土田英生の出身大学や経歴をチェック!結婚した妻や子供はいるの?

土田英生 大学 経歴 結婚 子供 俳優

人気ドラマ「半沢直樹」でIT企業電脳雑伎集団の社長、平山一正役を演じているのは土田英生さんという方ですが、失礼ながらこの方を存じ上げませんでした。

というのも、土田英生さんは主に舞台で活躍されていて、脚本や演出をメインにされている方のようです。

そのためテレビドラマで土田英生さんを見る機会はあまりないので、私と同じようにご存じない方も多いかもしれません。

そこで今回は土田英生さんの

  • 出身大学と経歴
  • 結婚と子供

について調べてみました。

また、記事の後半では土田英生さんが演技指導している映像や、執筆された書籍を紹介しているのでぜひご覧ください。

スポンサードリンク

土田英生の出身大学と経歴

土田英生さんは、愛知県大府市出身で現在53歳(20年7月現在)。

大学は立命館大学に進学されています。

そして、同大学の演劇サークル「劇団立命芸術劇場」に所属し演劇を始めています。

当時土田英生さんは役者になりたかったそうなのですが、本意ではない台本を書いたり演出を担当していたそうです。

それで結局21歳の時に立命館大学を中退し、東京に引っ越し「月蝕歌劇団」という劇団に入り俳優を目指します。

しかし、1年ほどで再び京都に戻ることになります。

土田英生さんブログのなかで当時のことについて、東京は居心地が悪かったと語っています。

京都に戻った土田英生さんは、1989年22歳のときに「B級プラクティクス」という劇団を結成します。

劇の脚本、演出のほとんどを土田英生さんが手がけ、自身も役者として出演されます。

1991年には、劇団名を「MONO」に改名し、現在も土田英生さんが代表を務めています。

テレビでは土田英生さんが演じているところを見る機会があまりありませんが、舞台では見ることができます。

といっても、役者のステータスでもあるNHKの朝ドラ「ごちそうさん」に勝田半次郎役で土田英生さんは出演されているので、意外と顔は見たことがあるという人は多いかもしれませんね。

それにしても、NHKの朝ドラに出演できるってすごいですよね。

しっかりと役者になる夢を叶えていますね。

また土田英生さんは、自身の劇団の脚本だけでなくテレビドラマの脚本なども手掛けています。

代表作には

  • 「崖っぷちホテル!」
  • 「斉藤さん」
  • 「天才柳沢教授の生活」

などがあります。

映画やゲームの脚本なども手掛けていますが、小説も書かれています。

そしてこの小説「プログラム」を原作とした映画「それぞれ、たまゆら」が製作されたのですが、この作品の監督を務めたの土田英生さんです。
監督業にも進出し、まさにマルチな活動をされている方です。
スポンサードリンク

土田英生は結婚してる?子供はいるの?

土田英生 大学 経歴 結婚 子供

多方面に活躍されている土田英生さんですが、プライベートはどうなのか気になるところです。

結婚されているのか、お子さんはいるのかいろいろと探ってみましたが、プライベートについては公表されていないようで、家庭を持たれているのか詳しいことは分かりませんでした。

ただ、過去にSNSで次のような投稿をしていました。

どういった流れでこの発言されたのか、また土田英生さんご自身のことなのか詳しいことが分からないのでなんとも言えませんが、50を過ぎた男性ですのでかつて結婚されていた過去があっても不思議ではありませんね。

勝手な想像ですが、土田英生さんの見た目からすると家族思いの子煩悩パパって感じがしますが、本当のところはどうなのかとても気になります。

 

脚本を書き、俳優として自らも演じ、映画監督も務めマルチな才能をお持ちの土田英生さんですが、後進の育成にも熱心なようで、俳優養成講座を開いています。

その講義の様子が公開されていたので、興味のある方はぜひご覧ください。

スポンサードリンク

まとめ

ドラマ「半沢直樹」でIT企業電脳雑伎集団の社長、平山一正役を演じている土田英生さんの

  • 出身大学と経歴
  • 結婚と子供

について見てきました。

20代前半に劇団を立ち上げ、演劇の世界で活躍されてきた土田英生さん。

その才能は舞台だけではなく、テレビや小説、そして映画の世界へと多方面で活かされいます。

そして役者としても活動しており、もうすべてやり尽くしたようにも思えますが、きっとまた新たな才能を披露されるのではないでしょうか。

今度はどんな世界で土田英生さんの活躍が見られるのかとても楽しみです。

コメント