グラドル柚木えりなが有吉ジャポンに出演!農業アイドルとしてブレイク?

erina yuzuki 芸能

4月5日放送の「有吉ジャポン」でなかなか売れないグラビアアイドルが、あることをしてギャラや仕事が倍増した、その秘策を紹介していました。

番組冒頭で、近年AKBなどアイドル勢の写真集の売れ行きが好調な一方で、グラビアアイドルの写真集が全く売れずグラドル界が瀕死であることを紹介。

そんななか、番組ではここ最近グラビアアイドルでありながら仕事が急増した3人を紹介。

そこで今回は、紹介されたグラビアアイドルのひとり「柚木えりな」さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

柚木えりなプロフィール

  • 生年月日:1991年1月7日
  • 出身地:栃木県
  • 血液型:A型
  • 身長161cm
  • スリーサイズ:B 88㎝/W 60cm/H 88cm
  • 趣味:野球観戦、料理(栄養士の資格あり)
  • 特技:和太鼓、農業
  • 所属グループ:和太鼓アイドルユニット「東京おとめ太鼓」、四国アイランドリーグ公式イメージガール「四国アイランドガールズ」

和太鼓アイドルユニットで太鼓を叩き、四国アイランドリーグ公式イメージガールで野球の普及に務めながら、グラビアアイドルとして活動されている、とても肩書の多い方ですね。

活動内容をひとつずつ見ていきます。

グラビアアイドル

Gカップボディーを武器にグラビア撮影やDVDを発売されています。

これまでにDVDを4枚発売されていますが、ここには載せられないような結構きわどい水着を着用しています。

そして数年前はスラレンダーボディでしたが、最近はちょっとぽっちゃり系ですね。

今年で28歳と世間的には若いですが、グラビアアイドルとしては年齢的には上の方になってしまうんでしょうか。

グラビアアイドルに限らず、アイドルとして活動できる期間は短いですね。

和太鼓アイドルユニット「東京おとめ太鼓」

6人組の和太鼓アイドルユニット「東京おとめ太鼓」のメンバーとして活動されています。

このユニットへの加入が、芸能界入りのきっかけのようです。

ということは、グラビアアイドルが太鼓と叩いているというよりは、太鼓奏者がグラビアアイドルもやっていると言ったほうが正しいかもです。

ちなみにこの「東京おとめ太鼓」は寄せ集めのアイドルが太鼓を叩いているようなグループと思いきや、このグループのリーダーの桜りりぃさんは9歳から和太鼓を演奏していて、コンテストで優勝するような実力の持ち主で、2013年に東京おとめ太鼓をりりぃさん自らがプロデューサーとなって立ち上げています。

メンバーの中には、過去にコンテストで受賞歴を持つ管楽器奏者もいて、意外といっては失礼ですが実力のあるグループのようです。

柚木さんもSNSに頻繁に東京おとめ太鼓の活動を載せていて、そこからも和太鼓に対する真剣さが伺えます。

柚木さんが東京おとめ太鼓に入った経緯や理由については、番組では語られずネットにも情報があまり見当たらなかったので詳しいことは分かりませんが、柚木さんにも何か秀でた才能があるのかもしれませんね。

四国アイランドリーグ公式イメージガール

四国4県の4球団からなるプロ野球独立リーグ四国アイランドリーグのイメージガールユニット「四国アイランドガールズ」が2017年に結成され、そのメンバーとして活動されています。

どういった経緯でイメージガールに選出されたのか詳しい情報はありませんでしたが、柚木さんは年間50試合も球場に足を運ぶほどプロ野球観戦がお好きだそうで、それが高じて選出されたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

新たに付いた肩書でブレイク

23歳の時に東京おとめ太鼓のメンバーとして芸能界デビューし、その後26歳でグラビアに挑戦するも1年で11kgも体重が増えてしまい、そのせいかグラビアアイドルの仕事はいまいちと番組内で紹介されていました。

そんな柚木さんがブレイクしたきっかけは、栃木県の実家の農家を手伝っている姿が注目されるようになったことです。

グラビアアイドルらしからぬ作業着を着て野菜の収穫をしたり、トラクターを運転する姿が取り上げられ、農協やネット番組から仕事が来るようになったそうです。

今では最近はやりの「農業女子」ならぬ「農業アイドル」などと呼ばれているようです。

有吉ジャポンでは「脱げるの農業女子」と呼んで、水着姿でトラクターを運転する姿を披露していました。

erina yuzuki

小さいときから手伝っていた実家の農業が、思わぬ形で柚木さんを助ける結果となりました。

いい行いをすると、いずれ自分に返ってくるんですね。

スポンサードリンク

まとめ

働き方改革が叫ばれる昨今、芸能界も副業の波が訪れているのかもしれませんね。

まさかの農業でブレイクのきっかけをつかんだ柚木さんも、グラビアに固執することなく、いろいろなことに挑戦してうまく芸能界を渡り歩いてほしいですね。

それでは柚木えりなさんのこれからの活躍を期待して、この辺で失礼します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント