ハンバーグはいつから赤ちゃんに食べさせていいの?オススメ離乳食メニューも紹介!

ハンバーグ いつから 赤ちゃん ハンバーグ

先日家で食事をしていると離乳食を食べているウチの子が、私の食べていたハンバーグにすごく興味をもって食べようとしてたことがあったんです。

私はやっぱり塩分とかカロリーが気になって赤ちゃんにはちょっと…と思っていたのですが、ママ友たちの中には

「食べやすいようにつぶしてあげるとかするくらいで、そんなに気にしてないかなー」

というママもいるのに正直驚きました。

この記事では、赤ちゃんはハンバーグをいつから食べることができるのかの悩みをズバッと解決!

私と同じように、赤ちゃんに大人と同じものを食べさせてあげてもいいものかと悩む方にとっては必見ですよ!

スポンサードリンク

ハンバーグはいつから赤ちゃんに食べさせていいの?

ハンバーグ いつから 赤ちゃん

表題の件ですが結論を言ってしまうと、特に何歳から食べても良いという明確なものは決まっていないということになります。

ただ、大人が食べている味付けをそのまま赤ちゃんに出してしまうと、やはり塩分過多やカロリーの取り過ぎとなるのは否めません。

なので、味付けをする前の「取り分け」で赤ちゃんに合わせて味付けを調整して食べさせてあげると安心ですよ!

ハンバーグに限らず、どの料理もアレルギーの心配がある食材を除けばこのように「取り分け」をして味付けを調整してあげれば、基本的に大人が食べるようなおかずを同じように食べさせてあげても問題ないようなんです。

少し味を変えるだけの工程なので、大人が食べるおかずを作っている途中で赤ちゃんの分を取り分けて味付けすればかえって、いわゆる「離乳食」を用意するよりも同時進行できてしまうので私は結構手間にならないかもと感じていますよ!

スポンサードリンク

離乳食ハンバーグメニュー

ハンバーグ いつから 赤ちゃん

「離乳食は毎回手作りしてる!」

という頼りになるママ友から、オススメの離乳食ハンバーグレシピをいくつか教えてもらったのですが、その中でもこれは子供の食いつきが良かった!っていうレシピを2つほどご紹介します!

ウチの子はモリモリ食べてくれたのでぜひ試してみてくださいね!

野菜入り豆腐ハンバーグ

  1. 鶏ひき肉90gと同量の絹ごし豆腐、パン粉大さじ1と鰹節を1パック、茹でたほうれん草3枚分を刻んで、すべての材料を捏ねる
  2. 赤ちゃんが食べやすい大きさに形成して、軽く油を引いたフライパンで焼く(弱火)
  3. 焼き色がついたらひっくり返してもう片面を焼いて、しっかりと火がとおったら完成!

鰹節が適度に塩味を感じる程度なので、赤ちゃんも安心!パクパク食べてくれましたよー!

タラとジャガイモのハンバーグ

  1. タラの切り身1切れと皮を剥いたジャガイモ1個を適当な大きさに切って、フードプロセッサーにかける
  2. 一口サイズに形を整えて、薄く油を引いたフライパンで両面しっかりと火を通せば完成!

これ、すごく簡単なんですが大人が食べても結構おいしかったですよ。ちょっと醤油たらしましたけど(笑)

フードプロセッサーすごいと感じた逸品でした。

スポンサードリンク

まとめ

今回は赤ちゃんはいつからハンバーグを食べさせてもいいのかについてご紹介しました!

基本的に離乳食期は大人が食べているものでも大丈夫。けど、あくまで薄味を心掛けることが大事ですね。

大人と同じ食べ物を食べている子供は本当に美味しそうに楽しく食べてくれるので、離乳食ハンバーグもぜひ試してみてくださいね!

子供は3歳までに味覚が作られると言われています。

それまでに大人が食べるような味の濃いものを与え続けてしまうと、その味に慣れてしまって薄味を受け付けなくなってしまうので、その点でも赤ちゃんに与える食べ物は気を付けないといけないですよね。

濃い味しか受けつけなくなってしまった子供は、間違いなく将来は生活習慣病予備軍となる可能性が高まると思うので、食育に関しては私たち大人がしっかりと管理してあげて安全で楽しい食事ができるように努めていきましょうね!

コメント