エレキング角を折られる過去に尻尾も!犯人はウルトラマンか?

eleking 事件

福島県須賀川市の松明通りにある、ウルトラマンシリーズに登場する怪獣「エレキング」像の角が折られるという事件が起きました。

被害の状況や犯人の手がかりなど見ていきます。

エレキングの容態は

eleking

5月2日に市民から須賀川市に、エレキングの角が折れていると連絡があり事件が判明しました。

発見当時、被害者の角は下向きに折れ曲がった状態だったということです。

現在は、市の職員によってテープで応急処置が施され、なんとか体裁を保っているといった感じです。

修復はゴールデンウィーク明けになるとのことで、市の担当者は「大型連休中は像を多くの人に楽しんでもらう機会。大切に扱ってほしい」と話しているそうです。

警察には被害届を提出しており、器物損壊事件として調査を進めているということですが、今日現在まだ犯人逮捕やそれに繋がる有力な情報は発表されていません。

この像は、素材は繊維強化プラスチック製で、高さが2mもあるとのことです。

わざわざそんな高いところの角を折る者がいるなんてタチが悪いですね。

ネットの反応

  • 非常事態発生。須賀川にあるエレキングが何者かの手により角を折られました。何者だ。角を折ったやつは絶対許さん。市は被害届を出したらしい。前には尻尾もやられた。エレキングばかり狙われる。何故だ。はやく捕まってほしい。まさにウルトラマン総員出動だな。
  • 円谷英二の故郷でこんな悪質ないだずらがあるなんて悲しい。子供たちの夢を破壊した犯人には天罰を。
  • 福島のエレキング像の角を折るなんてひどい。それを見にやって来た人達はショックだろうな。ホント、角を折った人は何考えているのやら。
  • 触れたら感電するように仕掛けておくのもエレキングらしいかも。
  • 困ったもんだ、また街のエレキングが壊された、今度はツノ?だ。前はシッポ、カメラがあるから犯人すぐ分かるぞ!一体400万もするんだから壊すな!

怒りの声が数多くあがっていますね。

絶対に犯人が捕まってほしいです。

エレキングは過去にも被害に

今回角を折られたエレキングですが、実は4年前にも尻尾に亀裂が入る傷を負っています。

しかもそれが、設置されてから2ヶ月ほどのことだったので本当に切ないですね。

その時の犯人が逮捕されたのか定ではないですが、もし捕まっていなければ同一人物かもしれませんね。

とにかく早く捕まってほしいです。

カネゴンも被害に

m78

須賀川市はウルトラマンの生みの親、円谷英二監督の出身地です。

その縁で、須賀川市とウルトラマンの故郷「m78星雲光の国」は2013年に姉妹都市提携をしており、それを記念して2015年からウルトラマンゆかりのキャラクターの像が、市内中心地の松明通りに設置されています。

2015年3月にウルトラマン・ウルトラセブン・ゴモラ・エレキングの4体が設置され、以後少しずつ増えていき、2019年5月現在で計14体のウルトラマンと怪獣が設置されています。

子供や特撮好きな人には最高な街ですね。

興味のある方はぜひ訪れてみてください。

現在設置されているのは、次のキャラクターです。

  • ウルトラの父
  • ウルトラの母
  • ウルトラマンタロウ
  • ウルトラマンエース
  • ゾフィー
  • ウルトラマンジャック
  • ウルトラセブン
  • ウルトラマン
  • 宇宙恐竜ゼットン
  • 宇宙大怪獣ベムスター
  • 宇宙怪獣エレキング
  • 友好珍獣ピグモン
  • コイン怪獣カネゴン
  • 古代怪獣ゴモラ

ウルトラマンに負けず劣らずの人気怪獣たちも複数設置されていて、その中でも人気の高いカネゴンも、実はエレキング同様に被害にあわれています。

2018年の7月に、ひげの付け根にひびが入っているのが発見されました。

ただこのときは、ひびが発見される前日に像が設置してある松明通りで祭りが開催され、多くの人で混み合い偶然破損した可能性もあり、また被害も軽微だったため市は被害届を出さなかったようです。

まとめ

福島県須賀川市に設置されている、「エレキング」像の角が折られた事件についてお伝えしました。

本当に不愉快極まりない事件です。

ウルトラマンの作品の中では怪獣は悪者ですが、現実世界では子供や地域の人にとっては大切な住人です。

それを破壊する人間ほうが悪者ですね。

1日も早くエレキングが回復し、犯人が捕まることを願うばかりです。

それでは、3分経ったのでこの辺で失礼します。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント