クレープ屋エタニティ(尾道)の場所やメニュー、待ち時間と口コミも調査!

店舗

広島県尾道市にあるクレープ屋「エタニティ」は行列ができるほどの人気店で話題になっています

人気の秘密は、フルーツやジャム、クリームなどのトッピングを自由に選んで自分だけのオリジナルクレープを注文できることもさることながら、インスタ映え必至のフルーツの盛り付けです。

まるでフルーツの花びらのような豪華な飾りつけは、SNSに投稿せずにはいられないほど魅力的です。

そんな人気クレープ屋「エタニティ」の

  • 場所
  • メニュー
  • 待ち時間
  • 口コミ

についてまとめてみましたので、気なる方はぜひチェックしてみてください。

また、エタニティを紹介した地元番組の動画があったので、尾道までクレープを食べに行けない人はせめて映像だけでもお店の雰囲気を味わってみてください。

記事の内容は執筆時のものです。お店を訪れる際は、公式のSNSなどで最新の情報をご確認ください。
スポンサードリンク

エタニティの場所

エタニティ 場所 メニュー 待ち時間

エタニティの最寄り駅はJR尾道駅です。

お店は、尾道駅から約1kmほど行ったところにあります。

尾道駅南口を出て東へ向かうとすぐに、尾道本通り商店街という約1.2kmに及ぶアーケード商店街があります。

その商店街を600mくらい進むと、左手に「ポアパックス」さんという薬局みたいな店があり、その角を左に曲がってすぐのところにエタニティがあります。

ベージュ色した建物がエタニティの店舗です。

専用駐車場はないそうなので、車で行かれる方は周辺のコインパーキングに停めるしかなさそうです。

周辺のお店の駐車場に停めるお客さんがいるそうなので、きちんとルールは守りましょう。

※エタニティ周辺のパーキング情報

 

お店の佇まいが今風の小洒落た感じじゃなくて、民家を改築しただけなのが逆にとてもいいですね。

いかにも町の小さなクレープ屋さんって感じです。

そして、その路地の石畳とかその先にある踏切と石階段もとても風情がありますね。

その風景だけでもインスタ映えしそうです。

 

ちなみにエタニティも新型コロナウイルスの影響で最近まで営業を自粛していたようですが、5月末頃から営業を再開しています。

ただ、行列による「密」を避けるため土日の営業は自粛していたようなのですが、6月中旬から土日の営業も再開しています。

営業時間は11:00~18:00ですが、平日は17:00までの短縮営業となっています。

スポンサードリンク

エタニティのメニュー

エタニティ 場所 メニュー 待ち時間

エタニティのメニューは、基本的にトッピングするフルーツを自分で選んで注文する方式になっています。

自分オリジナルのクレープが注文できるってことですね。

またデザートの他に、「ジャム」「ソース」「クリーム」などのトッピングも選べるので何通りもの味と見た目を楽しむことができますね。

トッピングのフルーツは、年中選べるフルーツとその時期の旬のフルーツとがあります。

年中選べるフルーツは、バナナ・リンゴ・キウイ・はっさく、缶詰のマンゴー・ピーチ・みかん・パイナップルなどです。

旬のフルーツは、冬から春先にはイチゴ、春はサクランボ、夏場はメロン・スイカ・ピーチ、秋は梨・イチジクなどがあります。

訪れた時期によってトッピングできるフルーツが変わるので、各季節ごとに行きたくなりますね。

料金は、クレープの生地代200円が基本料金で、そこにトッピングした分の料金が加わっていくようになります。

フルーツは大体100円~400円、ジャムやソースは100円以内、生クリームやアイスクリームは150円~200円ほど。

平均的なトッピングだと、大体600円~1,000円くらいで収まりそうです。

フルーツの量を増やせる

エタニティにはフルーツのトッピングを倍にするシステムがあり、1倍~30倍くらいまであります。

当然、倍の数が上がれば上がるほどフルーツがてんこ盛りになりますが、料金も高くなります。

ちなみに、イチゴのクレープの1倍は650円ほどですが、30倍だと9,350円にもなります。

過去にイチゴのクレープで22倍を頼んだお客さんがいて、完成に1時間もかかったそうです。

とても面白いシステムで、盛れば盛るほどインスタ映えしそうですが、そのためだけに食べきれない量を注文するのは絶対にやめましょう。

スポンサードリンク

エタニティの待ち時間

エタニティ 場所 メニュー 待ち時間

エタニティの待ち時間ですが、平日はそれほどでもないようですが、土日は大体1時間~2時間待ちで、長い時は3時間待ちになることもあるようです。

店頭には「待つのが嫌なお客様は並ばないお店に行かれることをお勧めします」と書かれているくらいなので、並ぶことは覚悟していた方が間違いありませんね。

長い待ち時間を退屈させないためか、お店側でいろいろと小ネタを仕込んでいるようです。

他にもSNS用に撮影するときの小道具に、「わたしのイチオシはこれ」や「今日は二人の記念」といった吹き出しプラカードがあり、行列店ならではのおもてなしが用意されています。

 

人気のお店なので、営業終了時間前に閉店になることもあるようで、特に人気のフルーツやトッピングの生クリームは結構早くに売り切れになることもあるようです。

食べたいトッピングの組み合わせが決まっているなら、午前中にはお店に足を運んだ方がよさそうです。

スポンサードリンク

エタニティの口コミ

エタニティ 場所 メニュー 待ち時間

SNSに溢れるエタニティに対する声と、豪華な飾りつけの見事なクレープ画像をまとめてみました。

エタニティに対してマイナスな意見はほとんどありませんが、唯一の残念ポイントはやはり待ち時間が長い事ですかね。

行列は人気店にはつきものなので、その長い待ち時間もクレープが美味しくなるトッピングの一つと考えるしかないですね。

エタニティの店主が面白い

エタニティが人気なのはクレープの見た目や味がいいのもありますが、実は他にも魅力的な点があり、それはエタニティの店主がとても個性的なところかもしれません。

エタニティの店主は、お客さんから「梶さん」と呼ばれていてちょっとした有名人のようです。

写真撮影なども気さくに応じていて、エタニティの人気のひみつはこの店主の人柄も大いにありそうです。

その梶さんはSNSをやっていて、コメントを読んでいるだけでも結構楽しめます。

前職がゲーセンの店員だったとは驚きです。

 

そんな梶さんが、地元のケーブルテレビの取材を受けた時の映像があったのでご紹介します。

映像の中ではいたってまじめな方に見えますね。

ちなみにこの映像は、エタニティがオープンしたての2016年頃の映像なので、動画のなかの商品の価格などは現在とは違っているのでご注意ください。

 

エタニティと同じく尾道にある、老舗ワッフル専門店「茶房こもん」の記事はこちら!

スポンサードリンク

まとめ

広島県尾道にある大人気クレープ店「エタニティ」の

  • 場所
  • メニュー
  • 待ち時間
  • 口コミ

についてお伝えしました。

エタニティは、JR尾道駅から東へ1キロほど行った商店街の一角にあります。

定番のフルーツや、旬のフルーツをなど自分の好みでトッピングすることができて、フルーツの量も1倍から30倍まで選ぶことができます。

ただ人気店なので、行列は必至で土日だと2時間~3時間の待ち時間になることもあるので覚悟が必要です。

インスタ映え間違いなしのオリジナルクレープが注文できるので、興味のある方はぜひエタニティに足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメント