スポンサーリンク

バナナが固いとき柔らかくする方法は?食べても大丈夫?逆に固いまま保存する方法は?

バナナ 固い バナナ

バナナがまだ熟してなくて固いバナナを柔らかくするには、

  • りんごと一緒に保存(追熟)
  • レンジで温める

といった方法があります。

固いバナナは成熟が進んでいない可能性があり、基本的には食べても問題ありませんが、食感や味がいまいちなことが多いです。

逆にバナナの成熟を遅らせて固いまま保存するには、1本ずつ小分けにしてラップで包むのが効果的です。

それでは、バナナを固いまま保存する方法や逆に柔らかくする方法について、より詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

硬いバナナを柔らかくする方法

りんごと一緒に保存する

熟れていないバナナを早く食べたい!というときは、りんごと一緒に保管することで熟成を促すことができます。

りんごは「エチレンガス」をたくさん放出するので、一緒に置いておくと成長が早まるのです。

また、固いまま保存したいときとは逆に「房のまま」で置いておくと、より効果的です。

バナナは基本的には火を通すと柔らかくなるので、切ってトーストに乗せて焼いたり、「焼きバナナ」にしてもおいしくいただけます。

電子レンジで温める

買ってきてすぐの固いバナナをおいしく食べたい、というときは、「レンジ加熱」がおすすめです。

1本を皮のままレンジに入れて30秒ほど温めることで、甘みが増しておいしくなるのです。

※適切な加熱時間はバナナの熟成度やレンジの仕様によって変わります。

皮を剥いて温めると形が崩れますが、お菓子やスムージーに使う場合はそれでも問題ありません。

スポンサーリンク

固いバナナは食べても大丈夫?

バナナ 固いまま

硬いバナナは食べても問題はないとされていますが、食感、味ともにあまりおいしいとは言えない状態です。

バナナが固いのは熟成が完了していことが主な原因なので、上記でお伝えした方法で追熟させることで柔らかくなったり、甘くさせることができるかもしれません。

ただし、バナナは低温で保存すると成熟が進まず、場合によっては成熟が止まってしまうこともあり、手を尽くしても美味しく食べられる状態にすることができない場合もあります。

また、中には調理用に使われる完熟しても甘くならなバナナ(※皮が緑色のまま)もあるそうなので、いつまでたっても柔らかくならないときは調理用のバナナかもしれません。

スポンサーリンク

バナナを固いまま保存する方法

バナナを固いまま保存するには、房のままではなく1本ずつに分けておくのが効果的です。

バナナが柔らかくなるのは、バナナ自体が発する「エチレンガス」の影響です。

房にしておくと、お互いにエチレンガスを吸収しあってどんどん成熟していきます。

そのため、1本ずつに分けてそれぞれをラップで包むことで、吸収を抑えて柔らかくなるのを遅らせることができるのです。

ガスを遮断できれば良いので、ビニール袋などでもOKです!

バナナ 日持ち どれくらい

「もう少し長めに保存したい」というときは、冷蔵庫に入れてしまうのも手です。

長く入れておくと冷蔵焼けで皮が黒く変色してしまいますが、外側が黒くても中身は食べられることが多いです。

野菜室なら、変色もある程度防ぐことができますよ!

 

スポンサーリンク

まとめ

バナナを固いまま保存する方法や逆に柔らかくする方法についてご紹介しました。

それでは、今回の内容をまとめていきます。

●固いバナナを柔らかくする方法
房のままりんごと一緒に保管することで、「エチレンガス」の効果で熟成が早まります。火を通して加工するのもおすすめです。

皮のままで30秒ほどレンジ加熱すると、甘みが増しておいしくなります。熟れてないけどすぐに食べたい、というときに試してみてください。

●バナナを固いまま保存する方法
1本ずつ小分けにして、ラップかビニール袋に包んで保管しましょう。より長く保存したいときは、冷蔵庫(できれば野菜室)に入れておきます。

以上、固いバナナの取り扱いについてお伝えしました。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
バナナ
スポンサーリンク
ライフアップトピックス

コメント