スポンサーリンク

バターの賞味期限切れはどれくらいまで大丈夫?開封後の賞味期限は?

バター 賞味期限切れ 開封後 バター

料理やお菓子作りの際によく使用されるバター。

お菓子を作った際に多めに買っていて余ってしまったりという理由で冷蔵庫の中で気が付いたら賞味期限が切れていた!!!なんて経験、ありませんか?

賞味期限が切れたバターって、すぐに食べられなくなってしまうのかというと実はそうでもないんです。

賞味期限が切れたバターは未開封であれば1ヵ月~2ヵ月ぐらいは食べられるんです!

開封してしまった後のバターに関しては、酸化が進んでしまうため開封後2週間以内に食べるのが良いでしょう

それでは、賞味期限切れバターの取り扱いや保存方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

賞味期限切れのバターは未開封ならいつまで大丈夫?

バター 賞味期限切れ 開封後

先に記載したとおり、賞味期限が切れてしまったバターですが、未開封であれば約1ヵ月~2ヵ月は食べる事ができます。

但し、冷蔵庫などキチンとした場所に保存している場合に限ります!

賞味期限というのはその期間内であれば美味しく食べられるよ、という期間の目安です。

つまり賞味期限が切れたからといってその次の日にはもう食べられない!という訳ではないので、多少期限を過ぎてもキチンと保存してあればOKよ!というものが多いですね。

中には賞味期限が切れてから半年ぐらい経ったものでも食べても何ともなかったよ~という意見もありました。

ですが、個人的にはやはり賞味期限切れから2ヵ月ぐらいまでに食べてしまった方が良いかもと思います。

賞味期限が切れた食品というのはたとえ未開封であっても劣化が進み風味や食感・味も変わってきますので、なるべく早めに食べるに越したことはないかなと・・・。

色々調べていくうちに賞味期限が切れて1年~2年経っていた!なんて方も中にはいらっしゃいましたがこれはもう完全にアウトです。

何も言うまでもなく捨てましょう。

いくら傷みにくい食品とはいえ、そこまで経ってしまった乳製品は絶対食べない方が良いと思います。

自分の限界に挑戦してみたいんだという強者は・・・自己責任でどうぞ。

(食べたらダメだよ!!!!)

バターの賞味期限

バターは、殆どが油脂で出来ていて水分量が少ないため保存期間が長い食品なのです。

バターの中にも食事やパンに塗って食べたりする有塩バターと、お菓子作りに適した無塩バターがあります。

  • 有塩バターの賞味期限は製造から約半年
  • 無塩バターの賞味期限は約4ヵ月

有塩バターの方が無塩バターより賞味期限自体も少し長いんですね。

また、中には自家製バターを手作りするというご家庭もあるかと思いますが、自家製バターの場合は賞味期限が2~3日とかなり短めなので気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

開封後のバターは賞味期限はどれくらい?

バター 賞味期限切れ 開封後

さてお次は開封後のバターの賞味期限ですが、約2週間以内で食べきった方が良いという意見が多いようです。

ただ、見た感じカビが生えていたり色が変わっていたり、臭いなどで傷んでいないようであれば、賞味期限が切れてから1ヵ月以内であれば食べても良いのではないかな?と個人的には思います。

但し、これも未開封の時と同様にラップなどでキチンと密封した状態で冷蔵庫に保存してある場合のみに限ります。

バターの保存方法

多くのバターは大きなかたまりで売られている事が多いですが、開封後は1回分ずつぐらい小分けにしてラップに包んで保存するのがオススメです。

かたまりのままだと使う度に空気に触れる事になるので劣化が進んでしまいます。

もし2週間ぐらいで使い終わる予定がない!という事であれば、冷凍庫に入れて保存すれば約3か月は保存が効きますよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

バターの賞味期限切れは未開封であれば半年、開封後であれば約2週間で食べきってしまった方が良いのですね。

ただ、賞味期限が切れてしまったものはなるべく早く食べるに越したことはありませんので、中々使う機会がない・・・という場合は小分けにして冷凍保存しておくといざという時に使いやすいかもしれません。

バターの保存に困った時、こういった保存方法もあるという事をチラっと思い出していただければ嬉しいです。

スポンサーリンク
バター
シェアする
スポンサーリンク
ライフアップトピックス

コメント