スポンサーリンク

かいわれ大根の賞味期限はどれくらい?冷蔵・冷凍での保存方法も紹介

かいわれ大根 賞味期限 大根

料理に彩りを添えてくれるかいわれ大根。

ピリッとした辛みが味にアクセントを加えてくれて美味しいですよね。

でもなかなかメインとして使うことは少ないですし、つい全部使いきれずに、余りがちになってしまいませんか?

そもそもかいわれ大根の賞味期限ってどのくらいの期間なんでしょうか。

残った場合、保存方法はどうされていますか。

冷蔵庫に入れておけばいいの?

明日食べるから常温でも大丈夫?

保存方法も悩みますよね。

今回はかいわれ大根の賞味期限ってどれくらい?という基本から、美味しく長持ちさせる方法までご紹介します!

スポンサードリンク

かいわれ大根冷蔵での賞味期限と保存方法

かいわれ大根 賞味期限

冷蔵庫での保存は、かいわれ大根の一番基本的な保存方法です。

冷蔵保存する場合の賞味期限は1週間ほどです。

冷蔵庫での保存方法

かいわれ大根び具体的な保存方法としては、パックに入れたまま冷蔵庫に入れます。

パックのフタだけを開けて少し水を足します。

目安としてはスポンジが濡れて少し浸るくらいです。

茎まで浸っていたら水が多過ぎます。

水を足す理由としては、野菜やフルーツは収穫された後も呼吸をしていて、水分を吸っているためです。

新鮮さを保ちつつ保存するためには、新しい水を与えてあげることが重要です。

水を足したら、フタの代わりにラップをかけて、必ず立てた状態で野菜室に入れて冷蔵保存しましょう。

かいわれ大根はもともと縦に成長する野菜なので、横に置くと縦に戻ろうと余分な栄養分の消費が発生し、味や栄養価も下がってしまうそうですよ。

水は1日に1度は変えて常に新鮮な水を入れてください。

水が古いままだと根腐れなど新鮮さを損なう原因になってしまいます。

使うときは必要な分だけ、スポンジごとカットしましょう。

あくまで保存中はスポンジから新鮮な水を吸わせてあげるのがポイントです。

スポンサードリンク

かいわれ大根冷凍での賞味期限と保存方法

かいわれ大根 賞味期限

長期間、使う予定がない場合は冷凍しましょう。

賞味期限の目安は1か月です。

冷凍での保存方法

冷凍の場合は、パックから取り出し根本を切ってスポンジと切り離します。

そしてキッチンペーパーなどでしっかりと水気を切ります。

あとはジッパー付きの保存袋に入れて冷凍庫にしまいましょう。

ここでひとつポイントがあります。

このまま冷凍してしまうと、どうしてもかいわれ大根同士がくっついて固まってしまいます。

そうなると使う時に使いにくいので、冷凍庫に入れた1~2時間後に一度取り出して、パラパラとほぐしましょう。

また冷凍すると、どうしてもかいわれ大根特有のシャキシャキとした食感が欠けてしまいます。

なので、スープや炒め物で食べることをおすすめします。

スポンサードリンク

かいわれ大根常温での賞味期限と保存方法

かいわれ大根 賞味期限

かいわれ大根の常温での賞味期限は2日程度です。

ただし、かいわれ大根は傷みやすいので、基本的に常温での保存はおすすめしません。

期限内に使い切れない場合は、迷わずに冷蔵保存しましょう。

常温での保存方法

常温に置く場合は直射日光を避けて、風通しのよい冷暗所に置きましょう。

買ってきたらすぐにスポンジの水を変えるのも忘れずに!

春から秋にかけての季節は常温保存ではなく、冷蔵保存または冷凍保存をおすすめします。

スポンサードリンク

おいしいかいわれ大根を選ぶコツ

かいわれ大根 賞味期限

さて、美味しいかいわれ大根を選ぶコツは、2つあります。

  • 葉が鮮やかな緑色をしている
  • 茎が白く、ピンと張ったもの

また根元のスポンジは十分に濡れているものを選びましょう。

できれば買ったその日のうちに、遅くても次の日までに使いきるのが理想です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?かいわれ大根の賞味期限と保存方法についてご紹介しました。

  • 冷蔵での賞味期限は1週間程度で、パックに水を入れてそのまま冷蔵庫に入れて保存
  • 冷凍での賞味期限は約1ヵ月で、根元をスポンジからカットして保存袋に入れて保存
  • 常温での日持ちは2日ほどあるが、常温保存はおすすめできない

明確な賞味期限の記載のないかいわれ大根。

皆さんの疑問を解決する一助になれれば幸いです。

今回ご紹介した、かいわれ大根の賞味期限をしっかり把握したうえで、保存期間に適した方法で美味しく召し上がってくださいね。

コメント