下村一喜の学歴を調査!年収はどれくらい?結婚しているのかも気になる!

下村一喜 学歴 年収 結婚 専門家

写真家の下村一喜さんという方をご存じでしょうか。

女性の美しさを最大限に引き出したとても美しい写真を撮られる方で、日本のみならず世界の女性アーティストなどからも指名を受ける世界的な写真家です。

そしてその撮影テクニックもさることながら、下村一喜さんはしゃべり方や仕草がとても個性的でちょっとクセの強い方でもあります。

そこで今回は、そんな下村一喜さんの

  • 学歴
  • 年収
  • 結婚

について見ていきます。

また記事の後半では、下村一喜さんの書籍やその書籍の内容について語っている動画を載せているのでぜひご覧ください。

スポンサードリンク

下村一喜の学歴

下村一喜 学歴 年収 結婚

下村一喜さんは、1973年兵庫県宝塚市生まれです。

小さいころから美しいものが好きな子供で、いつも絵を描いていたそうです。

幼少の頃からすでに美に対する感覚が優れていたんですね。

下村一喜さんのお父さんは長身の超イケメンで、お母さんは国際線のCAだったそうです。

下村一喜さんも綺麗な顔をしているので、しっかりとその血を受け継いでいるようです。

ですがその両親は、下村さんが子供の時に離婚されたそうです。

下村一喜さんの高校までの進学先の情報は公表されていないようで分かりませんでしたが、大学は多摩美術大学を卒業されています。

多摩美術大学と言えば、「多摩美」などと呼ばれ、デザイナー、建築家、作家、漫画家、俳優、ミュージシャンなど多くのアーティストを輩出している日本を代表する美術大学です。

下村一喜さんは、多摩美入学当初は映像の勉強をしていたそうなのですが、在学中の21歳の時に写真家に転身しています。

大学卒業後、日本で活動していた下村一喜さんでしたが、2001年にフランスに渡り海外挑戦を始めます。

それから半年ほどで、フランスの有名ファッション誌「madame FIGARO」と契約を結びます。

海外挑戦半年で有名ファッション誌の表紙を飾ってしまうなんて凄すぎですね。

それから7年間、ヨーロッパを中心に活動していた下村一喜さんは2007年に日本に帰国します。

その後は、広告、雑誌、CDジャケットの撮影や、写真だけではなくCMやMVなどの映像作品も手掛けています。

2012年には、蜷川実花監督の映画「ヘルタースケルター」に出演。

2014年には、宝塚歌劇団100周年記念作品のポスター撮影などを担当されています。

その後も多くの雑誌の表紙を飾り、女性有名人の写真集を撮影したり、MVの監督を務めたりと写真家の枠に留まらない活躍をされています。

下村一喜さんが撮影された有名人の一部をご紹介します。

  • 岩下志麻
  • 黒木瞳
  • 山口小夜子
  • 草刈民代
  • 吉木りさ
  • 藤原紀香
  • 押切もえ
  • 後藤久美子
  • 冨永愛

他多数

スポンサードリンク

下村一喜の年収

下村一喜 学歴 年収 結婚

下村一喜さんの年収ですが、当然公表されているわけではないので詳細な額は分かりませんが、平均演習.JPというサイトを参照すると、カメラマンの平均年収は「440万」とのこと。

この額は、出版社に勤めるカメラマンだったり、スタジオカメラマンやブライダルカメラマンなどすべての平均になり、フリーで活躍しているカメラマンは1000万円以上稼ぐ人もいるということです。

下村一喜さんの活躍の場は写真家としてだけではなく、映像監督やテレビ出演、など収入源はたくさんあるので、1000万円では収まらない額だと思われます。

スポンサードリンク

下村一喜は結婚してる?

下村一喜 学歴 年収 結婚

下村一喜さんの結婚の有無についてですが、結婚しているとの情報は見当たりませんでした。

というか、下村一喜さんが話すところや撮影現場の映像を見た事のある方は分かるかと思いますが、その姿はとても個性的です。

今のご時世こういった表現は適切ではないと思われますが、分かりやすく言うと「オネエ」なんです。

下村一喜さん自身は、小さい時に自分の心と体の性が一致していなことを自覚していたそうで、現在はゲイであることを公言しています。

日本では現在同性婚は認められていないので、下村一喜さんは結婚してないというよりはできないとう表現になってしまうかもしれません。

ただ、LGBTだから同性が恋愛対象とは限りませんので、勝手にそういった結論にするのはいかがなものかとも思いました。

 

 

そんな下村一喜さんが、女性の美について語った書籍があるので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

また、その本の魅力を語る下村一喜さんの動画も併せてご紹介します。


スポンサードリンク

まとめ

日本を代表する写真家、下村一喜さんの

  • 学歴
  • 年収
  • 結婚

についてお伝えしました。

多摩美大生のときに映画の世界から写真家へと転身した下村一喜さんは、ヨーロッパで成功を収めた数少ない日本人写真家です。

日本に戻ってきてからは、写真だけでなく映像作品も手掛けるなど多方面で活躍されています。

下村一喜さんの作品と知らずに、日ごろ目に触れているものがたくさんあるでしょうね。

今後下村一喜さんがどんな素晴らしい作品を世に出されていくのかとても楽しみです。

コメント