ガンダムのような石像の詳細が判明

gundam 話題

インドネシアでガンダムっぽい石像が発見され、日本でも話題となりました。

確かにその石像はガンダムに似ていて、誰かがガンダムをモデルに制作したものと思いきや、数百年前から存在していたとの現地住民の証言もあり、実際のところどうなのか、地元メディアが専門家に調査を依頼するまでの騒動に発展していたこの件ですが、結論が出たようなので紹介します。

(関連記事)ガンダムのような石像がインドネシアで発見?あえて言おう、カスであると!

スポンサードリンク

制作者現る

gundam 06

地元のインドネシアのメディアによると、この石像を制作したのはヤットマンさんという方で、今から8年前の2011年に制作したそうです。

石像のモデルは、胸の十字が特徴的であることから「ガンダムエクシア」ではないかと言われていましたが、やはり予想通りエクシアをモデルにしたそうです。

材料は鉄のフレームとセメントで、大きさは2mほどとのこと。すべてヤットマンさん一人で制作したそうです。

ガンダムの石像を制作したのは、ヤットマンさんの友人が彼の家を訪れる際の目印にするためで、その友人が好きなガンダムを選んだようです。

今は、自宅の庭に別のガンダム像の制作を考えているそうです。

制作当初は地元住民からよく思われていなかったそうですが、今では高く評価されているそうです。

gundam

コメント