冷凍カレーの上手な解凍方法を紹介!電子レンジ・タッパー・ジップロック

冷凍カレー 解凍方法 レンジ タッパー カレー

ついついたくさん作ってしまうカレー。

皆さん保存はどのようにしていますか。

やっぱり長持ちするのは冷凍保存です。

でも、カレーの解凍って難しいですよね。

どうしたらおいしく食べられるでしょうか。

今回はカレーの解凍方法と注意点についてご紹介します。

スポンサードリンク

冷凍カレーの解凍方法【電子レンジ編】

冷凍カレー 解凍方法 レンジ タッパー

  • 保存袋をそのままレンジにかけたらダメ!
  • かき混ぜながら少しずつ温めましょう!

パッと思いつくのが電子レンジで解凍する方法だと思います。

しかし、そのままチンしてもおいしく解凍できません。

注意点がいくつかあります。

まず、保存袋で保存したカレーをそのままレンジで解凍するのはNGです。

なぜなら、袋が溶けてしまうことがあるためです。

袋ごと1~2分流水に当てて軽く溶けさせた後、耐熱皿に移してから加熱するようにしましょう。

また、レンジでの加熱にはムラができてしまうことが多いです。

全体をきちんと加熱できないことによって食中毒のリスクも高まります。

そのため、少しあっためては、かき混ぜを繰り返す必要があります。

そうすることによって、油分が分離してしまうのも防ぐことができ、おいしく解凍できます。

スポンサードリンク

冷凍カレーの解凍方法【タッパー編】

冷凍カレー 解凍方法 レンジ タッパー

  • タッパーの耐熱温度に注意!
  • 湯煎がベスト!

タッパーに入れて保存している方も多いと思います。

まず冷凍する段階で、小さめのタッパーに一食ずつ小分けに冷凍すると、解凍した時に食べきりサイズになって使いやすいです。

また、匂いうつりが気になる場合はタッパーにラップをひいて、直接容器にカレーが触れないように保存すると汚れなくて済みます。

さて、いよいよ解凍ですが、電子レンジの場合は、タッパーでも気をつけなければいけません。

カレーの場合は油分が多く、高温になりやすいため、タッパーの耐熱温度を超えてしまうことがあります。

そうするとタッパーが変形してしまったりすることもあるため、注意が必要です。

そのため、タッパーごと湯煎してしまうのが安全です。

カレーは電子レンジでチンするのは少し難しい料理になるため、基本的には湯煎がベストな方法です。

お湯が入らないように袋に入れてから、鍋にかけて湯煎しましょう。


スポンサードリンク

冷凍カレーの解凍方法【ジップロック編】

冷凍カレー 解凍方法 レンジ タッパー

  • 湯煎OKのタイプを使いましょう!
  • 鍋に触れて破れないように注意!

解凍のことを考えると、こちらが一番おすすめかもしれません。

前述の通り、カレーの解凍は湯煎が一番です。

袋型のジップロックは湯煎に適しています。ただ、注意したいのが、湯煎がOKのタイプのものを使うことです。

また、鍋に当たってしまうと破れてしまう可能性もあるため、鍋の底にお皿を置くなど、鍋に触れない工夫をしましょう。

湯煎が面倒な場合は、すでにご紹介したように、1〜2分流水で表面を溶かした後に、耐熱皿に移してレンジでチンするのが簡単です。


スポンサードリンク

冷凍保存に向いているカレー

冷凍カレー 解凍方法 レンジ タッパー

  • ジャガイモはNG!
  • 冷凍も解凍も簡単なドライカレーがオススメ!

そもそもカレーの種類によっては冷凍することで、美味しくなくなってしまうものもあります。

特にジャガイモは食感が変わってしまいおいしくありません。

冷凍には不向きですので、入っていないカレーを冷凍しましょう。

我が家ではドライカレーをよく冷凍しています

ひき肉や細かい野菜がゴロゴロしているカレーです。

形がしっかりしているので、白ご飯を冷凍するみたいにラップに包んで冷凍し、そのまま解凍ができてしまいます。

冷凍するのも解凍するのもお手軽なのでオススメです。

スポンサードリンク

まとめ

やっぱりカレーの解凍は難しいです。

レンジでチンするだけとはいかないですね。

ヤケドに気をつけて、お好みの方法を試してみてください。

冷凍カレーの解凍方法

【電子レンジ編】

  • 保存袋をそのままレンジにかけたらダメ!
  • かき混ぜながら少しずつ温めましょう!

【タッパー編】

  • タッパーの耐熱温度に注意!
  • 湯煎がベスト!

【シップロック編】

  • 湯煎OKのタイプを使いましょう!
  • 鍋に触れて破れないように注意!

冷凍保存に向いているカレー

  • ジャガイモはNG!
  • 冷凍も解凍も簡単なドライカレーがオススメ!

せっかくたくさん作ったカレー、最後までおいしく食べられますように。

健闘を祈ります!

コメント