スポンサーリンク

ぶり大根は冷蔵庫、常温、冷凍でどれくらい日持ちするか知りたい!

ぶり大根 冷蔵庫 日持ち ぶり大根

先日、たくさん大根をいただいたので何を作ろうかと考えたところ、ぶり大根にしました!

ぶり大根って美味しいのでつい作りすぎてしまって食べきれない・・・。

一体どれぐらい日持ちするんだろう?

実はぶり大根は冷蔵庫で保存した場合の日持ちは、2日~3日可能なんだそうです。

そして冷凍庫に入れた場合、日持ちは約1ヵ月ほどは保存が可能。

ですが常温で保存した場合は殆ど日持ちしないので、せいぜい1日と言われています。

今回はぶり大根を作り置きしたい!という方のため、保存方法や日持ちについて詳しく調べてみましたので、よければ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

ぶり大根の冷蔵庫での日持ち

ぶり大根 冷蔵庫 日持ち

ぶり大根の賞味期限ですが、冷蔵庫で保存した場合の日持ちは2日~3日と言われています。

ぶり大根は、実は出来たてよりも1日寝かせて食べた方が味が染み込んで美味しくなると言われていますので、作り置きにももってこいなのではないでしょうか?

ぶり大根の冷蔵庫での保存方法

ぶり大根の冷蔵庫での保存方法ですが、お皿に盛りつけてラップをかけた状態で保存することも可能です。

ですが、少しにおい移りの可能性がありますので、できれば密封できるフタつきの容器に入れてから保存する方がオススメですね。

その際は煮汁も一緒に入れておくと味がしっかり染み込みますし、ぶりのパサつきも抑えられてしっとりしたままの状態で保存できます。

フタつきの容器がない!という場合にはジッパー付きの袋に入れて保存しても良いですし、もし使用したお鍋が小ぶりなのであれば、鍋ごとフタをした状態で保存することも可能です。

冷蔵庫に入れる際に注意するべき点は、しっかりと粗熱を取った状態で冷蔵庫に入れるという事です。

粗熱が取り切れていない状態で冷蔵庫に入れてしまうと、冷蔵庫内の他の食材が傷む原因になりますし、ぶり大根自体を保存した容器の中に水蒸気が発生し、そこからぶり大根が腐ってしまうという可能性もありますので気を付けましょう!

スポンサーリンク

ぶり大根の常温での日持ち

ぶり大根 冷蔵庫 日持ち

ぶり大根は常温保存では殆ど日持ちしないので、作り置きする場合は注意しましょう。

特に、夏場などはすぐに腐ってしまう可能性が高いので当日に食べる物でない、もしくは食べるまでに4~6時間ぐらい時間が空く・・・という状況であれば冷蔵庫に入れて保存する方が安心です

ぶり大根の常温での保存方法

ぶり大根の常温での保存方法ですが、夏場であれば冷蔵庫に移して保存しましょう。

ぶり大根は10度以下の環境で保存する方が良いそうなので、もし冬場などでキッチンの温度が10度以下なのであればそのままでも大丈夫でしょう。

ですが、暖房などが効いていて室温も上がっている状況であれば、玄関の近くや風通しの良いひんやりしたところに置くようにしましょう

その際、お鍋のまま置いておいても良いですし、お皿に移してラップをした状態で保存しても良いと思います。

スポンサーリンク

ぶり大根の冷凍での日持ち

ぶり大根 冷蔵庫 日持ち

ぶり大根の冷凍で保存した場合の日持ちは、約1ヵ月と言われています。

ぶり大根を作り置きしようとして、沢山作りすぎてしまった!という場合は冷凍保存が可能です。

ですが、やはり冷凍してしまうと大根の食感が悪くなってしまったり、風味が悪くなってしまう可能性がありますので、なるべく早めに食べてしまう方が良さそうです。

ぶり大根の冷凍での保存方法

ぶり大根の冷凍での保存方法は、冷凍可能な密封できるフタ付きの保存容器、もしくは冷凍可能なジッパー付きの保存袋に入れて保存しましょう。

その際は冷蔵庫に保存するのと同様、必ず粗熱をしっかりとってから冷凍庫に移すようにすると良いですね。

また、まとめて冷凍しても良いのですが、数日に分けて食べたいという場合であれば、1食分ずつ小分けにして保存すると便利です。

1食分ずつに小分けした場合、煮汁も分けて入れておくと良いでしょう。

お鍋のままでの冷凍は密封できず冷凍焼けなどを起こしてしまい、霜だらけになって食べられなくなる可能性が高いのでやめておきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回はぶり大根の賞味期限について、冷蔵、常温、冷凍別に調べてみました。

  • ぶり大根の冷蔵庫で2日~3日保存可能。
  • ぶり大根は常温での保存は向いておらず、できれば冷蔵庫での保存がオススメ。
  • ぶり大根は冷凍庫で約1ヵ月保存可能だが、食感や風味が変わる可能性が高い。
  • 冷蔵または冷凍するときは、粗熱を取り、密封できる保存容器に移してからの保存がオススメ。

以上の点を抑えておけば、ぶり大根の賞味期限や作り置きの保存方法についてのお悩みが少しは解消できるかと思います。

この記事が少しでも皆さんのお役にたてば幸いです。

それでは皆さん、良いぶり大根ライフ(?)をお過ごしくださ~い!

スポンサーリンク
ぶり大根
シェアする
スポンサーリンク
ライフアップトピックス

コメント