小野愛(美術作家)の年齢や経歴は?どんな作品を制作しているのか調査!

小野愛 年齢 経歴 作品 専門家

NHKで放送されている「金曜日のソロたちへ」という番組の予告を見ていたら、女性美術作家が出演されるのを知り、その女性が誰なのか気になったので調べてみました。

その女性は小野愛さんという方で、布を使用した立体作品を中心にアート作品を制作されているそうです。

その小野愛さんと作品がとても気になったので、

  • 年齢
  • 経歴
  • 作品

について調べてみました。

彼女がどんな人物なのか気になった方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

スポンサードリンク

小野愛の年齢

小野愛 年齢 経歴 作品01

小野愛さんの年齢の前に名前についてですが、「愛」と書いて「めぐみ」と読むそうです。

それでは改めて小野愛さんの年齢についてですが、詳しい月日は分かりませんでしたが、1989年生まれであることが分かりました。

なので2020年現在は、誕生日を過ぎていれば31歳になります。

アートの世界で31歳ってどういった位置なんでしょうね。

まだ若手って感じなんですかね。

アスリートだと、30歳は若手と中堅の境目みたいに見られたりすることがありますが、アーティストの場合はまだ「新進気鋭」とか言われる年齢かもしれませんね。

そう考えると小野愛さんはまだまだ若手で、将来超大物芸術家になる可能性を秘めていますね。

スポンサードリンク

小野愛の経歴

小野愛 年齢 経歴 作品01

小野愛さんは1989年生まれであることはお伝えしましたが、改めてプロフィールや経歴についてまとめてみました。

小野愛さんは、大分県大分市の出身です。

高校は、大分西高校というところに通われていたようです。

大学進学の情報は見当たりませんでしたが、2011年に福岡にある服飾関係の専門学校「香蘭ファッション専門学校」のファッションデザイン専攻科を卒業されています。

小野愛さんの作品制作に見られる裁縫技術は、この専門学校で身につけたのかもしれないですね。

ただこの専門学校時代に、普通の服作りに物足りなさがあったそうで、卒業後は同じ福岡のファッションデザイン塾「COCOA」というファッションデザイナーを育成するところに、1期生として2011年から13年まで在籍されています。

小野愛さんには元から芸術家気質なところがあったのかもしれませんね。

COCOAの後は、大分県別府市内にある「清島アパート」に入居し、そこでアート作品を制作を始めています。

この清島アパートは戦後すぐに建てられたアパートで、2009年からはアーティストの活動支援の一環として、アパートの1階がアトリエや作品の展示場所として提供され、アーティストは2階に入居しています。

なんだか伝説の漫画家たちが住んでいた「トキワ荘」の芸術家版みたいですね。

小野愛さんもここで他のアーティストから刺激を受けながら作品づくりをされたんでしょうね。

以降、別府や福岡で個展を開催しり、東京の展示会にも出展するなどアート制作に精を出されていたようです。

時にはコンペで賞も受賞されるなど、作品が少しずつ世に知られるようになったようです。

  • 2016年 第5回床の間アートコンペ 最優秀賞
  • 2018年 SICF19 EXHIBITION スパイラル奨励賞

そして小野愛さんは、2019年の年末に長年住んだ別府を離れ、新たな活動の場を千葉県松戸市に移されています。

元々関東での活動を考えていたそうで、そんな中、松戸市にある部屋のリノベーションが自由にできて、入居者の多くがデザイナーだったり職人だったりと、ちょっと変わったマンションを見つけ、そこで新たに活動していくことを決めたそうです。

清島アパートしかり、やはり創作意欲を掻き立てられるようなところを求めてしまうんですかね。

それにしても、なんだかドラマとかにもなりそうな楽しそうなマンションですね。

という訳で、その部屋での小野愛さんの制作の様子が、今度NHKの番組で取り上げられるということのようです。

制作の様子もですが、部屋もどんな感じなのかとても気になりますね。

スポンサードリンク

小野愛の作品

小野愛 年齢 経歴 作品01

小野愛さんの作品は、主に布を使用した立体作品ということなのですが、聞いただけだとなかなかどんなものなのか想像できず、どんな作品を制作されているのかとても気になりますね。

しかし残念ながら現在(2020年6月末)、小野愛さんの個展や展示会は開催されていないようで、作品をじかに鑑賞することはできません。

ただ小野愛さんのホームページに作品が掲載されているので、気になる方はそちらをご鑑賞ください。

小野愛さんのホームページ⇒https://www.megumiono.com/

インスタグラムにも作品が投稿されているので一部紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

久しぶりに人体をつくる。 いつも耳から。 ひと針ひと針。 #小野愛#megumiono #sculpture #art #softsculpture

megumiono(@_megumiono_)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

escape 2013 art project oita 2013 循環にて。 人のかたちをした最初の作品。 #softsculpture #sculpture #art #megumiono #小野愛

megumiono(@_megumiono_)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

抱きしめる hug 2014 cloth,cotton,and thread #megumiono #小野愛#art#sculpture #softsculpture #刺繍#embroidery

megumiono(@_megumiono_)がシェアした投稿 –

正直な感想としては「ちょっと不気味」と思ったのは筆者だけではないはず。

芸術に全く造詣のない筆者には、芸術的観点から言えることは何もありませんが、作品を見て思ったのは縫製の技術がすごい。

特に顔や指がとてもリアルで、裁縫でこんな表現できるのかと感心しました。

一度見ただけで記憶に残りますね。

 

最後に、小野愛さんの個展の記録映像をご紹介します。

独特の世界観が綴られた映像になっていますのでぜひご覧ください。

スポンサードリンク

まとめ

布を使った立体作品を制作されているアーティスト、小野愛さんの

  • 年齢
  • 経歴
  • 作品

ついてまとめてみました。

出身地の大分を拠点に活動されていた小野愛さんでしたが、2020年からは千葉県松戸市に移り住んでいました。

年齢は31歳で、芸術家としてはまだまだ若手と言われる年齢かもしれませんが、生み出される作品はとても印象的で、ひと目で小野愛さんの作品だと分かるほど個性が溢れています。

これからどんな作品を世に出していくのかとても楽しみですね。

コメント