スポンサーリンク

キャベツの黒いつぶつぶは食べても大丈夫?切り口の黒ずみも気になる!

キャベツ 黒い つぶつぶ キャベツ

キャベツを買ってきた際、ペリっと葉をめくると黒いつぶつぶが現れてビックリ!という経験、ありませんか?

この黒いつぶつぶって一体何なんでしょうか。

カビ?虫?!

結構見かける事のある、この黒いつぶつぶの正体を暴きたい!!

あと、カットして保存しておいたキャベツって結構な頻度で黒くなってませんか?

この黒くなった原因も暴きたぁい!!

という事で、今回はキャベツの黒いつぶつぶは食べられるのか、切り口の黒ずみの原因は何なのか。

これについて調べていきたいと思います!

スポンサードリンク

キャベツの黒いつぶつぶは何?食べられる?

キャベツ 黒い つぶつぶ

キャベツの黒いつぶつぶの正体は「ゴマ症」と呼ばれるもので、これはキャベツに含まれるポリフェノールが原因と言われています。

キャベツに含まれているポリフェノールは環境変化などによってストレスを感じた際に黒く変色してしまうそうです。

キャベツも人間と同じでストレスを感じると目に見える症状が出ちゃうんですね。

黒いつぶつぶの部分は食べても大丈夫?

では、この黒いつぶつぶは食べても良いのか気になるところですが、結論から言うと食べても大丈夫です!

このゴマ症はカビ等のように悪いものではないので食べても問題ありません。

どうやら黒くなっていないキャベツと比べると多少味は落ちると言われているそうですが、黒い部分はキャベツ全体で見るとわずかな量ですので、味の違い・違和感なんてほとんどわからないと思いますよ。

私も気にせず食べてます。

黒い部分も細かいのでいちいち取り除いていられませんしね。

取り除いてる間にイーッてなります。

ただ、黒いつぶつぶのゴマ症が出たキャベツは水分を多く含んでおり傷みやすくなっているとも言われていますので、なるべく早く食べてしまう方が良いと思います。

腐っている場合との見分け方

キャベツが腐っている場合、ゴマ症の症状と違ってキャベツの芯がヌメヌメしていたり、酸っぱい臭いがしたりします。

この場合も、その部分だけ切り取って他の部分は食べても大丈夫という意見もありますが、キャベツにヌメリが出て溶けだしている場合は、雑菌やカビの胞子が他の部分にも移っていることがあるようです。

なのでそうなってしまっている場合、私は食べない方が良いんじゃないかなと思います。

スポンサードリンク

キャベツの切り口が黒くなるのはなぜ?

キャベツ 黒い つぶつぶ

では次にキャベツの切り口が黒くなるのはなぜなのか?

これも腐ってしまったわけではなく、キャベツに含まれるポリフェノールが空気に触れて酸化した結果、黒くなってしまうのです。

リンゴなども、カットしてしばらく食べずに置いておくと茶色く変色しますよね?

そんな感じでキャベツもカットしてしばらく空気に触れていると、黒く変色してくるという訳です。

遠足の時に茶色くなったリンゴを見て切なくなったものです。

懐かしい・・・

切り口が黒くならない方法

ではどうすれば黒くならずにすむのでしょうか?

簡単な方法は、濡らした新聞紙、もしくはキッチンペーパーでキャベツの切り口を抑えるように包み込み、その後、ポリ袋などに入れて冷蔵庫で保管すると黒くなるのを防ぐことができます。

ポリ袋のクチはギュッと結ばず、軽く結ぶ程度にしておくとキャベツが息をしやすくなるので良いかと思います。

この方法で保存しておけば約1週間~10日は日持ちしてくれるそうです。

あとはお酢やクエン酸、食塩などを水で薄めてキッチンペーパーに含ませ、切り口を抑えるように包んでから保存してもOKです。

包んだ後はポリ袋に入れて冷蔵庫に保管しておきましょう。

千切りなど、細かく切ってしまった後のキャベツに関しては、保存できなくはないと思いますが、やはり空気に触れる箇所が多いので、黒くなる前に食べてしまう方が良いと思います。

どうしても使い切れなくて保存したい!という場合には、冷凍保存などの方が良いかもしれません。

キャベツの保存方法については、こちらの記事で詳しく書いているのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

キャベツにできる黒いつぶつぶの正体や切り口が黒くなる原因は、キャベツに含まれるポリフェノールだったんですね~!

黒いつぶつぶに関しては、カビではないので食べても問題ないとのことで安心ですね。

カットした後に切り口が黒くなるも、気になればその部分だけカットして使えば大丈夫ですし、特に気にならないよ!ということであればそのまま使ってしまっても良いかと思います。

これからはキャベツに黒いつぶつぶがあったとしても心配しなくて大丈夫ですね!

コメント