スポンサーリンク

乾燥パスタの賞味期限が切れたけど食べても大丈夫?開封後の賞味期限は?

乾燥パスタ 賞味期限れ パスタ

賞味期限が長い分、つい使いそびれてしまいがちな乾燥パスタ。

あなたのキッチンにも眠っていませんか?

多少ならともかく、大幅に賞味期限が切れていたパスタを発見したときどうしていますか?

捨てるのはもったいないし、もしかしたら「これ、食べても大丈夫では?」と、考えたりしますよね。

そこで今回は、賞味期限切れの乾燥パスタは食べても大丈夫なのか調べてみました。

また、開封後の乾燥パスタの賞味期限や保存方法についても紹介しています。

ぜひこの記事で乾燥パスタの取り扱い方法についてチェックしてみください。

スポンサードリンク

賞味期限切れのパスタは食べても大丈夫?

乾燥パスタ 賞味期限れ

結論から言うと、賞味期限切れの乾燥パスタは見た目や匂いなどに異常がなければ、原則として食べても大丈夫です。

パスタは保存食なので長期間の保存を前提にして作られています。

保存食ということは、水分量が少ないため成分の変化がほとんどありません。

賞味期限が切れていたとしても、製造時点から成分はほぼ変わりなしと思って大丈夫でしょう。

むしろ、作り立ての乾燥パスタより時間の経過した乾燥パスタの方が、更に水分が飛び食感がよくなるケースもあるそうです。

乾燥パスタの賞味期限は、一般的に製造から3年以内と言われていますが、その期間を過ぎても食べられるとのことです。

目安としては製造後約3年間がおいしく食べられる期間です。しかし、3年経過後も更に長期変敗することなく、食品衛生上の問題はありません。

引用:一般社団法人 日本パスタ協会「マカロニ類の賞味期限の年月表示に係るガイドライン」より

ちなみにですが、「賞味期限」と「消費期限」の違いをご存じでしょうか?

「賞味期限」は品質ではなく、味を保証する期限です。

この期限までなら品質に問題なく美味しく食べることができる、できればこの日まで美味しく食べてほしいというもので、正直な話、多少過ぎても問題ありません。

対して「消費期限」はこの日までなら腐敗などなく、劣化していない状態で食べることができる、というものです。

そして、乾燥パスタは「賞味期限」が表示されているので、期限が過ぎていてもそれほど神経質になる必要はありません。

今回の乾燥パスタに限らず、「賞味期限」と「消費期限」の違いを覚えておくと、他の食品の期限切れに遭遇しても迷わずに処理の判断が出来るようになります。

ひいては、最近注目されている食品ロスの削減にも繋がるので、ぜひ知っておきましょう。

スポンサードリンク

開封後の乾燥パスタの賞味期限はどれくらい?

乾燥パスタ 賞味期限れ

開封後の乾燥パスタの賞味期限ついては、はっきりとした期限は設けられていないようです。

製造メーカーでも、開封後の取り扱いについて次のように記載しています。

高温多湿の場所、直射日光を避け保存してください。なお、開封後は虫害を防ぐため、しっかり密封して保存し、お早めにお召しあがりください。

引用:日清製粉グループHPより

メーカーでも「お早めにお召し上がりください」としか記載していないので、はっきりとした期限は分かりません。

ただ、ネット上では開封後、数年たったものを食べても問題なかったという声が多くあるので、よっぽど保存状態が悪くなければ、未開封の時と同じくらい日持ちすると思われます。

とは言え、開封後の保存方法は人によって違うので絶対に食べても大丈夫とは言い切れないので、やはり開封後は早めに使い切ってしまった方がいいでしょう。

スポンサードリンク

開封後の乾燥パスタの保存方法

乾燥パスタ 賞味期限れ

乾燥パスタを開封後も美味しく頂くには、保存方法が重要になってきます。

長期間保管する場合は、次のポイントをしっかりと抑えましょう。

  • 高温多湿での保管は避ける
  • 直射日光の当たらないところで保管する
  • しっかりビンなどで密閉する

乾燥パスタなので、湿気を吸ってカビが生えたり腐ってしまうので、湿気の多いところを避けましょう。

またパスタの封を開けた袋の口を輪ゴムなどで縛って保管されている方もいるかと思いますが、それだと虫が混入したり、空気に触れることでパスタが劣化する原因にもなるので、必ず密封容器に入れるようにしましょう。

また、直射日光が当たる場所だと温度変化が激しく、それもまたパスタを劣化させてしまうので光の当たらない暗所に保管しましょう。

パスタの保存には、専用の密封容器がおススメです。


スポンサードリンク

乾燥パスタは腐るとどうなる?

乾燥パスタ 賞味期限れ

先にお話した通り、乾燥パスタは賞味期限を過ぎていても食べることが可能です。

ただし、保存状態によっては腐ってしまったり、劣化してしまうこともあるので、次のような状態になっている場合は食べずに捨てましょう。

  • 白や緑色のカビが生えている
  • 湿気っている
  • 茹でてみたら味がおかしい
  • その他、いつものパスタと違うところがある

そうなる前に、やはり賞味期限内に食べましょう。

まとめ

賞味期限切れの乾燥パスタの取り扱いについてお伝えしました。

乾燥パスタは、製造してから約3年ほど賞味期限が設けられていますが、その期限が切れても保存状態が良ければ食べることが可能です。

開封後も、密封容器に入れて高温多湿を避け、直射日光の当たらないところで保存すればかなりの期間保存か可能です。

今、世界中で食品ロスが大きな問題となっています。

食品にもよりますが、今回ご紹介した乾燥パスタのように賞味期限を過ぎても、食べることのできる食品もあります。

日ごろから食品管理に注意し、廃棄することにならないよう気を付けましょう。

ただ食中毒などには十分お気をつけくださいね。

茹でたパスタの賞味期限についての記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント