に人を呼び込むために、飲食店の導入を考えます。

ラーメン博物館は、初めからラーメンありきじゃなかったのは意外ですね。

当初はベトナム料理など海外のものや目新しい料理を扱うことも考えたそうですが、逆に日本の国民食とも言えるラーメンに目を付け、5年かけて全国のラーメン店を巡り選りすぐりのお店を探したそうです。

そうして苦労の末、1994年3月にラーメン博物館がオープン。

年間来場者数は150万人というものすごい人気で、ラーメン博物館の近くにある横浜アリーナと同等の集客施設になっています。

ラーメン博物館は、1993年に設立された「株式会社新横浜ラーメン博物館」という法人が運営し、代表取締役と館長は、現在も岩岡洋志さんが務めています。

スポンサードリンク

岩岡洋志の家族

岩岡洋志 大学 高校 学歴 経歴 家族

岩岡洋志さんのご家族についてですが、奥様やお子さんの情報は公表されていないようなので、一般の方だと思われます。

ただ、岩岡洋志の実のお姉さんが、女優の五大路子さんであることが本人の口から語られています。

五大路子さんといえは、俳優の大和田伸也さんがご主人であることは有名です。

つまり、岩岡洋志さんは大和田伸也さん、そして弟の大和田獏さんと義理の兄弟ということになりますね。

まさか芸能人の親戚だったとは、全然想像していなかったの驚きです!

 

そんな岩岡洋志さんが、姉である五大路子さんとの子供時代や、ラーメン博物館を開くまでの苦労話を語っている動画あったのでぜひご覧ください。

また、岩岡洋志さんが自身のラーメンに対する想いを語った書籍もあったので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

スポンサードリンク

まとめ

新横浜ラーメン博物館の館長を務める岩岡洋志さんの

  • 出身大学と高校
  • 経歴
  • 家族

についてまとめてみました。

岩岡洋志さんらが新横浜に人を呼ぶために作った新横浜ラーメン博物館は、フードテーマパークという新しい集客ビジネスを生み出しました。

しかし、岩岡洋志さんらはビジネスとしてラーメン博物館を作ったわけではなく、ラーメンを世界中に広めたいという想いで作ったと語っています。

似たようなが施設が全国に作られては無くなっていくなか、ラーメン博物館が四半世紀以上も人気が保たれているのは、そういった岩岡さんらの想いの現れではないでしょうか。

将来、ヨーロッパにラーメン博物館をオープンさせることも計画しているそうなので、まだまだ岩岡洋志さんの活躍は続きそうです。

コメント